プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2.大月東中学校

 D/歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲

 このチームは・・・前年度は「サルタン皇帝の物語」~三つの不思議の大変素晴らしい演奏で
 金賞を受賞し、
 「この年も・・・」と大変期待はしていたのですけど
 少し残念な演奏になってしまいました・・・・
 まず何が残念かというと、ピッチの狂いがかなり散見された事とか
 クラリネットの高音がかなり苦しく、まるで「ノイズ」のように聴こえてしまった事とか
 技術的に未消化の部分がかなり目立ってしまった事など
 「基本的技術」の問題がかなり目立っていましたね・・・

 あれれれ・・・・一体どうしたんだろう・・・・

 そのように思っていたら、BPの指揮者の平野先生のコメントを読んでみると
 この年の国体は山梨県で開催され(かいじ国体)
 開会式や閉会式、各種競技団体の応援演奏とか式典等で
 とにかく多忙なスケジュールをこなし、
 吹奏楽コンクール自体の参加をこの年は辞退しようとすら当初は思っていたとの事です。
 ま、それでも結局はコンクールに参加する事になり
 かいじ国体の出演等など多忙なスケジュールをこなしながら
 関東大会通過はさすが・・・・という感じですね。

 だけど全国大会では・・・・プログラム2番というコンディションの悪さも手伝い、
 本来の実力とはほど遠い演奏になってしまった・・・・というのが実際の所だと思います。
 そういえば・・・・
 この年の関東代表は全体的に低調で、5チームの内、銅賞3 銀賞2と今では考えられない
 低調な評価となっています。

 指揮者の平野先生は・・・・
 1970年代~80年代のレベルが低い山梨県の吹奏楽をたった一人でリードされたような側面があり、
 明見中とかこの大月東中を率いて
 山梨県の吹奏楽界を孤軍奮闘して頑張っておられた姿が大変印象的ですね。
 翌年以降は平野先生は異動となってしまったのですけど、
 確か・・・・・1988年の関東大会B部門において、とある無名の学校を率いて出場し
 リードの「小組曲」で素晴らしい演奏を聴かせてくれて金賞を受賞されていましたね。
 平野先生は、確か1992年あたりで吹奏楽指導者を勇退されましたけど、
 92年の山梨県大会の場で、全ての演奏が終了した後で
 特別に平野先生のお話を聞く場が設けられ、平野先生の大変なご苦労を直接聞ける機会が
 あったのはとても幸いでしたね・・・・
 あれは・・・・山梨県吹連の中々粋な計らいだったと思います。

 確か・・・・あの年の山梨県大会の審査員の一人として、元・前橋商業の大木隆明先生も
 来ていたと思いますけど
 間近で「あ・・・これが能面とか木挽歌とか鄙歌の歴史的名演を生み出した先生なのか・・・・」と
 少し感激したのをよーく覚えています。

 平野先生といえば、やっぱり1985年の「サルタン皇帝の物語」の名演が素晴らしいのですけど
 個人的には・・・・
 1982年の「ガイーヌ」の大変個性的な演奏も忘れて欲しくないと思いますね・・・・
 またあの年の課題曲D/サンライズマーチにおいて
 序奏のファンファーレとマーチをきっちり区分した演奏は・・・・多分私が知る限り大月東ぐらいなものであり
 その斬新さも合わせて高く評価したいですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2055-b7095a06
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |