プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


一つ前の記事が・・・・

なんかいつも以上についつい熱が入ってしまい・・・・(苦笑・・・)
結構すさまじい長文記事になってしまいましたので、今回は短めの補足記事を少々・・・・

今回の話で初登場キャラは3人いましたね。
絶望の魔女、ディスピアは、前回声では既に登場していましたけど、姿を見せるのは今回が初めて・・
なかなか見るからに怖そうなお方ですね・・・・
前作のハピネスのクイーンミラージュは悪の女王でも何か「可愛さ」がありましたけど、
このお方は・・・
うーーん、見るかに怖そうで役立たずのポンコツ部下はマジに切り捨てられそう・・・・
クローズ殉職の日はもしかして近いのかも・・・・??
仮面を付けているから本心はよく分からないけど、何かあの雰囲気はフレッシュの狡猾なノーザを
彷彿とさせるものがありますね・・・

それと・・・・ロック・・・・

この人は前回の予告では「もしかして女の子・・・?」ともふと感じたのですけど
実際は少年でしたね・・・・
何て言うのかな・・・・
あのショタ幹部振り、フードを被り窺う事ができない表情、あのニヒルな感じ、
少し可愛らしくも見える八重歯・・・・
うーーん、何か世のショタ好きお姉様方のハートを既にガッチリと掴んだような気も・・・・??

それとやはりポイント高いのは・・・・ミス・シャムールでしたね。

最初に見た時は「敵幹部の一人なのかな・・・」とも感じたのですけど、実際は・・・・
プリキュア達のレッスン教師でしたね。
見た目は「ネコ」そのまんま・・・・・(笑・・・)
うーーん、あの姿では・・・・
オールスターにおいて、奏に肉球を触られまくりのような予感がありますね・・・・(苦笑・・・)
OPでは人間体としての姿も既にお披露目されていますけど、
あれは・・・多分・・・・
はるか達へのレッスンがある程度消化し、より高度な内容のレッスン時へと移行した際に
あの姿になるのかな・・・??
でもあのミス・シャムール・・・・、なかなか面白いキャラになりそうな雰囲気もありますね。

それと・・・

今回ポイント高いのは、3人としての初めてのプリキュア変身シーンがようやく見られましたけど、
やっぱり、きららがとてつもなく可愛いですね。
フローラとマーメイドの横でクルクルクルクル回転している様子は素晴らしい!!
あのトゥインクルは・・・
またまたあれでハートキャッチされてしまいましたね・・・・






今回のプリキュアの構成は・・・・

優秀な子2人とそうでもない子が1人という構成かな・・・・

だけど一つ前の記事でも書いた通り、はるはるは「ポンコツ」という香りはあまりしないのですよね・・・
「今はダメでも近い将来は必ずやってみせる・・・」みたいな雰囲気を既に予感させてくれていますし、
何よりも・・・
「無限の可能性」を秘めていますよね。

前作は・・・・優秀な子が2人に、ポンコツが2人という構成でしたけど、
中には・・・・
プリキュア5のように、優秀な子が4人に、まるでダメダメな子が一人という構成もありましたけど、
そのダメダメな子が・・・・
多分歴代総勢40人のプリキュア達の「リーダー」に相応しいという気もしますし、
何よりもある意味ドキドキのマナすらも超えそうな「無限の可能性」を秘めていますからね・・・
ま、中には・・・・
「スマイル」のように、出来る子1人に対してボンクラが4人という構成もありましたけどね・・・・
ま、スマイルの場合・・・・
例えば、「どうして勉強するの?」の回とか夏休みの宿題の回とか、「レインボーヒーリング」初登場の回とか
透明人間になーるの回とか
れいかがいないと・・・・
スマイルチーム全滅・・・・という展開がかなり多かったですよね・・・・(苦笑・・・)

Goプリの場合・・・・3人のそもそもの「自立度」が極めて高く
3人としてチームで見た場合、「お互いの良いところを更に補完し合える」とか「共存共栄の関係」とか
かなりレベルの高い関係が期待できそうですね。

今後果たしてどういう「3人としてのチーム」が構成されていくのか、とても楽しみな所です。

今回、戦闘シーンで
トゥインクルが「うちのフローラを甘く見ないでね・・・」とか言っていましたけど
既に本音は・・・・
「私のはるはるを・・・・」という感じなのかな・・・・
あ、それはみなみ様も同じなのかな・・・・
やっぱり「はるはる争奪戦」の展開はあるのかな・・・??


f7ab25bb_convert_20150310144850.jpg


7930c688_convert_20150310144706.jpg


今作のGoプリは、総じて妖精たちが皆何か魅力的・・・・

パフはもちろん可愛いし、
ミスシャムールも中々魅力的なキャラ・・・
そしてアロマがかなりいい味を出しています。
今回も・・・・
「強く、優しく、美しく」と言いながら、強くの部分で力こぶを見せていたのは何かお茶目・・・・
うーーん、最近のインコは喋るだけでなく筋肉も隆々なのですね・・・・(苦笑・・・)
アロマのツッコミは・・・・結構容赦ないし楽しいですね・・・
(アロマはきららに対しても情け容赦なくツッコみますからね・・・・)

最近の妖精たちは・・・・
プリキュア達を補佐するとか見守るという側面が強く、総じてプリキュア達にあまりツッコミを入れない
傾向にあります・・・
その点、初代のメップルはすごかったな・・・・・(苦笑・・・)
なぎさに対する容赦のないツッコミはすさまじいものはありましたし、
たまーにですけど、
「おいおい、メップル、お前は・・・・なぎさ達に光の園を守って欲しいとお願いしている立場だろ・・・」と
ツッコミを入れたくなる時も多々ありましたけど
ま、なぎさもなぎさでして・・・・
多分・・・・歴代プリキュアにおいて、妖精をどついたりつねったりするのは・・・・
なぎさとえりかぐらいなものでしょうね・・・・(苦笑・・・)

ところで・・・・

ミスシャムールは手に指さし棒を持っていましたけど、先端が肉球と言うのがなんともお茶目・・・・
やっぱりあれは・・・・
奏が真っ先に「あれ、欲しい・・・!!」と言い出しそうですね・・・・

ミス・シャムールは、先生ですので仕方ないのですけど、やや上から目線な面も無くは無いのですけど
あれは・・・・
現時点で既にある程度の優秀さを有している今作のプリキュア達を
内部的成長以外の外部的側面から導いていこう・・というスタンスなのかな・・・
言うならば・・・
既に優秀&聡明だったドキドキのメンバーの成長を促す意味でキュアエースという「外圧」を
呼び込んだのと理屈は同じなのかな・・・??



524cff22-s_convert_20150310144607.jpg


「私はまだつぼみ・・・」とか「また、つぼみと言われちゃった・・・」と言うはるかですけど、
なーーに、5代前の花咲つぼみ先輩だって、
初期の頃は・・・・はるかの足許にも及ばないポンコツのへたれの史上最弱プリキュアでしたけど、
一年間を通して、
最後は・・・・
最終決戦時にゆりすらも叱りつける「心の強いプリキュア」として立派に成長し、
最後は立派に「大輪の花」を咲かせていましたので
はるはるも・・・・最終決戦時には・・・・「素敵なプリンセス」として立派に成長しているのでしょうね・・・
ハピネスの最終決戦が終わってまだ一ヶ月程度なのに、
既に最終決戦時の頃の3人(その頃は4人・・・・??)の成長も
また楽しみですよね。


219a0295_convert_20150310144543.jpg



ロックに「地味・・・」と言われてしまうフローラ・・・・・(苦笑・・・)

ま、確かに・・・現段階では「強く、優しく、美しく」の要素の内、優しく以外の二つの要素は・・・・
まだまだフローラは足りないのかな・・・・
それを補う形で、ミスシャムールのレッスン等があるのかもしれませんけど、
それ以上に「人として大切なもの」を学ぶことで
それ以上のものを得ていくのかな・・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2031-740ac03f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |