FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


3/8の日曜日だったかな・・・?
私、日曜日は出勤日でして、日曜日は普段在宅していない顧客と色々と面談できる機会が多いものでして、
その過程で色々な話を耳にせざるを得ない・・・・
大抵の場合、疲労困憊の状態で帰宅する事になります・・・
ま、そういう場合、私の「疲労」を軽くふっ飛ばしてくれるのが
録画しておいた「プリキュア」の視聴ですね・・・・(苦笑・・・)
ま、プリキュアを見るだけで、ま、その日の嫌な出来事を全部忘れてしまいますので、
我ながら・・・「お気楽な性格・・・」と自覚しております・・・・・(苦笑・・)

そんな中、3/8もそんな感じで、プリキュアを見終わり、
何気なくテレビのリモコンを廻していたら、どこかで聴いたことがあるメロディーが流れていました。
「あれれ・・・、この曲なんだっけ・・・?」と思っていたら
ファリアの「スペインの夜の庭」の最後の方でした・・・・
ちなみに番組は、EテレのNHK交響楽団の定期演奏会の演奏でした。
「あれれ・・・、N響でもこんなマイナーな曲をやるんだ・・」と思っていたら
次の曲もピアノ協奏曲でした。
曲目は・・・・ラヴェルのピアノ協奏曲でした。

この演奏、指揮がデュトワ、ソリストが期待の若手の一人、ユジャ・ワンでしたので、
期待して見ていたら、
期待を裏切らない素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
ユジャ・ワンのグリーンの衣装も素敵だったけど、演奏もキレのあるスピード感+躍動感+しっとり感で
大変充実していたと思います。
ま・・・演奏はよかったけど、カーテンコールでのお辞儀は・・・・少しというかかなりぎこちなく何かヘン・・・・??
何かあのお辞儀の仕方は・・・・
かつてデュトワ指揮/N響とショパンのピアノ協奏曲第一番で共演したアルゲリッチと同じくらい
ヘンなぎこちないロボットみたいなお辞儀でした・・・・(苦笑・・・)

ま、それはどうでもいいとして・・・・

ラヴェルの「ピアノ協奏曲」第一楽章冒頭は・・・・
いきなり「ムチ」のバシッ!!という鋭い音から開始される意表を突くスタートとなります。

あ・・・・「ムチ」といっても、その・・・・
別に拷問道具(?)のバシ! バシッ!!という「ムチ」では勿論なくて
何と言うか、拍子木のと言うのか
木製の二本の細長いステック状のものを叩き合わせて
「バシッ」という音を出す一つの純粋な「打楽器」の事です。


この第一楽章の冒頭で、この「ムチ」がバシッと叩かれていきなり曲が開始されますので
ピアノ奏者もバックのオケも大変だと思います。
最初にこの曲を生で聴いた時、
その「意外さ」にドキモを抜かれたものですし、
「何じゃこの曲・・・まるで猫だましみたいな曲だな」とも思ったものでした。
随分昔に、お相撲さんの舞の海が、立会いの時に、相手の意表を突くために
目の前で急に手のひらをバーンと叩いて音を出して、相手をびっくりさせてその隙に
上手を取るという戦法がありましたが、
まさにクラシック版猫だましという感じです。

この「ムチ」は第三楽章でも再度使用されます。

ラヴェルのピアノ協奏曲は、全般的には第一・第三楽章の才気煥発的な茶目っ気
第二楽章のファンタジーの対比が非常に面白く、
18分程度の短い曲なのですが、聴かせどころ満載の曲です。
特に第二楽章のコールアングレの長いソロは、奏者の腕の見せ所ですし、
その陶酔感たっぷりの夢心地にはホント、うっとりさせられます。
私、本当にこの第二楽章のコールアングレのソロ大好きなのですよね・・・・

だけどその第一楽章のいきなりの冒頭にあの「ムチ」を使用して、初めて聴く人に「ドキドキ感」を
与えるあたりはラヴェルのいたずら心も感じさせてくれますね。

ちなみに・・・・

第三楽章のメロディーラインは、映画「ゴジラ」のあのゴジラのテーマ音楽とよーーく似ているような
気もします・・・・

そうそう・・・・

このラヴェルの「ピアノ協奏曲」ですけど、CDを聴いただけでは多分わからないと思いますし、
実際の生の演奏を聴くとよく分かるのですけど
実はオケの編成は実にコンパクトな小編成です。
(同時期に作曲された「左手のためのピアノ協奏曲がんなりの大規模編成であるのとは
極めて対照的です・・・)
管楽器は・・・・
エスクラ・クラリネット・フルート・オーボエ・コールアングレ・トランペット・トロンボーンは
各1本だけです・・・
チューバはありません・・・
ファゴットとホルンのみ2本です。
打楽器は・・・・
大太鼓、小太鼓、シンバル、タムタム、トライアングル、ウッドブロック、ムチの各種楽器を基本的には
2人の奏者が掛け持ちで担当します・・・
(第三楽章は・・・・打楽器奏者は大忙しですね・・・・)
第三楽章のファゴットのあの驚異的に早いパッセージは・・・・
うーーん、あれは人間の限界を超えている早業なのかも・・・
あんなのクラリネットで吹けと言われても・・・・多分・・・私は絶対に吹けないかも・・・・(苦笑・・・)

「ピアノ協奏曲」も「左手のためのピアノ協奏曲」も、ま・・晩年の「姉妹作」みたいなものなのかもしれませんけど、
ピアノ協奏曲は、茶目っ気に溢れた才気煥発な作品
左手・・・・は・・・・うーーん何か陰気な感じ・・・というのが
何か対照的で面白いですね。

「左手のためのピアノ協奏曲」は、どちらかというと「暗い感じ」というか「暗雲」みたいな
ものも感じます。
前述の通り、オケの編成もかなり大規模て、ピアノ協奏曲とは対照的な感じもします。
全般的に、ジャズ的なリズムの面白さも感じますし、打楽器の扱いもかなり自由なものを
感じます。
個人的な感想なのですが、
舞踏詩「ラ・ヴァルス」の世界に似ているものを感じます。
ラ・ヴァルスも一見華やかにも感じる反面、相当「根暗」的要素も感じられます。
ラストの転落するように終わる感覚は、この世の「明」を全て剥がし取って地獄に
真っ逆さまに落ちていくという感覚に近いものがあるのですが、
まさしく「左手」もそうした世界に近いものがあるようにも思えます。
出だしのドロドロした感じは、ラ・ヴァルスの出だしの感覚にも何となく似ているようにも
思えますしね・・・・


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2035-69b4155b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |