プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1.出雲第二中学校

 D/バレエ音楽「ロメオとジュリエット」

 この年以降、出雲第二を長い間指導されていた渡部先生は異動され、
 出雲第二には出雲第一を指導されていた錦織先生が赴任されるのですけど
 こうやって指導者が交代しても、前年同様全国大会出場を果たすとは中々出来ない事であり、
 それは本当に頭が下がる思いですね。

 しかも・・・

 プログラム一番ですよ・・・・

 1983年~85年の三年間は、中学校の部はプログラム一番のチームは、
 ほとんど全て、普段の実力を発揮する事も無く不本意な形で「銅賞」という評価を受けているのですけど
 その点、この出雲第二は立派でしたね。
 朝一番のハンデを感じさずに、普段通りの演奏をのびのびとハイレヴェルに聴かせていたと
 思います。
 同じ中国支部代表の大社中は・・・・
 あれだけ素晴らしい技術、立派な音を持ちながら
 1985年と1987年の2回とも全国大会では「プログラム一番」を引き当ててしまい、
 不本意な演奏をして普門館を去って行ったのは、見ていて本当に痛々しいものを感じていました・・・

 ま・・・・確かに課題曲D/テイク・オフは前半は少しノリが悪かったかな・・・・
 やはり音が今一つ前面に出てこないのが大変気になりましたけど
 それでも後半は持ち直し、ラストのトムトムの甲高い響きあたりは普段のリラックスした演奏に
 なっていたと思います。

 自由曲の「ロメオとジュリエット」は中々聴かせてくれました。

 不安感・孤独・躍動・予感・楽しさ・明るさ・挫折感・・・・様々な「感情」を場面ごとにきちんと
 描いていた演奏だと思いますし、
 指揮者の厳しい要求にも素直に反応出来ていた演奏だとは思います。

 だけど・・・・

 今一つ感じたのは、「奏者の自発性の不足」かな・・・・

 何かいかにも「先生がこう言ったから言われたまま吹きました・・・」みたいな感覚も感じるのですよね。
 逆に言うと「素直な演奏」とも言えるのですけど
 こうしたドラマチックな曲を演奏する場合、
 それが少し裏目に出たような気もします。
 「タイボルトの死」のトランペットセクションの後半の息切れ状態とか高音のかすれも
 少々印象が悪かったかな・・・・

 結果としては銀賞に留まりましたけど
 指揮者の交代・名門校のプレッシャー・プログラム一番といった悪条件を考慮すると
 「よくやった・・・!!」と褒めてあげたい気持ちですね。

 この年の中学の部は、なぜか知らないけどリムスキー=コルサコフの「スペイン奇想曲」が大人気で
 全国で4チームも同じ自由曲が被ってしまいました。
 だけどこの4チームとも、全然「方向性」が違う演奏を聴かせてくれ、
 その比較解釈の違いは聴いていてとても面白かったですね。
 全体的には・・・・・
 あくまで私個人の感想ですけど、
 正直言って中学の部は、1980年代に入ると伸び悩んでいたと思います。
 特に1984年~85年は、その「伸び悩み」が顕著で
 聴いていて「あれれ、何かどうしたんだろう・・・」と感じる演奏が大変多かったのですけど
 この年から中学の部は持ち直し、
 何か改めて中学生らしい素直で伸び伸びとした演奏が目立っていたのは大変良かったと
 思います。
 ま・・・、反面「無理しすぎている演奏」とか「大人っぽすぎる演奏」も散見されたのも事実ですけどね・・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2054-916301b6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |