プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日・・・・・

ついに14ヶ月を費やしてようやくテレビ埼玉の「スイートプリキュア」の再放送が
無事に最終回を迎える事が出来ました。
リアルタイムでこの最終回を見ていた時は、
あまりにもその感動的なシーンの連続に、何か思わずジーーンとこみ上げてくるものはありましたけど、
それは再放送でも変わらずですね・・・・
やはりいいものは何度見てもいい・・・・
それとか言いようがないです。

正直、スイートの最終回は・・・何も起きません・・・・
ドキドキやハピネスチャージ、そしてハートキャッチで見せた派手な戦闘シーンとかは一切ありませんし、
本当に一話を丸ごと「エピソード」として使用した
極めて珍しい最終回です。
ま、その歴代においてかなり異色なフィナーレだっただけに余計に印象が強いのかも
しれませんよね。

そうした「エピソード」を主眼にしているので、ここで特に感想として書くべきことはあまり無いのですけど、
やはり番組終了5分の所で唐突に出現した「ピーちゃん」は・・・・
あれは・・・・
リアルタイムで見たていた頃も度胆を抜かされました・・・・

だって・・・・

つい最近まで激戦を繰り広げていたノイズ=ピーちゃんがあと残り5分でエンディング・・・・という所で
唐突に表れたのですよ・・・
正直、最初に見た時はドン引きしました・・・・
「え・・・・、マジかよ・・・・
これからも・・・・スイートプリキュアは・・・・本当の意味での幸せを追い求めて戦い続ける・・・みたいな形で
終わらせるのかな・・」と本気で一瞬そう感じたほどでした・・・・

ま・・・、ピーちゃん=ノイズというのは、「不協和音」→「不幸の象徴」みたいなものでもあるのですけど、
そのピーちゃんを再度番組終了5分の所で持ってくるなんて・・・・
「製作者サイドは何を考えているのか・・・・!?」と思ったりもしたのですけど、
その残り5分の所から
もう一つ「熱いドラマ」が待っていましたね・・・・






e462500b_convert_20150326235211.jpg


461ca5dd_convert_20150326235026.jpg



まさか、そのピーちゃんを・・・・、「不幸」の象徴でもあるピーちゃんを響達は
あっさりと受け入れてしまうのですよね・・・・
あれは・・・・「ピーちゃん=ノイズを悪の象徴として成敗し封印する事」しか考えていなかった音吉さんや
クレッシェンドトーンすらも超越する
響たち4人のプリキュアの「成長」と「心の広さ」を見事に提示していたと思います。

いやいや・・・あのシーンは本当に素晴らしかったです!!

「音吉さん、いくら幸せの世界になっても悲しみや苦しみが全て消えるわけじゃないわ」
「私達はピーちゃんを受け入れた上で前に進みたいの」
「悲しみを見ない振りをするのは幸せとは言えないもの」
「よく見れば可愛いよ」

このあたりの響たちの会話は本当に胸が打たれるものはありましたね・・・・

これって再放送で見てもリアルタイムで見ていた時の印象と全く変わりがないです。

人がいる限り悲しみは消えることはありません。
悲しみの中から生まれ、人がいる限り「不幸」というものは、永遠に生まれ続けていくのでしょう・・・
だけど・・・・
それでも自分達は生きていかざるを得ない・・・・
例え「幸せ」の感情があったとしても、決してそれが未来永劫続く事は・・・多分無いでしょう・・・
そして・・・・
その「不幸」も・・・・
不幸の連鎖に溺れることなく、乗り越えていけばいい・・・・
そしてまたいつの日か「幸せ」を掴んでいければそれでいい・・・・
「幸せ」と「不幸」は交互に訪れるもの、
言い換えると、音楽的に表現すると「調性音楽」と「不協和音」は相反するものではなくて
互いに相乗効果を出すもの・・・・
それは・・・・「短調」と「長調」が互いに錯綜する事で音楽が一つのドラマを生み出している事と同じ・・・・

だから・・・・

幸せと不幸は二つで一つ・・・・

幸せは永遠ではないけど不幸だって永遠ではない・・・・

不幸が続くと嘆くならば、その不幸を乗り越えていけばいい・・・そして一歩前進すればいい・・・
不幸の原因というものは・・・・
勿論、環境とか運もあるけど・・・・
ほとんどの場合は・・・・
むしろ「己の中」に内在している事が多いもの・・・・
だったら己の中に内在しているものを改善する努力を少しずつしてみよう・・・・

何かそういった提示が・・・・

最後にじわーーーっと示された様な感じのとってもスッキリしたフィナーレでした!!

本当に・・・・

「スイートプリキュアは永遠に不滅です!!」と叫びたい気持ちで一杯ですね!!
(あれれ・・・・ほんの二か月前は「ハピネスチャージプリキュアは永遠に不滅です」とか言っていたくせに・・・苦笑・・)


373356cf_convert_20150326235053.jpg


最終回で提示されていましたけど、
深紅のドレスに身を包んだ響のピアノの演奏・・・・

何か・・・・

響らしく「絶えず何かを精一杯伝えようとする」熱い演奏になるのでしょうね・・・・


185c476c_convert_20150326235003.jpg


最後は・・・・・

戦闘シーンが無いのに、あえて変身シーンで終らせたスイートの世界・・・・

「これでみんな一緒に夢に向かって進めるね」
「うん」
「私達はまだまだ変われる。新しい明日に向かって変身するのよ!」
「レッツ! プレイ プリキュア モジュレーション!」


響たちの将来の更なる「成長=変化」とプリキュアとしての変身をかけたのかもしれませんけど、
「人は絶えず何かに気が付き成長していける」という事を
最後の最後で見事に提示した終わらせ方でした!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2084-cd319db9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |