プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


11.小牧中学校

 A/アンティフォナーレ

  いやいや・・・・、この演奏凄まじい演奏でしたね・・・・

  一つ前の金津中がいかにも中学生らしい素直で爽やかで人の心にまっすぐと入り込んでくる
  演奏を聴かせてくれていたのとは全く対照的な演奏であり、
  両者のあまりの違いに・・・・・
  当日普門館で聴いていた人間の感覚としては・・・・
  そのあまりの「違い」に相当のカルチャーショックみたいなものは感じました・・・・

  ま・・・、逆に言うと
  それが「コンクール」の楽しみの一つでもあるのですよね。
  コンクールは確かに堅苦しいし重苦しいし、「結果」を求められるシビアな場でもあるのですけど、
  一日に何十チームものそれぞれに「個性的な演奏」を同時に聴ける機会なんてそうそうないものですから、
  そうした出場チームの「違い」や「個性」とか「音楽に対する考え方の違い」を
  楽しむことが出来るというのが
  「コンクール」のもう一つの側面なような感じもします。

  それにしても・・・・小牧中は・・・・・

  ま・・・、そのとにかく「積極果敢に攻める演奏」でしたね・・・・!!

そうした「積極性」がこのチームの全て・・・・という感じもする演奏でした。

  良く言うと・・・・とにかくチャレンジ精神旺盛で、ひたすら前進する気持ちを忘れていない・・・・
  悪く言うと・・・・デリカシーには欠ける演奏・・・・とにかく鳴らし過ぎ!!

そんな感じでしたね・・・・

  課題曲A/吹奏楽のための変容は、次から次へと新しいメロディーラインが展開されるのですけど
  そうした中でもも時折ふっと「優しい表情」も見せてくれる曲だと思うのですけど
  小牧中の場合・・・・
  そのメロディーラインがブツリブツリと切断されているというのか、
  部分部分は大変生き生きと演奏されているのだけど
  全体対部分のバランスがあまり良くないせいか、
  部分部分は好演の連続なのに、全体としては・・・・「それでは何を言いたかったのか・・・・??」みたいな
  演奏にもなっていたような気もします。
  木管セクションの音がかなり硬質なのは、マイナスポイント・・・・

  自由曲は・・・・

  とにかく「ネリベル大好き!!」の私にとっては、とにかく嬉しい選曲でした!!

演奏は・・・・課題曲同様にとにかく積極的に攻める演奏でしたし、
  木管セクションの壮絶な不協和音の塊りがまさに・・・・ムンクの「叫び」の世界のような
  雰囲気もありました。
  ま・・・・とにかく曲の隅々まで積極さが出ていましたけど、
  あまりにもffの連続と不協和音のメカニックな響きが少し私にはきつかったかな・・・・
  ネリベル好きの私が「きつい」と感じるのだから、
  他の聴衆、審査員には・・・・もしかして多少つらいものはあったかも・・・・

  だけど、私、こういう積極果敢な演奏は嫌いではありませんし、
  ネリベルの恐ろしいまでのダイナミックスレンジの幅広さをここまで提示出来たチームも
  中々ないと思いますので
  私は・・・個人的には大好きな演奏です。

  ま・・・・審査結果としては銀賞に留まりましたけど、妥当な所でしょうね・・・

  この「アンティフォナーレ」は、原曲は・・・・・
  金管七重奏と言うバンダ(別働隊)が加わり、このバンダがステージ横から吹くことにより
  音が正面と側面から聴こえてくるという効果が出てくるのですけど
  小牧中は・・・そこまではやっていませんでした・・・・

  さすがに中学生に「バンダ」まで求めては・・・・酷ですよね・・・・

  それにしてもこの学校、一年間で随分と進歩したと思います。
  1985年の初出場の際は・・・・「呪文とトッカータ」をかなり緊張して吹いたせいもあるかとは思いますが
  かなり悲惨な出来になってしまったのですけど、
  その一年後は・・・・
  こうやって積極果敢に自分達のやりたい音楽を十分伝えていましたので
  それはそれで立派な事だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2093-6f8577a2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |