プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


アメリカの作曲家、ガーシュインと言えば・・・・
やはり代表曲は「ラプソディー・イン・ブルー」でしょうね。

ガーシュインと言うと、音楽史的には・・・・・
クラシックとジャズを融合させた「シンフォニック・ジャズ」という分野を確立したお方という事なのでしようけど、
実は・・・・
ガーシュイン自身は、元々の生まれは決して裕福ではなく、正規の音楽教育はまともには受けていないため、
「ラプソディー・イン・ブルー」を作曲当時は
どちらかというと、ポピュラー音楽の分野での人気ソングライターとして曲を書くという事を主にしていて
クラシック音楽の分野は決して近い存在ではありませんでした。
だから・・・
せっかく「ラプソディー・イン・ブルー」の原曲を譜面に残せたとしても
それをオーケストレーションできる力が当時のガーシュインには無い・・・・
そのため・・・・
泣く泣く管弦楽用へのアレンジを
組曲「グランドキャニオン」で有名なグローフェに依頼せざるを得ない・・・というのが実情でした・・・・
想像ですけど・・・・
自分でオーケストレーション出来なかったのをガーシュインはとても悔しく思ったかもしれませんよね・・・・

そこで・・・・

1928年の春に思い切ってパリに長期間、休養を兼ねてヨーロッパの著名な作曲家達に
「改めてクラシック音楽を教えて貰おう・・・」と
西洋音楽の勉強をイロハから学ぶつもりだったらしいのですけど、
指導を乞おうとしたラヴェルからは・・・・・
「君は既に一流のガーシュインだ、二流のラヴェルになる必要はない」と指導を断られ
ブーランジェからは・・・・
「あなたは既に大変な才能と実績を持っている。私はあなたの才能を壊したくない・・」とやっぱり指導を
断られ、結果的にガーシュインは・・・・改めて我が道を行く事になります・・・
つまり・・・・
結局は独学でオーケストレーションを勉強し、
パリ旅行中の成果として、自分で曲を生み出し、それを自分の手で全てを楽譜化したのが
この「パリのアメリカ人」なのです。

だから、ガーシュインにとってはこの「バリのアメリカ人」という曲は
実質的に初めてオーケストレーションを含めて全て自力で作曲した初のクラシック音楽と言える事も
出来ると思いますし、
その分思い入れもあったのかもしれませんよね・・・・

この「バリのアメリカ人」なのですけど、
曲を一言で言うと・・・・
「パリに観光に来たアメリカ人の情景と感情」の描写という事だと思います。
ま、一種の交響詩形式なのでしょうね。
曲自体は大きく分けると下記の三つの部分から構成されていると思います。

1.弦と木管楽器が軽快なステップを踏む「フランス風」の旋律を中心に構成

2.トランペットがやや憂鬱気味に吹くブルース風の旋律を中心に構成

3.いかにもジャズ風なスウィング風の旋律を中心に構成

この曲は出だしからすごーく楽しいですよね。
いかにも「バリ」みたいな雰囲気に溢れ、
途中、パリの繁華街の交通渋滞とか喧騒を象徴させるタクシーのプップーというクラクション音が
何度も登場しているのが大変ユニークです。
私、この「ラプソディー・イン・ブルー」は、
管弦楽団で一回、プロの吹奏楽団による吹奏楽アレンジ版で一回の計2回生で聴いたことがあるのですけど、
(オケは、新星日響 吹奏楽団は、なんと・・・あのパリギャルド・・・!!)
二度ともサントリーホールのP席という、オケの真後ろという位置で聴き、
しかも・・・・
2回とも目の前が・・・・
例のクラクションの警笛装置でしたので、
何かホント、目と鼻の先で打楽器奏者がブッブッーと派手に鳴らしていましたので
余計に印象に残っています。

途中、ヴァイオリンソロによる大変しみじみとしたメロディーが展開されるのですけど、
多分、あれは・・・・
「早くアメリカに戻りたい・・」というガーシュインのホームシックなのかもしれませんよね・・・
最後は華々しく響き渡り華麗に終わります。

そうそう・・・・この曲ですけど、管弦楽曲なのですけど
アルトサックスが3本も加わり、
これがいかにも「アメリカのジャズ」みたいな雰囲気を醸し出しています。

さてさて・・・・

この「バリのアメリカ人」は大変な人気と好評を博します・・・・・

それに目を付けたのは・・・・・

フランスの作曲家、ミヨーでした・・・・

ミヨーは、「バリのアメリカ人」に対抗して「ニューヨークのフランス人」という曲を作曲しますが、
これは・・・・・
全く受けませんでしたし、
全く演奏されませんし、CDもほとんど出ていません・・・・

ま・・・・これはいかにも「二匹目のドジョウ」戦略ですね・・・・(苦笑・・・)

ちなみにこの「ニューヨークのフランス人」ですけど
その構成は・・・・

1.ハドソン河上の霧のニューヨーク
2.修道院
3.セントラル・パークの馬車
4.タイムズ・スクエア
5.屋上庭園
6.ヤンキー・スタジアムの野球

なそうです・・・・(聴いた事ないからどんな曲なのか皆目見当つかないですけど・・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2033-6af1c973
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |