プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


またまた先日の「Go! プリンセスプリキュアショー」関連の話を少々・・・・・

今回は「キュアマーメイド様」に絞ります・・・・

それにしても3/22のGoプリのアニメ本編のお話はとても素敵なものがありました。
ま、これについては改めて感想記事という事で後日記したいと思うのですけど、
はるかからの視点、みなみからの視点、きららからの視点と三者三様の視点から大変丁寧に
描かれていて見ていてとても気持ちが良かったですね。

特に・・・・

同じはるはるを見守るという観点からでも
みなみさまの場合は・・・・
母親的視点のような感覚で「はるかを信頼して温かく見守る立ち位置」
きららの場合は・・・・
少々暴走系のヤンチャな妹を心配するような姉的な感覚で「現実的感覚で心配する立ち位置」
そして・・・
はるかの場合・・・・
二人からの「気持ち」を大切にしながらも「自分の夢」・「自分のやりたい事」を
どこまでもぶれる事なく一貫して追い求めているその「まっすぐさ」・・・・

うーーーん、このGoプリは、物語としての完成度が序盤から高い・・・・という印象ですね。
前作のハピネスの場合、物語としての安定さが定着するのは
ひめといおなの和解成立以降だもんな・・・・

現在オールスター映画が公開中で何とか3月中に行きたいな・・と思っているのですけど、
4月末の会社としての決算月を踏まえて3月はそれまでの追い込みラストスパート月でもありますし、
多分・・・・・
来週あたりは休日出勤になるかもしれないし、
3月内にこのオールスター映画は見に行けないかも・・・・
だけど予告編を見る限りでは、何か早く行きたい気持ちはつのるばかりですけどね・・・・
3/22のOPの予告編では、ハピネス組と現役のGoプリ組が色々と絡んでいるシーンが
クローズアップされていましたけど、
何か「キュ荒プリー」としてのラブリーとやや暴走傾向のフローラの組合せは・・・・・
何かある意味「爪弾くは荒ぶる調べ!!」以上の豪快さがありますね・・・・
ある意味・・・・・
ハニーとトゥインクルの組合せは史上最強なのかも・・・
そして・・・・・
やはり映画の中でも聡明で優雅なマーメイド様・・・・・
本当に・・・・・このマーメイド様というかみなみ様は、前作/ハピネスのひめと同学年なんでしょうかね・・・・(苦笑・・・)
というか・・・・・
みなみ様とハートキャッチのえりかが同学年にはどう逆立ちしても見えないですね・・・・(苦笑・・・)
いやいや、それよりも・・・・・
「真のプリンセス」を目指して現在鋭意奮闘中の現役のGoプリの3人の立ち位置から見ると・・・・・
先代の青系の「キュアプリンセス」を名乗るどっかのポンコツ先輩は・・・・・
うーーーん、
「悪いお手本」なのかな・・・・??

いやいや、寛大で心が広いみなみ様的には・・・・・

「世の中には色々な人がいるから・・・・」
「世の中には色々なプリンセスが存在しているから・・・」
「先代の青プリキュアみたいな人だって存在したって別にいいのかしら・・・」
「ああいうポンコツプリンセスも、列記としたプリンセス・・・」みたいな御仏みたいな寛大なお心で
ぜーんぶさらっと受け入れてしまうのでしょうね・・・・(笑)





今回の「Go! プリンセスプリキュアショー」ですけど、
前回も書いた通り「被りもの」としては大変完成度が高いですね。
全体的に少し幼さが感じられ「甘え上手の妹」みたいなフローラのふわふわとした感じと
いかにも「凛としたお姉様」みたいなマーメイドの大人っぽい雰囲気の
「対照性」が実に見事に被りものとしても
表現されていると思います。



CIMG8137_convert_20150323073013.jpg


こうやってトゥインクルと一緒に並ぶと・・・・

やはりトゥインクルの「小悪魔」振りに対する
マーメイドの「知的さ・優雅さ」が実にうまくアンチナーゼ的に巧みに表現されているようにも
思えますね・・・・

私自身、
こうした被り物としての「プリキュアショー」を直接生で見たのは
実は・・・・
それほど歴史が古い訳ではなくて、4代前の「スイートプリキュア」からなのですけど、
あの頃の印象は・・・・・
ま・・、確かにスイートの場合、あのひらひら衣装とかメロディの髪型の表現の難しさ等
色々再現の難しさはあるとは思うのですけど
正直、それほど完成度が高いとは思えなかったのですよね・・・・
何か印象としては、
アニメ本編とは少し次元が異なる「もう一つのプリキュア」を見ている・・・みたいな雰囲気はあったと
思います。
(感覚としては・・・・・アニメ本編とは別に上北ふたご先生による漫画版のプリキュアという
もう一つのプリキュアの世界があるようなものなのかな・・・・??)

だけど・・・・・

スマイルプリキュアあたりから、被り物ショーも急激に精度が上がったような気もしますし、
特にハピネスとGoプリの完成度の高さは
目を見張るものがありますね。

特に、マーメイドの再現度は本当にレベルが高い・・・・と思いますね。



CIMG8208_convert_20150323072914.jpg


マーメイド様に襲い掛かる、不埒なクローズ・・・・・(苦笑・・)

何か・・・

これは・・・・・

嫌がる女子中学生に対して強引に交際を迫る変態ロックミュージシャンみたいな雰囲気が
ありますね・・・・(苦笑・・・)
ま・・・・クローズだからシャレで済みそうなのですけど
これがシャットだったら・・・・
女子中学生にイタズラする変態さんみたいな感覚に陥りそう・・・・・??
(ま・・・・聖なるみなみ様と俗なるシャットの対比も何だか陰陽くっきりで面白そう・・・・)


CIMG8136_convert_20150323072657.jpg


やはり・・・・

マーメイドの変身フォームのポイントは・・・・

「へそだし」かな・・・・??

こういう「へそだし」はむしろ、フローラとかトゥインクルの方が合っているような感じもするし
一番へそだしをしそうもないみなみ様がこうしたへそだしマーメイドになっているのも
何だか意外な感じがして面白いですね。
そうそう・・・・
この青のミニスカートも実にいいですね・・・!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2069-0bd49512
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |