プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ埼玉の「スイートプリキュア」の再放送もいよいよ残り2回で最終回・・・・・

勿論ストーリーとか展開は既に分かってはいるのですけど
改めて見ていると、リアルタイムの時とは少し違った見方も色々とあるものだな・・・と思ったりもしますね。

スイートの背景は言うまでも無く「音楽」という事なのですけど、
これは私自身の趣味や背景とも重なる部分もあり、
リアルタイムで見ていた頃より、歴代プリキュアの中では共感する部分も多々あったと思います。
ま・・・、これは私の脳内妄想の範疇になってしまいそうなのですけど、
もしも自分がスイートプリキュアの構成作家やプロデューサーだったとしたら、
どんな設定をするのか・・・・
そうですね・・・・
響・奏あたりをやっぱり聖アリア学園の「吹奏楽部」の部員として設定してしまうのかな・・・・(苦笑・・・)
部員同士のぶつかり合いとか
音楽を奏でる楽しさとか全員で「一つの曲」を作り上げる難しさと充実感
一つの音を表現する事の難しさとか表現方法の多様さ・・・・
そういった事を背景として描きながら
プリキュアとしての「成長」を描いていく・・・・
そんな感じになるのかな・・・・??
そして・・・・
「吹奏楽コンクール」への参加を通して、「全員で音楽を創り上げる事の難しさ」とか
何かを作り上げる事が出来た時の達成感
結果が思い通りにいかなかった際の挫折感とか
審査員の思いと自分達の思いは必ずしも一致しないという「価値観の多様性」
そういったものを演出したりして・・・・(苦笑・・・)
最終回は・・・・
最終決戦の後で、響・奏・エレンの3人による「アンサンブルコンテスト」への出場、
そして支部予選通過、全国大会代表決定のアナウンスでフィナーレ・・・・!!

ま・・・

「吹奏楽」は確かに最近は一般の方の認知度も以前よりは多少上がっているものの
まだまだマイナーな領域・・・・
さすがに一年間を通して「吹奏楽」と「プリキュア」を描くのはさすがに無理があるかな・・・・(苦笑・・・)

だけど・・・・

初代プリキュアは、2年間に渡ってなきざの「ラクロス」というかなりの(?)「マイナースポーツ」を
背景にもしていましたので
「吹奏楽」も意外とありなのかも・・・・??
関係ないですけど・・・・
初代プリキュアがリアルタイムで放映されていた頃、
田中麗奈主演の映画「ドラッグストアガール」という薬学部在籍の女の子を主人公にした物語が
あったのですけど、
あれも確か「ラクロス」が背景になっていましたね・・・・
うーーーん、2004年頃は・・・・なぜか「ラクロス」が影の人気種目になっていたのかな・・・・??






スイートの最終決戦もかなりの激戦・・・

しかも大詰めの頃は、音吉さん・クレッシェンドトーン・アフロディテ・メフィスト・
この頃は・・・・プリキュア寄りだったバスドラとバリトン
全員が討死状態でしたので、
残りは正真正銘プリキュア達だけ・・・・という大変厳しい状況でしたよね・・・

スイートの最終決戦で登場する「ノイズ」とは結局は・・・・
要は・・・・
「悲しみ・孤独」の象徴なのかな・・・・
そして一方プリキュア側のテーマは・・・・
「音楽を通して幸せを感じる事、その幸せを守るための戦い」という事なのだと思います。
「音楽に託された心の物語」・・・・・、それがスイートの最終決戦において提示された事なのだと思います。

ノイズの「悲しみ・孤独」というのは、音楽で例えると「不協和音」・「短調」なのかもしれません。
プリキュアの「幸せ・楽しさ」というのは、音楽に例えると「調性音楽」・「長調」という事なのかも
しれません。
ま、改めての話ですけど、
音楽と言うものは・・・・
「楽しい」とか「派手」とか「明るい」という要素だけで構成していくと・・・・
そうですね・・・大体5分程度で聴衆には飽きられると思います。
やはり、明るい部分があって、少し沈んだ部分があって、しっとりさせられる部分があって、
少し悲しい気分になったりして
そして最後は明るい気分で再度音楽が盛り上がっていく・・・・
そうした「変化」の要素なのですよね・・・・
だから、そうした「長調」→メイジャーと「短調」→マイナーというのは、
どちらか一つが主役ではない、二つが融合して「一つの音楽」を形成していく訳でありまして
つまり両者は二つで一つなのです。

今回ノイズが提示した
「そもそもこの争いの始まりは伝説の楽譜、音楽が原因・・・・
音符に悪が宿れば不幸のメロディとなり、少し並び替えれば幸せのメロディとなる。
だがそれも悪い心が宿ればすぐに不幸に変化する・・・・」
「そんなどちらにでも変わるような曖昧なモノ、無い方がいい・・・・音楽など無意味だ!」
「全ての音が消え去れば苦しみも消える・・・何も感じない平穏な世界・・・これこそが究極の理想の世界である」
というのは、確かに一理あるのですけど、
やはり何かは違う・・・
そうですね・・・・、それは「人との関わり」なのかな・・・・
「何も感じない世界」とはすなわち、他人を排除し、
自分一人だけの世界に閉じこもってしまえば、確かに煩い事を言う奴もいなくなるし
「対人関係」というストレスの塊りみたいなものからは確かに解放されて瞬間的に楽にはなるかもしれない・・

だけど・・・

結局・・・人は一人では生きていけない・・・・

例え世界が「静粛」に包まれ、自分の事を悪く言う人間がいなくなったと仮定しても
結局は「孤独」に陥ってしまう・・・・
人は「完全な孤独」に耐えられるのか・・・・
その答えは「ノー」だと思うのです・・・
嫌なんだけど、他人と関わっていく生き方をせざるを得ない・・・・
確かに・・・・世の中に自分以外の人間がいなくなり、静かで楽な世界なのかもしれないけど、
一人だけの世界になって出来る事は・・・・
そんなにないかもしれないのですよね・・・・

だから・・・・

人と言うものは、確かに不本意な側面はあるのだけど
誰かと関わって生きていかざるを得ない・・・・

それならば・・・・

どうせ誰かと関わって生きていくのならば、
少しでも楽しい方がいいのではないのか・・・・??
確かに「人との関わり」は面倒・・・・うざい事もしばしばあるもの・・・・
だけどそうした人の嫌な側面だけをクローズアップしないで人の良い面、長所もみてあげましょう・・・・
長所も短所も二つで一つ・・・
幸せと不幸も二つで一つ・・・・
長調と短調も二つで一つ・・・・
二つのロジックの内、一つだけを一方的に排除する事は出来ない・・・・
片方が片方をも認めて受け入れる「寛容さ」というのか「価値観の多様さ」を認めてあげよう・・・

何かそういう事がスイートで最終的に私達に提示したかった事ではないのかな・・・・??と
改めて思いますね。


0bc81993_convert_20150313014012.jpg


お互いに意見や価値観が合わないという事は日常生活や社会生活を送る上では
普通に起きる事・・・・
別に珍しい事ではありません・・・・
だけど、そうした価値観相違からくる「すれ違い」や「誤解」というものは
やはりストレスの温床になってしまいます・・・・

その点がスイートの背景にもなっていましたよね・・・・

初期の頃の響と奏のすれ違いや誤解による喧嘩三昧の日々・・・
響と響の父親のすれ違いの問題・・・
セイレーン(エレン)のハミィに対する黒い感情・・・・
そして・・・・
黒仮面を被って自分の気持ちを偽らざるを得なかったアコちゃん・・・・

ま・・・、確かにこの物語は色々とありました・・・というか色々とあり過ぎました・・・・

だけど・・・・

最終的には・・・・

そうした双方の誤解やすれ違いを埋めるには・・・・

結局は「その人と真摯に向き合わざるを得ない・・・」という事に尽きるのですよね・・・・

ノイズが言うように
「煩ければだまらせればいい・・・」というロジックだけでは、
結局は・・・
人間は永久に「孤独の淵」を彷徨い続けなければいけなくなる・・・

ま、その点は・・・・

「生きる」って難しい事ですよね・・・・


e8ad0365_convert_20150313014339.jpg


あ・・・・・

指揮をするアフロディテ様も素敵ですね・・・・・

私・・・・考えてみると、優しいやさしい女の先生に指揮・指導された事って一度もないですね・・・・(苦笑・・・)

こういう素敵なレディーの指揮で楽器を吹いてみたかったですね・・・・



48012844_convert_20150313014221.jpg


今回の話で・・・・

バスドラ・バリトンがプリキュアを助けていましたけど、
あれは中々いいシーンでした。
何かあれは・・・・
フレッシュで、
ウエスターがパッションを助け、サウラーがベリーを助けたシーンを彷彿とさせてくれますね。

バスドラ・バリトンは・・・・
物語の後半では醜い怪物にさせられてしまったり、いいようにファルセットにこき使われたりと
何か扱いが少々気の毒でしたけど、
最後の最後で・・・・
「いい人」の側面を見せてくれてよかったですね・・・

ま、最終回では・・・・

このトリオ・ザ・マイナーの三人も無事に復活出来ましたからね・・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2042-9561cefe
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |