プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今回の「Go! プリンセスプリキュア」は、いわゆる物語全体の背景の説明のお話・・・・
だけど単なる説明話で終らせず、
この物語が最終的に目指している方向性が見事に丁寧に提示されていて、
大変好印象です。
というか・・・・
全体に「Go! プリンセスプリキュア」は序盤から大変丁寧なストーリー展開をしている印象がありますね。

今回強く感じた事は・・・・・

これは歴代プリキュアではあまり例が無かったようにも思えますけど、
従来は・・・・
人間世界とは「別次元」の世界の妖精の国が危機的状況に陥り、その「救済」を人間世界の中の
プリキュアに託し、
妖精たちは・・・・「あとは任せたぞ・・・!!」みたいな立ち位置にいる事が多かったような気もします。
(ま、その妖精さん自体・・戦闘能力的にはほとんど役立たず・・という事がほとんどですからね・・・・)
今回のGoプリの場合、基本的にはそうした方向性を継承しつつも
そこに重要な要素を盛り込んでいるようにも思えます。

カナタの立ち位置としては・・・・

「12個、残り9個のドレスアップキーを見つけて、3人が真の意味でのプリキュア、つまりグランプリンセスに
なる事でこのドレスアップキーを使えば
自分達の故国が復活する可能性が高い
だから何とか自分達の国の救済に手を貸して欲しい」という事なのだと思います。
ここで大切な事は・・・・
カナタ自身、今現在は故国を離れず、一人残留し、
多分・・・・ゲリラ戦を仕掛けつつ、現在進行形で「戦っている」という事だと思います。
つまりその意味では、カナタとプリンセスプリキュアの3人は、ある意味既に
「目的意識が共有された戦友」とも言えるの思うのです。

ま・・・・、その点・・・・
前作のどこかのクズ神様が・・・・
サイアーク世界侵略の原因を作り出したのは他ならぬこのクズ神様自身なのに、
自分自身は・・・・
当事者であるはずなのに、戦闘の第一線に加わらず、大使館で鏡を通じて見ているだけ・・・・
つまり「傍観者」なのですよね・・・・

そのあたり、既に共にプリキュアと戦っているカナタとはエライ違い・・・・

なんか今作のプリキュアは・・・・
同じような立ち位置でありながら、随分と前作と違って共感度&人気が得られそうな王子様ですね・・・・

そして、ここからが重要な要素なのですけど、

はるかにとっては・・・・

プリキュアとして戦う意義・理由は、カナタと既に共有しているのですけど、
更にその上で、
はるか自身が小さい頃から有していた夢、「私、プリンセスになりたい・・・」を叶える事の
延長線上にあるのが「グランプリンセス」になる事であり、
はるかの立ち位置としては、
これまでの歴代プリキュア達のように自分達の住む人間社会とは異次元の遠い国を救済するという
いわば「代理戦争」としてではなくて、
「自分が叶えたい夢」を叶える事、つまり「グランプリンセス」になる事で
同時にカナタの願いも成就する事が出来るという事になり、
要するに・・・・
自分自身がプリキュアとして成長する事で自分の夢叶える事が出来るし、カナタの願いも叶う事が
出来るという事で
妖精側にとってもはるかにとってもお互いに「メリット」があるという事なのですよね。

これまでのように「頼まれたから傭兵的な立ち位置からプリキュアとして戦う」という側面を
もう少し発展させ、
「プリキュアとして戦う事」が「自分の夢を実現化させる一つの手段」になっていて
「戦う動機」をきちんと描いているような印象がありますね。

「何のためにプリキュアとして戦っているのか・・・?」

それは・・・

自分がこれから色々と試練を受け、レッスンを受けながら、真の意味でのプリキュアになる事で、
(つまりグランプリンセスになる事)
自分自身の小さい頃からの夢と憧れを実現化でき
同時にカナタの国も救済する事が出来る・・・・
いわば一石二鳥という感じですね・・・
はるかはプリンセスを夢見ているし、カナタもプリンセスを必要としています。
この場合の「プリンセス」とは・・・・
はるかはお姫様、カナタはプリキュアという事で解釈できるのですけど、
要は両者の思惑が合致して「プリンセスプリキュア」・・・・・

うーーん、なかなか上手い構成ですし、はるかのプリキュアとして戦う動機がこれで明確になった事で
物語はスッキリと進みやすい感じがありますね。
何よりも・・・・
「プリンセスプリキュア→グランプリンセス」を目指すことは双方にとって「メリット」がある事は
大変大きいようにも思われます・・・・
この点・・・・
歴代プリキュアでは今一つ曖昧な部分でもあり、
どちらかというと主人公の「優しさ・心の広さ」から
そうした「代理戦争」に巻き込まれても全然OK・・・という感じだったのですけど、
この点を・・・・
Goプリは大変丁寧にかつ巧妙に仕組んできたと思いますね・・・・

ま・・・・

前作/ハピネスチャージにおいては・・・・物語が始まっていた頃は既に世界はサイアークに侵略され
めぐみ達にとってはプリキュアとして戦う動機は「代理戦争」としての要素ではなくて
自分達のため・・・という側面が強かったのですけど
あまりにも・・・・
その・・・神様が・・・・共感を得られない立ち位置であったため、
今作は・・・・
その点の「反省&教訓」を含めて、カナタに比較的共感度を得やすい要素を盛り込んできたのかも
しれませんよね。

今回、カナタが「あ・・・なんか素敵だな・・・」と感じた事の理由として
最初にみなみ・きらら達と話す機会を持てた時に
「君たちを巻き込んでしまい申し訳なく思っている・・・」と謝罪から始めている事が
なんか「あ・・・、この人、できるな・・・」とも思ってしまいましたね・・・・

うーーん、くどいようだけど、やはり前作のクズ神さまとはえらい違いだ・・・・(苦笑・・・・)






以前の記事で・・・・・

「Goプリ内のプリキュア間格差が生ずるかも・・・」と書いたことがありましたけど、
その杞憂が・・・・
早速現実のものになってしまいましたね・・・・・(笑)

あ・・・・、でもそれは現時点では仕方が無いと思うのですよね。

だって・・・・

相手がみなみ様ときららですよ・・・・

確かに「人たらし」で素直で大変魅力的なキャラのはるかですけど、
現時点では・・・・
みなみときららに太刀打ちできる訳がないですよね・・・・・

でもね・・・・

不思議なんですよね・・・・

前作/ハピネスチャージの時は、何か一年間を通して散々めぐみとひめの事を
「ポンコツ、ポンコツ」と言い続けていたような気もするのですけど
はるかは・・・・
不思議と「ポンコツ」という言葉があまりしっくりこないのですよね・・・・
というか、あまり「ポンコツ」には見えない・・・・

それは・・・・

やっぱり「夢」を持っている子のある意味「強さ」なのかな・・・・・??

確かに・・・・

現時点においては、
みなみときららは・・・・既に完成されたといっても決して過言ではない二人の「大輪の花」という感じも
するのですけど、
はるかは・・・・
ものすごーーく「大きな可能性」を秘めた「つぼみ」なんですよね・・・・

この子の可能性は・・・・

ある意味、プリキュア5ののぞみとかドキドキのマナクラスの「無限の可能性」を
感じさせるのですよね・・・・

ま、だから今は多少ダメダメでも・・・・

なんかすさまじい可能性を秘めたつぼみですよね・・・・


903c82b0_convert_20150310144641.jpg


3a31de55_convert_20150310144452.jpg


私自身が今一番注目している事というのは・・・・

例えば、今回のミス・シャムールによる「プリンセスレッスン」の一つの「午後のお茶会」の段取り
についても
みなみ様ときららは既にほぼ完璧・・・・!!
今後のレッスン予定だろうと思われるダンス・料理・礼儀作法・武道・勉強なども
多分・・・・問題なくクリアできると思われます・・・

それでは、既に現時点でもう「プリンセス」の称号に相応しいみなみときららに
足りないものは何なのか・・・・
今後二人が更なる「成長」をする過程で、どういう事を具体的に目指していくのか・・・・
その点は期待しながら見守っていきたいと思います。

Goプリの三つのキーワードが「強く、優しく、美しく」なのですけど、
その三つを兼ね揃えてはじめて「プリンセスプリキュア」の称号に相応しいという事なのでしょう・・・
ではそれが具体的には何なのか・・・・
そのために必要なものが友達と夢ということなのでしょうね。
夢の実現に向かって頑張っている友達をしっかりと守りたい・・・・
そして・・・
そういう自分自身も夢を大切にし、同時に友達から支えられている・・・・
そしした伝統的プリキュア的要素を加味しながら、この物語は一年間でどんな「未来へ羽ばたいていく女の子」を
提示していくのか・・・・

とにかくますます先が楽しみな展開になってきましたね。



縺、縺シ縺ソ_convert_20150310144936



g6626774.jpg


さてさて・・・・

今回のお話は随分と「つぼみ」という言葉が出てきましたね・・・・

今回初登場のロックもそう言っていましたね・・・

なんか・・・・・

ハートキャッチの花咲つぼみが
「私の事を呼びました・・・・? さっきからくしゃみが止まらないのですけど・・・・」と
言いたそうな展開でしたね・・・(苦笑・・・)

振り返ってみると・・・・・

歴代プリキュアで「花のプリキュア」と言うと
SSのブルーム、今作のGOプリのフローラ、そしてハートキャッチのブロッサムがいましたけど、
感覚としては・・・・
ブルームは・・・・
満開のひまわり娘!!という印象ですね。
フローラは・・・、うん、いかにも「つぼみ」という感じが現段階では相応しいのですけど
いずれ大輪の花を咲かせる事でしょう・・・
そしてつぼみは・・・・・
うーーーん、序盤の頃は・・・・つぼみどころか、あれは・・・「ふたば」ですね・・・・(苦笑・・)
ま、ふたばは・・・・後日誕生したつぼみの妹の名前ですけどね・・・

ま、だけど、つぼみの場合は・・・・・
物語を通して、「心の大輪を咲かせた・・・」というイメージが大変強いですね。


49f5ff49_convert_20150310144515.jpg



はいはい・・・・・今週の残念な人・・・・・

うーーん、クローズは既に「クビ要員」じゃないのかな・・・・

絶望の魔女、ディスピア様は・・・・結構怖いかも・・・・・??

ところで・・・ディスピアの胸元は・・・・何か鍵穴がありますけど・・・・
やっぱりあれって・・・・
最後は、あの鍵穴にドレスアップキーを差し込めば・・・・
「いい人」になったりするのかな・・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2030-794306d6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |