プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3/8の「Go! プリンセスプリキュア」においては、
勿論この日の本編には登場する訳はないのですけど、
何か「影の主役」がハートキャッチの花咲つぼみだったような気もします・・・・(笑)

だって・・・・

あんな本編で何度も何度も「つぼみ」というワードが連呼されまくっていましたからね・・・・

ま・・・、確かに現段階では、
みなみときららは既に「大輪の花」が咲き誇っているような感じすらするのですけど、
はるはるは・・・・
うーーーん、やっぱり「つぼみ」ですよね・・・・
だけど・・・・
やっぱり・・・・
何度見てもはるかは、無限の可能性を秘めたつぼみなんですよね・・・・
あの回では、みなみがはるかの事を「遅咲きでも・・・・」とか言っていましたけど、
ま、「遅咲き」の名に相応しいのは、むしろ前作/ハピネスのめぐみの方だと思うのですけど
はるかは・・・・
ま、確かにあの二人の大輪の花に比べると・・・、ま・・、確かに多少は見劣りするかもしれないのですけど、
いずれ・・・
あの二人に負けず劣らずの大輪の花は、間違いなく咲かせる事でしょう・・・・

はるはるは・・・・何か色々な人たちに・・・・生徒達やミスシャムールばかりでなく、
初登場の敵幹部のロックすらにも
「つぼみ」と言われまくっていましたよね・・・・
何かあれを見ていると・・・・・
ハートキャッチの花咲つぼみが・・・・
「えーー、今日はなんだか一日くしゃみばかりしているのですけど・・・・・
誰か私の事を噂しているのでしょうか??
またえりかが私の悪口言ってるんでしょうけど・・・・
はーくしょん・・・、
何かさっきから誰かから呼ばれているような気もするのですけど・・・」と
呟いているような光景を何か妄想してしまいますね・・・・・(苦笑・・・)






「ハートキャッチプリキュア」がリアルタイムで放映されていたのは2010年ですから、
既に5年前の作品なのですね・・・
つぼみとえりかにも既に・・・5代に渡る後輩が出来ているのですよね・・・・
うーーん、時の経過は早いものですね・・・

私、ハートキャッチをリアルタイムで見ていた頃は・・・
ホント、えりかが大好きでしたけど、
実は・・・・えりかと同じくらいつぼみも大好きでしたね・・・・!!
だって・・・つぼみって本当に可愛いですからね・・・
ま・・・、確かに序盤は・・・・へたれですし、「史上最弱のプリキュア」と散々コケにされていましたけど、
不思議と・・・
「ポンコツ」という言葉はあまり似合わない・・・・
(ま・・・「ポンコツ」という言葉が一番似合うのは・・・・やっぱりハピネスのひめですよね・・・・・苦笑・・・)

つぼみの魅力って何かな・・・・・

ま、色々とあり過ぎて簡単には語れないのですけど
一言で言うと・・・・
初期の頃の「心の弱さ」から物語が進行するにつけての「飛躍的な成長」というのか、
真摯に自分の「弱さ」と向き合い、それを認めて受け入れる事で
最後の方は・・・・
「心の大輪の花」を一気に満開にさせた・・・・というのが大きいですよね・・・・

ハートキャッチの場合、
えりか・いつきは心に何かしらの「コンプレックス」を抱えていて、それを序盤の段階で
乗り越える事で、
例のプリキュアバレスでの試練もいち早く乗り越える事が出来ていました。
ゆりの場合は・・・・
第一話の段階でダークプリキュアに敗北し、パートナーのコロンも失い、
最後の最後では・・・・
父親のサバーク博士も失ってしまい、
結構この方は・・・・ダメージが大きかったと思います・・・・
普通の神経ならば「悪堕ち」しても全然おかしくないし、そうなったとしても誰もゆりを
攻めることなどできやしない・・・・
事実、ゆり自身もそのあまりのショックの大きさから、
「憎しみの感情」でもってデューンに対峙していたのを
必死で止めたのが、他ならぬつぼみであり、
あの時のつぼみは・・・・・、まさに天使も時には必要となれば悪魔の化身にもなれるし鬼にも
なれるを証明していましたね・・・・
あのシーンで、つぼみは・・・・真の意味で「強く、優しく、美しい」プリキュアになれたと思います。

あれれ・・・、この「強く、優しく、美しく」のキャッチコピーはどこかで聞いたことがあるような・・・・??

ちなみに・・・・

アニメ本編では明らかにされなかったつぼみの「心の花」は・・・・
上北ふたご先生の漫画版で「さくら」である事が明らかにされていましたね・・・・


g6891712.jpg


「ハートキャッチ」と言うと・・・・

やはりどうしても、マリンのイメージがあまりにも強烈ですし、
そうですね・・・・
毎回毎回、えりかが妙な言動ばっかり取っているので、ついついつぼみの印象が薄くなりがちなのですけど
シリーズをよーーく見てみると・・・・
やっぱり「ハートキャッチ」の主人公は・・・つぼみなんですよね・・・・
やはり第二話のあのどうしようもないへたれなブロッサムがいたからこそ・・・・
その後の「心の成長」が実に鮮やかであり
やはり、その対照性が実にドラマチックに描かれていたと思います。

リアルタイムで見ていた頃は・・・・

うーーん、マリン・・・・うざ可愛くて、こいつ絶対頭のネジが4~5本程度外れている・・・・でも面白ーい!!

ブロッサム・・・・、とにかく見ていられない・・・・、初期の頃は、えりかと「二人でプリキュア」という感じだったけど
物語後半につれて・・・、段々と進化し、
最後の方の「心の成長」・「度量の大きさ」は半端ない・・・・
そんな感じでしたね・・・・

私の中では・・・・

歴代プリキュアの中では、「変化球シリーズ」とも思える作品が二つほどあったと
思えます。
一つは「スマイルプリキュア」
あれは・・・・
シリーズでも極めて珍しい「葛藤とか問題提起」がほとんどなく、
平和の身内の中での「小宇宙」という感じの作品だったと思います・
そしてもう一つが・・・・
言うまでも無く「ハートキャッチ」ですね・・・・

やはりハートキャッチで面白かったのは、
歴代プリキュアのピンクは、ほぼ全員、ある意味人ったらしで積極的で明るく元気な・・・というイメージ
なのですけど、
つぼみだけは・・・・そうした要素は極めて低い・・・・
そして歴代の「知性・おとなしめ」という青系プリキュアの伝統を木端微塵にしたのがえりか・・・
何て言うのかな・・・・ハートキャッチの場合、
ピンクと青の役割が完全に逆転しているのですよね・・・

あれは本当に面白い試みでしたし、斬新でしたね・・・・

ま・・、ハピネスでは・・・青系がポンコツ・・・というある意味斬新過ぎる展開も見せてはくれていましたけどね・・・・


g8668197.jpg


最後に・・・・

上記のカードのつぼみがとても意表を突いて面白い・・・・

最近の記事で、
「もしも総勢40人のプリキュアが吹奏楽団を形成したとしたら・・・」なんていう妄想記事を
書きましたけど、
正直・・・・
つぼみのトランペットは・・・・
全く想像できませんでしたけど、
何となく、つぼみのトランペットも面白うそうかも・・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2038-6cbc61ca
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |