プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


10.金津中学校

  B/朝鮮民謡の主題による変奏曲

  最近の記事の中で、
  1986年の雄新中学校の「ローマの謝肉祭」の銀賞は信じられない・・・・
  あれは・・・・「審査は水物であるし、コンクールの審査結果が絶対的に正しいものではない、
  聴く人に何かを伝える事が出来る事の方が大切」みたいな事を書きましたけど、
  同じような事がこの学校にも言えると思います。
  結果的にこのチームは「銅賞」という評価を受ける事になるのですけど、
  正直・・・・
  普門館の会場で審査結果を聞いた時、
  「え・・・・そりゃないでしょ・・・」と感じたものです。
  その位、このチームの演奏は人の心に「優しい気持ち」を間違いなく伝える事が出来た素敵な
  演奏だったと思いますし、
  その素直さ・純真さ・心のこもった演奏は高く評価されて然るべきものと考えております。
  何かあの素晴らしい演奏がコンクールにおいては、「銅賞」の一言だけで終わらせてしまうには
  割れきれないものはありますし、
  この銅賞はかなり気の毒な感じもありますね・・・・
  ま、それだけ全体のレヴェルが上がったという感じなのかな・・・・・

  課題曲B/嗚呼! はかなり大きな音の叩き付けで開始され、聴衆に「何かを伝えよう・・・」とする気持ちが
  少し裏目になってしまい、部分的に「力み」は感じられました。
  (というか・・・・この課題曲Bは鳴らしやすいという事もあり、ほとんどのチームは強奏で乗り切ってしまう
   演奏がホント、多かったですね・・・)
  だけど、何というのかな・・・・
  その「力み」はこのチームの場合、「伝えたい!!」という気持ちとして会場にその「熱さ」がひしひしと伝わっても
  いましたし、確かに少し強奏の部分は少しオーバーヒートしていたけど、
  弱奏の部分との対比がかなりダイナミックスレンジの幅としては広く、
  結果的には音楽の「構成」としては大変申し分ないようにも感じたものです。

  一方自由曲の「朝鮮民謡の主題による変奏曲」は本当に素晴らしい演奏でした!!

 何より一番素晴らしかったのは「素直な歌心」ですね・・・・

  哀愁の感じとか躍動感とか実にストレートに伝わってきて、聴いていて
  「あ・・・・、やっぱり音楽とは本当にいいものだ・・・」としみじみ感じさせてくれましたし、
  とにかく聴いていて涙が止まらないような感じもありました。
  何て言うのかな・・・・
  抽象的な言い方になりますけど、奏者の「優しい気持ち」がストレートに音になって会場に響いているような
  印象すら私にはありました。
  課題曲で少し感じた「力み」は不思議なほど消え、そこには・・・・
  とにかく「優しい気持ちで歌い上げられた心にすーーーーっと染み渡る音楽」が安らかに
  鳴り響き、とにかく聴いていて説得力はありました。

  実は・・・・このチームは、1977年にも同じ自由曲を演奏しているのですけど、
  この時は・・・・
  課題曲C/ディスコ・キッドのごきげんなノリの方ばかり印象が強く、その時の自由曲は
  幾分もたつきが感じられた打楽器セクションのややノリの悪さが感じられ、
  演奏全体は決して悪くは無いのに、「少し勿体無い・・・・」と感じたものですけど、
  この年、1986年の演奏は・・・・
  打楽器セクションのリズムの切れの良さは抜群でしたね。
  この曲は、打楽器と管楽器の絡みが大変難しく、合わせるのが結構やっかいな側面もあるのですけど、
  その辺りもそうした「変拍子の難しさ・打楽器の変速リズム」を全く変拍子と感じさせないほど
  自然に聴かせていたのが実に印象的でした。

  チャンスの「朝鮮民謡の主題による変奏曲」は、全国大会でも何度も演奏されている吹奏楽オリジナル作品でして、
  コンクールでは定番みたいな感じもあるのですけど、
  私の感想としては・・・・
  この曲の「決定的名演」はまだ出てこない印象もあります。
  勿論、1994年の福岡工大付属はほぼ完璧な演奏&サウンドなのですけど、
  あれは・・・
  あの年の異常に長大な課題曲のおかけで、自由曲は5分程度にまとめざるを得なくなり、
  この曲もかなりバッサリカットされています・・・
  あのカットが無ければ・・・・とも思うのですけど、ま、それは仕方ないかな・・・・・(苦笑・・・・)
  だから・・・・・
  私にとっては、チャンスの「朝鮮民謡の主題による変奏曲」の吹奏楽コンクール全国大会で
  一番印象に残っている演奏は・・・・
  やっぱり1986年の金津中学校になるのですよね。

  そのくらい、とても素敵な演奏でしたし、今現在改めて聴いても、当時普門館で感じた「歌心」は
  少しも色褪せていないですね・・・!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2090-216915ed
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |