プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「Go! プリンセスプリキュア」が放映開始となって早いものでもう二か月が経過し、
とにかく・・・・
序盤を見た印象では、歴代プリキュアの中でもかなり安定しているというか、完成度が高いな・・・という
印象が強く、
予想をはるかに超える素晴らしい展開を見せてくれていると思います。
特に・・・・
はるはるの「夢を実現させるためにとにかくひたむきに頑張っている姿勢」には本当に
胸を打たれるものはありますし、
前回、ま、ちと・・・・確かに「自分一人でやり遂げる」という事にこだわりすぎて
逆に・・・・あのきららを傷つけてしまったような感じもなくはなかったのですけど、
よーーく考えてみると、
きらら自身だって、「自分の夢の実現」のためには、「自分一人でやり遂げてみせる!!」みたいな
プロ意識の高さは、はるはるよりも数段高いところにありますから、
ま、それは「お互い様・・」という感じなのかな・・・・
とにかく大変良い意味で、きららもはるはるも「切磋琢磨」している印象が大変強く、
前作/ハピネスチャージ序盤の「頑張る子と頑張れない子の対比のポンコツ物語」とは
随分とエライ違いがあるものだな・・・・と思っています。
ま、ハピネスの物語の良いところは、その「頑張らない方の子」の「成長」の軌跡という事でも
あるのですけどね。

ま・・・はるはるが「自分の夢の実現」、そして周囲が誰も認めていない「プリンセスとしての存在」を
認めさせるには・・・・
確かに・・・・
ああした「不断の努力」とか「不眠不休の頑張り」とか「多少の無茶」は
必要なのでしょうから・・・・
その意味では・・・・
はるはるは・・・予想をはるかに超えた出来る子・・・・
もしかして、はるはるは、最終決戦辺りまでには・・・・、歴代で最優秀ピンクの誉れ高いキュアハートすらも
超えたピンク系プリキュアになってしまうかも・・・・??

とにかく・・・・

まだほんの序盤の二か月の展開なのですけど
とにかく物語としての完成とが極めて高く、その「安定感」には驚かされることばかりですし、
先が大変楽しみですね。

もちろん・・・・

はるはるもそうなのですけど、
歴代では大変珍しい「小悪魔振り」と「ツンデレ」と「はるはる大好き!!」の三要素を遺憾なく発揮している
きららの存在がとてつもなく大きいです・・・・!!

それと・・・・

寛容さとバランス感覚に大変優れていて、やや「暴走」の危険性もあるはるはるを温かい眼差しで見つめ
時には厳しい事もさらっと言えてしまう
みなみ様が・・・・
とても素敵過ぎる・・・・!!





先日の記事で「スイートプリキュア」の最終回記事を掲載させて頂きましたが、
スイートの場合、
ま、以前何度か書いたのですけど、
とにかく序盤は不安定感しか無かったですね・・・・・
序盤の響と奏の印象は、
「ものすごーく出来を悪くさせたなぎさとほのか」みたいな雰囲気でしたからね・・・・

だけど・・・

あれが・・・・

まさか最終決戦でああした展開、そしてああいう「成長」を見せてくれたプリキュアににるとは・・・

正直、全く予想できませんでしたね・・・・

ああいう・・・

人として「不幸の存在」を認めて受け入れた上で、それでも
不幸は決して永続するものではない・・・
幸せと不幸はかわるがわる訪れるもの・・・・
不幸が続いた後には必ず「幸せ」がやってくる・・・・
もちろんその「幸せ」を導き出すには、ただ待っているだけではやってこない・・・・
自らも「チェンジ」する必要もあるし、「自己意識の変革」も必要・・・・
その上で、誰にも「幸せ」は必ずやってくる・・・・
「不幸の存在」を認めた上で、それを受け入れ、そして・・・・それでも前を進んで歩いて行こう・・・・

ああいう「スイート」が最後に提示したものは・・・・

まさしく「人としての生きる道」の一つなのかもしれませんよね。

とにかく見ていて大変すがすがしい「フィナーレ」でした!!

余談ですけど、スイートが放映されていた頃は、まさに「東日本大震災」の時期と重なっています。
聞いた話では・・・・
あの悲劇に影響される形で、
当初の設定とかシナリオも相当修正が入ったと聞いていますが、
もしも・・・・
当初の設定どおりの展開だったとしたら、どういうドラマが待ち受けていたのか・・・・
何かそのあたりも多少は興味はありますね。

さてさて・・・・

今から10ヶ月後の話をするのも何ですが、
果たして・・・・
現段階で大変高い完成度を見せている「Go! プリンセスプリキュア」は
最後にどういう提示を見せてくれるのか・・・・

とにかく楽しみで仕方ないですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2085-d3716fd6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |