プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3.当麻中学校

 D/スペイン奇想曲

 この年の中学の部は「スペイン奇想曲」を自由曲に選ぶチームが4チームも被ってしまい、
 プログラムを見た瞬間には
 「あ・・・・同じ曲ばかり並ぶのはちょっと・・・」と思ったものですけど
 結果的に4者4様の演奏となり、
 各演奏団体の「違い」が一目瞭然と言う感じで、中々そのあたりは逆に興味深かったと思います。

 そうですね・・・・・

 先に結論だけを述べてしまうと・・・・・

 一直線に鋭角的に駆け抜ける当麻、ふんわりと柔らかい響きの首里、正統派の王者の貫録の柏原
 全く普段の練習の成果を発揮出来ずに終わった東金と
 全く異なる「スペイン奇想曲」を4通り聴くことが出来たと思います。
 個人的には・・・・・
 やはり柏原の演奏が一番素晴らしかったと思いますし、安定感は群を抜いていたと思います。

 さてさて、この当麻の「スペイン奇想曲」ですけど、
 首里の「絹のように柔らかい響き」を先に聴いてしまうと
 そのあまりにも鋭角的なサウンド、ひたすら前進して駆け抜ける演奏の当麻との
 あまりにも明確な違いに愕然とするものがありますね。
 ちなみに4チーム共、編曲者はウィンターボトムなのですけど、
 「全く同じ譜面」を使用しながら、ここまで「解釈」に差が出るとは
 やはり音楽とは面白いものですし、
 特にこうしたジュニアバンドの場合は、指揮者の考え方一つで
 サウンドとか表現は全く違うものだな・・・・と改めて実感した次第です。
 当麻の場合・・・・・
 何と言うのかな・・・・
 悪く言うと音は少しガサツに聴こえます・・・・、サウンドも少しドライな感じ・・・・
 だけどその分メリハリははっきりしているので、
 リズム感はドンピシャ!!という感じもあります。
 ただ生で聴いていると、何となくですけどビートが前のめりというのか、
 感覚としては、「前へ、前へ・・」とひたすら突っ走る感じがあり、
 幾分落ち着きが無いというのか、響きが鋭い割には「注意力散漫」みたいにも聴こえてしまうのですよね・・・・

 第五楽章のコーダは、とにかく気持ちよく盛り上がり
 ひたすら突進して終わったようにも思えます。
 
 ま・・・・、ある意味一番中学生らしい演奏だったかな・・・・・

 このチームは、1982年の「木挽歌」の素晴らしい演奏が大変印象的で、
 特にあの「枯れたようなサウンド」がとても印象的でしたけど、
 この4年後の演奏は・・・・・
 随分とスタイルを変えてきたものですね・・・・
 そのあたりは、指揮者の先生も「型」にはめるのではなくて、毎年毎年の生徒達のキャラクターに
 合わせてサウンドを変化させる「柔軟性」も窺えて
 大変興味深いものはありますね。

 このチームの指揮者の山形先生は、1980年に中標津高校を率いて
 楽劇「サロメ」~七つのヴェールの踊りを大変しっとりと聴かせてくれたのですけど、
 大体同じような方向性で、この当麻中でも1984年にサロメをしっとりと聴かせてくれていたのは
 大変印象に残っています。
 一つ残念なのは・・・・
 この当麻中は、1985年に自由曲にマスネーの「ル・シッド」を選んでくれたのですけど
 残念ながら支部大会スカ金に終わってしまい、
 就実高校以来の「ル・シッド」の演奏が聴けなかったのは当時大変残念に
 思っていたものです・・・・

 このチームは、翌年は1982年の再演となる「木挽歌」を自由曲に選んでいましたけど
 この時は・・・・・
 86年の「スペイン奇想曲」みたいな直線的に駆け抜ける表現ではなくて
 「日本情緒」をしっとりと伝えてくれていましたので
 やはり・・・
 その「ギャップの大きさ」に少し驚いたものでした・・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2058-821398c0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |