プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回、その②に続く・・なんて書いてしまいましたけど
正直その①で言いたい事はほぼ全て語ってしまいましたので、その②はごく簡単に補足的に
記したいと思います。
(というか・・・・3/22の日曜は朝からいつも通り仕事ですからね・・・・
ちなみに・・・・
3/21の土曜は・・・・・朝から思いっきり仕事のテンションと効率は上がっていました・・・・・
なぜなら・・・・
3/22に・・・・私の仕事上の活動エリア内で・・・・
「Go! プリンセスプリキュアショー」を開催するスーパーを発見してしまい・・・・
3/22は・・・、その・・・・少しだけ仕事を抜け出し、
これに駆けつける所存であります・・・・・苦笑・・
だから・・・・
3/21は・・・・・3/22の分まで頑張ってしまいました・・・・という感じの言い訳を今からしたいと思います・・・・苦笑・・・)

あ・・・・、そうそう「スイート」ですよね・・・・

メロディ達プリキュアとノイズの戦いの大詰めの大詰めで
メロディの発した言葉がとても印象に残っていますね。

「ねえ、ノイズ、たぶん私は同じなんだよ。悲しみからあなたが生まれたように
喜びや笑顔からこの力は生まれた・・・・
それはあなたと一緒に悲しみを乗り越えるため。
そのためにプリキュアの力はある。だから、今こそあなたに・・・・」
「届けましょう、希望のシンフォニー」

ま・・・・ここで「クレッシェンドメロディ」達の最終変容の形態で必殺技が放たれ
ノイズは浄化されてしまうのですけどね・・・
前回の記事の繰り返しになるかもしれませんが、
心は悲しみにも喜びにもどちらにも染まる。悲しみをなくすために心そのものをなくせばいい・・・・というノイズの
主張に対して、悲しみを受け止めた上で、人は幸せになれる事が出来るというのが
プリキュア達の主張なのです。
ノイズの主張というのは・・・
ま、歴代でもSSのゴーヤーンとかハピネスのレッドなんかもほぼ同じことを言っていたと思いますが、
スイートの場合、歴代と少し異なっている点は、
響・奏・エレン・アコの4人は全員、そうした「喜び」も「悲しみ」も「すれ違い」や「人と人とのつながりの深さ」も
痛いほど味わってきている「実績」の大きさが異なるという事なのかもしれません。
この点を大きくクローズアップするために、序盤であれだけ「痛い展開」を提示していたとすれば、
製作者サイドの「計算の高さ」・「綿密に計算され尽された演出」は大変なものがあると思いますね・・・

だからこそ・・・・

響達の「悲しみは乗り越える事が出来る」という言葉は、大変「重み」が歴代プリキュアとは
違うのだと思います。
その点が、私がスイートを高く評価している理由なのかもしれませんよね・・・・

スイートで一つ顕著な試みとしては・・・・
敵幹部というかラスボスすらも最後は・・・・
救済的な意味合いで「浄化」を出来た事かな・・・・
初代からフレッシユまでは、敵幹部の一部は救済できてもラスボスは「救済」の対象外・・・みたいな
感じはありました。
スイートの前作のハートキャッチも・・・・デューンも一応は「浄化」されたのですけど
果たしてあの「浄化」は真の意味での「救済」なのか・・・・??
うーーーん、正直「微妙」なものはあったと思います。
それに・・・・
デューンは、ゆりの父親のサバーク博士を惨殺してしまいましたので、
さすがに・・・・救済的な意味あいでの浄化は出来なかったかな・・・・

その点、スイートは・・・・

はっきりとラスボスであるノイズの「納得した上での浄化」・「救済的意味合いでの浄化」も
プリキュアシリーズ初めて明確に提示していたと思います。
その点も実に素晴らしい!!

戦闘シーンが終わって・・・・・

ノイズとプリキュア達の対話・・・・

「そんなの決まっているでしょ」
「みんなの笑顔を守ること」
「それがプリキュアの使命」
「あなたの笑顔も守らなきゃプリキュアの名がすたる」

「ははっ」

あの・・・・・笑いながら浄化されるノイズが極めて印象的でしたし、
最終決戦なのだけど、
実にすがすがしい印象はありましたね。
あのノイズの笑顔には・・・・「一点の曇り」もなく本人も納得の浄化でしたし、
ノイズの笑顔に対して笑顔で返すメロディがまさに「女神様」!!!

いやいや、やっぱりメロディは、永遠に私の「大好き四天王」の一人ですね・・・・!!





466fa494-s_convert_20150319164141.jpg


リアルタイムで見ていた頃・・・・・

多分フェアリートーンが成長したらクレッシェンドトーンになるのだろうな・・・と思っていたのですけど
あながちこの予想は「外れ」ではなかったですね・・・・

スイートの最終決戦は状況的にかなりやばい感じもありましたし、
クレッシェンドトーンも音吉さんもアフロディテもいない中で、
純粋にプリキュアだけでの戦いだったのですけど、
そっか・・・・・
フェアリートーンもいましたね・・・・

子か親へと成長するように、
フェアリートーンもやがて・・・・・クレッシェンドトーンへの受け継がれていく訳なのですね・・・・


df697e2e-s_convert_20150319164324.jpg


うーーーん、この4人の「クレッシェンドプリキュア」としてのフォームは・・・・
正直・・・・
メロディ以外、全然印象&記憶に残っていないですね・・・・

というか・・・・

メロディはこのアニメ本編に先駆けて唯一映画の中で「クレッシェンドメロディ」になっていましたので
やはりメロディ一人の印象がものすごーーく強いのですよね・・・・


47509987-s_convert_20150319164225.jpg


そうそう・・・・・

ビートも最終決戦では・・・・

地味ながら良い働きを見せていましたね。

ビートがあのラブギターを武器にして戦う様は・・・・
いかにも「音楽」をテーマにしているプリキュアらしい話でもありましたね。

さてさて・・・・スイートのテレビ埼玉での再放送も次回で感動の最終回・・・・

戦闘シーンが一つも無く純粋に「エピソード」だけで最終回の話を繋げたスイートの
英断はやはりすごい・・・・!!
話は既に分かって入るのですけど、
最終回は・・・・やはり心して見たいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2064-a0e69a11
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |