プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ま・・・、私自身は現在は「営業職」という立ち位置ではないのですけど、
実質的にはそれに近いような立ち位置でもあるような気がします。
住宅・建築関係のアフターサポートとかクレーム処理というのは、大切な事は、
その場その場のクレームを「火消し」のように収めるのではなくて、
(その点がよくテレビ等で紹介される「実録! クレーマーとの戦い」みたいな感じと幾分異なる感じ・・・)
結果的に・・・・
長期的にそのクレームが発生した顧客との間と会社が「繋がり続ける」という「継続性」を維持し続ける事なのだと
改めて実感いたします・・・・

なぜなら・・・・

住宅関連というのは・・・・、

その時その時の「工事」が終われば「はい、さようなら・・・」という感じではなくて
「家」というものは、いずれ10~15年程度すると必然的にどこかしら「痛み・不具合」が生ずることは
避けて通ることは出来ず、
結果的に・・・・
その顧客と10~15年スパンの長期的な繋がりを維持できていた会社が
「その地域」を制する事にもなるような気がしてなりません・・・・

だから・・・・

「あの顧客は文句ばかり言うから・・・・」

「むちゃな要求ばかり言ってくるから・・」

そんな感じで顧客を次から次へと切り捨てていったら、そうした会社に「未来」はないのかもしれません・・・

だからこそ・・・・

こうした住宅・建築業界と言うのは、今後こうした「アフター体制」の充実は今後とも一層求められていくのかな・・・
とも思ったりもします。
ま・・・、くどいようですけど、「住宅」は・・・・・
新築しても将来的に15年スパンで「大規模修繕」は避けて通れませんし、
その修繕は・・・・・
会社にとっては、利益の確保と言う意味でも「生命線」に近いものはありますからね・・・

でも・・・

最近の住宅メーカー、大手のリフォーム会社の「アフターフォロー体制」も以前よりはかなり
まともになってきたような気もします・・・・
以前は・・・・
一度建ててしまえばそれっきり放置状態・・・というのが業界の悪い慣例でしたからね・・・

そうした中・・・・

業界でも地域内でも、決して「大手」でも「名が通っている」という訳でもない
うちみたいな中堅企業が今後生き残る道って何だろう・・・・

それは結局は顧客に対して「会社への信頼への予感」を感じて貰えるか否かに掛っているような気が
します。
確かに以前工事を依頼し、その後も定期的にアフターサポートはしている・・・・
だけど・・・・
ここで冷静になって考えてみて、
「この会社に再度大きな仕事を任せても大丈夫なのだろうか・・・・」と顧客に不安感を与えてしまっては
全然話にならない・・・・
結果的に・・・
「ま、多分大丈夫だろう・・・」という
施工前なんだけどまず間違いないだろうという「事前の信頼関係」を構築できているか・・・・
それに掛っているような気もしますね・・・・

そうしたアフター体制における顧客とそうした「信頼への予感」を構築できるようになるかなんて・・・・
正直言って難しい・・・
決して「お手本」とか「マニュアル」とかかある訳ではないし
100人の顧客があれば100通り、いやそれ以上の方法があるかもしれませんし、
その辺りは・・・・・

うーーん、まだまだ「発展途上」という感じですね・・・・

最近の記事の中で、
「自分の目指すべき方向性」について、情報屋とか司令塔みたいな立ち位置とか書きましたけど
要は・・・・
やはり・・・・
「一流」は目指していきたいですね・・・・

「一流」とは何なのか・・・・

それは・・・・

自らは動かなくても他人に指示して全部やらせる事が出来る事なのかもしれません・・・・

逆に「二流・三流」とは何か・・・・

それは・・・・

現場の細かい事も全て何から何まで自ら動くことなのかもしれません・・・

勿論、上記みたいな「一流の仕事」が出来ている人なんてほとんどいないと思います。
だけど・・・
一流でない間は・・・
目の前で起きている問題に対して、逃げずに、集中してその問題一つ一つに当たっていくしかない・・・
自分自身が「己の仕事」を完璧に身に付けるまでは
自分自身が何から何までやって、それを体で覚えていくしかない・・・・
そしてその先に・・・・
「一流への道」がやっと見えてくる・・・

そんな感じなのかもしれませんよね・・・

ホント、人が「生きる」って事は、持久戦ですよね・・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2078-a9b641b3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |