プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


23.八戸工大第一高校

 C/バレエ音楽「ロメオとジュリエット」

 私、以前も書いたと思いますが、生まれ自体は
 実は青森県八戸市です・・・・
 ま、住んでいたのは4歳ぐらいあたりまでですので、
 正直八戸の記憶はほとんど無いです・・・・
 強いて言うと・・・・
 海岸の砂浜で、やたらカモメなのかな・・・・
 とにかくすさまじい数の鳥が漁師さんが海岸沿いに放り投げたようなイカのはらわたを
 食べ漁っている・・・・
 何かそうした光景らしきものは・・・・ぼんやりと覚えています・・・・

 だから・・・

 こうやって吹奏楽コンクール全国大会に、青森県代表、特に八戸市内の学校が出場すると
 何か嬉しいというのか、
 思わず「頑張って・・・・」みたいな感覚でついつい聴いてしまいますね・・・・
 八戸市内の学校って、例えば湊中とか八戸第三中とか八戸北高校とか
 この八戸工大第一のように
 結構レベルは高いのですよね・・・
 こうやって八戸市内の学校が普門館で演奏するだけで、なんか少し「じーん」と感じてしまうのは
 やはり「郷愁」というやつのせいなのかもしれませんよね・・・・
 (最近、自分のブログでやたらと4月から放映開始予定の「浦和の調ちゃん」というアニメを
 取り上げているのと理屈は同じなのかもしれませんよね・・・
 やっぱり人ってなんだかんだ言って「地元愛」はあるのかもしれませんよね・・・・)

 ま・・・・だけど・・・・・

 正直、演奏自体は申し訳ないけど、冴えない演奏でしたね・・・・(苦笑・・・)

 課題曲C/カタロニアの栄光は、やはりもう少し「鋭い響き」が欲しいところ・・・・
 何かほんわりとして、「なんか微妙にゆるくまとめてきたな・・・」という印象でしたし、
 木管、特にクラリネットセクションの「甲高い響き」が何か今一つ締りが無いように聴こえたのは
 致命的なのかも・・・・
 自由曲の「ロメオとジュリエット」は・・・・
 うーーん、何かヘンなカットをしていましたね・・・
 確か私の記憶では・・・・・
 「モンターギュ家とキャピレット家」を中間のフルートソロあたりから唐突に開始させ、
 そのまま「ジュリエットの墓の前のロメオ」に入り、
 確か最後は「タイボルトの死」の部分で締めていたような気が・・・??
うーーん、たけど印象は薄い・・・・
 何か「残るもの」とか「訴えかけるもの」があまり無いのですよね・・・・
 何か淡々と吹いていた・・・という感じですね・・・

 ま、全体としては、初出場の1988年の「サロメ」よりは数段進歩していたと思います。
 だけど、88年の方は銀で、この年は銅なのですよね。
 何か感覚としては、88年と90年の評価は逆でもいいような気もしますけど、
 正直、1990年の高校の部は、とにかく全体のレヴェルが高いから、銅賞は仕方ないな・・・
 という感じの演奏ですね・・・・

 余談ですけど・・・

 このチームは、1987年の東北大会の演奏は聴いたことがあります。
 その年の課題曲が、ポップス系の課題曲D/ムービング・オンでしたけど、
 あれは・・・・結構楽しい仕上がりでしたし、ドラムス担当が大変ノリノリに生き生きと叩いていたのが
 極めて印象的でした。
 ホント、「音楽が生きている」という感じでしたけど、
 ああいう感覚を全国大会でも披露していたら、もっと違う評価になっていたような気もしますね。

 ま、それだけ「全国大会」の演奏は難しいものがありますし
 野球の「甲子園」と同様に、「普門館」には・・・・
 多分・・・・「魔物」が住んでいますから・・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2028-84b1d560
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |