プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


8.弘前第三中学校

 D/歌劇「運命の力」序曲

 あれれれ・・・この年は一体どうしちゃったのかな・・・・

 課題曲・自由曲、どちらもほとんど印象に残るものが無いのですよね・・・

 一言で言うと、大変端正で丁寧な演奏を心掛けていて、大きなミスも無い代わりに
 何か「伝わってくるもの」がほとんど無いという感じ・・・
 良く言うと無難な演奏
 悪く言うと、平板な演奏・・・・

 サウンドも少しドライな感じがして、特に自由曲の「運命の力」で聴く方が求めたい「ドラマチックな歌い廻し」が
 あまり感じられない感じもありました。
 演奏技術そのものはレヴェルが高いだけに
 何か勿体無い感じはありましたね・・・・

 このチームを初めて聴いたのは、1981年の山形県で開催された東北大会だったかな・・・・
 リードの「アルメニアンダンスパートⅡ~Ⅲ.ロリからの歌」を
 とにかく感受性豊かにドラマティックに吹きまくり、
 音が割れる限界値スレスレまで鳴らしまくっていて
 その爽快感と音楽としての切れは大変素晴らしいものがあったと思います。
 中間部もフルートのデュエットの部分はバッサリカットされていたものの、比較的しんみりと歌い上げ
 後半もホルンの雄叫びを含めてとにかく駆け抜けていったような演奏でした。
 「もしかして・・・・全国大会初出場かな・・」と予想していたら、案の定普門館行きを決め
 全国大会でも素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
 翌年の「ローマの祭り」がこれまた積極果敢で攻める演奏を聴かせてくれ、
 これまた素晴らしい演奏を聴かせてくれていました。
 この時代の弘前第三は「バリバリに豪快に鳴らす」というイメージがあったと
 思いますが、それが少し変化を見せてきたのは、
 1984年の「海~第一楽章、会場の夜明けから真昼まで」あたりからかな・・・・
 あの海は・・・・
 それまでの弘前第三のイメージを覆すような「内省的」な演奏でしたけど
 印象としては・・・・すごく中途半端・・・
 翌年の幻想交響曲も大体似たような傾向・・・・

 多分この辺りは・・・・指揮者も奏者も何か「迷い」みたいなものがあったのかもしれませんよね・・・
 
 何かこう・・・・「自分達の方向性」を模索して手探り状態という感じもありました。

 それがあまり良くない方向に出たのがこの年の演奏だったのかもしれませんけど、
 翌年は「三角帽子」で以前のような
 「溌剌とした情熱」を取戻し、素晴らしい演奏を聴かせてくれていたのは良かったと思います。

 ま・・・音楽、特に一発勝負のコンクールは本当に難しいものですよね・・・・

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2074-4e95f140
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |