プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


26.新屋高校

 A/ダフニスとクロエ第二組曲より

 このブログでも何度も登場している1982年の仁賀保高校の矢代秋雄/交響曲の
 伝説的名演・・・・
 あの素晴らしい演奏の指揮者の先生が高野豊昭先生だったのですけど、
 その後は・・・・
 秋田県の吹奏楽がマンネリ気味の低迷期を迎えていて、秋田県代表のチームが
 全国大会に出場しても金賞は全然取れない・・・
 その関係で、東北大会に進める秋田県代表の演奏は、従来の3~4チームだったのが2チーム程度に
 なってしまったため
 (確か・・・当時の規定では全国で金を受賞すると翌年の県代表の枠が一つ増えていたような気が・・・)
 秋田南と花輪の「二大巨人」によって県代表の枠が独占され
 中々仁賀保は東北大会すらも進めない時代が長く続いていました・・・

 だけど・・・・

 1990年代以降に一時的に秋田南が失速してし、更に花輪の小林先生が花輪を離れられて以降は
 秋田県の代表の枠が一個空くことになり、
 その頃、仁賀保から新屋に転任された高野先生が
 ようやく本領発揮できる立ち位置に座った事もあり、
 ここから高野先生の真価が発揮されていったような気がします。

 私の個人的な感想なのですけど、

 高野先生は・・・・

 矢代秋雄・三善晃等の邦人作品とロシアものとの相性は抜群に優れたものがあると思います。
 ま・・・、このあたりは・・・・
 高野先生の仁賀保でのB部門時代とか
 1980年の東北大会A部門でのファリアの「三角帽子」の素晴らしい演奏の頃から
 高野先生の演奏を当時の実況録音のレコードを通して知っている私が感じた事ですので・・・・
 特に・・・・
 残念ながら全国には進めなかったのですけど、
 1985年の「火の鳥」を聴いてしまうと・・・・
 「あーー、やっぱり高野先生とロシア物の組合せは鉄板だな・・・」としみじみ感じてしまいます・・・・
 後年の、1992年の「ガイーヌ」とか93年の「ペトルーシュカ」何か
 このロシア物シリーズの頂点にくるような素晴らしい演奏だと思います。

 だけど・・・・・

 高野先生は、結構フランス物も大好きだったようで、
 仁賀保時代にもドビュッシーの「イベリア」とかを取上げたり
 新屋でも、ダフニスとクロエ・寄港地・スペイン狂詩曲を自由曲に選んていますけど、
 正直・・・・
 「スペイン狂詩曲」以外は・・・・
 申し訳ないですけど、あまりいい演奏とは感じません・・・・
 高野先生の持ち味は・・・・
 やっぱりあの切れ味とスピード感だと思います。
 それがフランス物の「繊細さ」とは・・・・何か少し方向性が違っているのかな・・・・とも
 思ったりもします・・・・
 ま、このあたりは人それぞれの感じ方に起因するものなのかもしれませんけどね・・・・

 この年1990年のダフクロは、新屋高校としては全国大会初出場・・・・

 感想は・・・・・

 課題曲A/ランドスケイブは高野先生らしい「スピード感」はよく出ていたと思いますけど
 中間部が少しゆるい印象・・・
 自由曲のダフクロは・・・・意外とサウンドがもたもたしているというのか、
 細かいところの仕上がりが幾分不鮮明(特に夜明けの木管の細かい動き・・・・)であり、
 もっさりし過ぎて「ファンタジー感」が薄い・・・・という感じですね・・・・
 「全員の踊り」の流れも何か部分的にギクシャクして、何か演奏が少し固い印象・・・・

 ま、初出場ですしね・・・・

 だけど、新屋は・・・・翌年の三善晃/交響三章の演奏は・・・・・
 いかにも高野先生らしい演奏になっていましたね・・・・
 その点は、「さすが・・・」としか言いようがないと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2040-aa6f2c9e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |