プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


J.バーンズというと、どうしても個人的には「アルヴァマー序曲」なんですよね・・・
あの親しみやすくて分かり易い爽快でとてつもなく楽しい吹奏楽曲って実はそんなにないのかも・・・・

バーンズは結構作風が幅広い作曲家だと思います。

アルヴァマー序曲とか百年祭祝典序曲とかアパラチアン序曲のように
とてつもなく親しみやすい曲もあるかと思えば、
「呪文とトッカータ」(祈りとトッカータ)のように少しおどろおどろしい曲もあるかと思えば
「秋のひとりごと」みたいにじんわりとくる作品もあるし、
「パガニーニの主題による幻想変奏曲」みたいにファンタジー感溢れる王道的な作品もあるし、
最近吹奏楽コンクールでも頻繁に取り上げられる交響曲第2番とか第3番みたいに
かなり重厚な作品もあったりします。

ま・・、私としては、やはりアルヴァマーと呪文とトッカータ、そして交響曲第2番の三作品は
バーンズを語る上で絶対に外せない作品ですけどね。

そんな中・・・・

あまり演奏される頻度は少ないかもしれませんし、
(全国大会で演奏されたのは多分一度のみ・・・)
人気という点ではバーンズの作品の中では幾分弱いのかもしれませんけど、
「ペーガンダンス」という曲は、私は大好きですね!!

「ペーガン」とは異教徒という意味ですが、現実に存在する特定の宗派ではなく、
あくまでバーンズのイメージなそうです。
バーンズが言うには・・・・
「有史以前の時代からの想像場面をあたかもバレエの場面のように描こうとした」との意図があるそうです。
何となく・・・・
感覚としては、
ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」とか
吹奏楽オリジナル作品ですけど、ホエアーの「ストーンヘンジ交響曲」を彷彿とさせるものが
ありそうな気がします。
実際、ストラヴィンスキーも「春の祭典」を作曲する際は、
「死ぬまで踊り続ける生贄の若き女性を長老たちが無言で凝視する・・」みたいな異教徒の式典を
イメージしたそうですけど、
このバーンズの「ペーガンダンス」もそうした香りが濃厚ですよね。

最初にこの曲を耳にしたのは、1992年あたりだったかな・・・・
演奏団体はど忘れしてしまいましたけど、
関東大会の中学校B部門でこの曲を演奏しているチームを見て、
「え・・・、なにこの曲・・・・、すっげー迫力とエネルギー・・・・」
「生きようとする無限大のエネルギーを感じてしまう・・・」
「え・・・・、なにあの第三楽章・・・、打楽器奏者が車のホイールをカンコンぶっ叩いて
凄まじい打撃音を発生させている・・・・、何かマジで壮絶だな・・・」
と感じてしまいました。

後で調べてみると・・・・

第三楽章で使用した楽器は、車のホイールではなくて、
楽器と言うのではなくて
「ブレーキドラム」という自動車の一つの部品でした・・・・

でもあの「ブレーキドラム」の凄まじい金属音・・・・、凄まじくヒステリックに響き渡る強烈な打撃音は
とにかく・・・・
すさまじいインパクトを与えてくれました・・・・






これが「ブレーキドラム」なのですけど、
なるほど・・・・
確かに客席から眺めると「タイヤホイール」のようにも見えてしまいますよね・・・・・

こうした一つの自動車部品を「音楽の一つの効果音」として用いてしまうバーンズは
やっぱりすごいですよね。

この「ペーガンダンス」は確かに異教徒というのか、異国情緒満載の大変エキゾチックな曲なのですけど、
どちらかというと・・・・・
交響曲第2番で感じたような「すさまじい生きるエネルギー」みたいな印象の方が
私にとっては強いですね。

この曲は、下記の三つの楽章から構成されています。

Ⅰ.儀式

Ⅱ.神秘

Ⅲ.剣の達人

Ⅰは・・・・
中音のユニゾンによるファンファーレからスタートされます。
儀式というよりは、何となく重厚な式典の開幕ファンファーレのような印象がありますけど
出だしのティンパニーとドラはかなり強烈なインパクトを与えてくれます。
途中のミュートを付けたトランペットのサウンドは、
やはり「あ・・・・、やっぱり呪文とトッカータを作曲した人だな・・・」と思ってしまいますね。

Ⅱは・・・
出だしのヴィヴラフォーン・チャイム・グロッケン等の鍵盤打楽器がとてもミステリアスな響きを
聴かせてくれています。
全体的には・・・・
うーーん、何かチャンスの「呪文と踊り」の前半部分を彷彿とさせてくれますね。

Ⅲは・・・・
とにかく「エネルギー全開!!」のノリノリな音楽です。
快速なテンポ、入り乱れる変拍子による野性味溢れる楽章なのですけど、
全体的にはかなり泥臭い雰囲気すらあります・・・
バーンズ自体、どちらかというと都会的で洗練されたイメージもあるのですけど、
この楽章は少し例外的かも・・・
「生きるためには何でもする・・・」みたいな凄まじい「エネルギーの塊り」みたいな曲ですね。
それを象徴しているのが
やはり前述の「ブレーキドラム」の大活躍・・・・
特にラスト近くのブレーキドラムの乱打は、とにかく気分爽快ですし、
落ち込んでいる時に、気が滅入っている時にこんな凄まじい「生きるエネルギーの曲」を聴いてしまうと、
何か一瞬で立ち直ってしまうような
錯覚すら覚えてしまいますね・・・・

うん・・、やっぱり「音楽」はすごいものですね・・・・!!



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2081-0e1881ca
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |