プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の記事の中でも書いたのですけど
自分の中では、「Go! プリンセスぷりきゅあ」のはるはるというか・・・春野はるかの評価は
まさしくうなぎ上りに急上昇中・・・・!!

前作/ハピネスチャージにおけるメイン登場人物2/4がポンコツであるのに対して
(ま・・・プリキュアの場合、そうしたポンコツ主人公の成長のドラマが最大の見どころではありますけどね・・)
Goプリは・・・・
「ドキドキプリキュア」みたいにメンバー全員が優秀で聡明・・という程ではないのだけど
全員が何かこう・・・・
「自立」をしている・・・・・
そういうイメージが強いですね・・・・

はるかは・・・

とてつもない人たらっしではありますけど、元々が大変素直ないい子・・・・
こういう子は、身近に何かとてつもない「良いお手本」があり、
「この人達に少しでも近づきたい・・」とか「この人達の更に上を目指して頑張りたい・・」と
思える事で
更なるステップアップが展開されていくと思われます。
みなみ様の優しさとか中立公平さ、きららの強烈な上昇志向・・・・
今はこの二人を「憧れの眼差し」でうっとりと見つめている程度なのですけど
やがてこの二人を「当面の目標」として見つめた場合・・・・
何かはるかは、更に途方もない「飛躍」が約束されているような気もします・・・・・

この子の「可能性」は何かとてつもなく無限なものを感じますね・・・・

きららもすごい・・・・

この子の元々持っている「貪欲な上昇志向」とか「プロ意識の高さ」とか
「自己を律する厳しさ」は、ある意味、諸刃の剣・・・・・
悪い方向に行くと・・・・
「周囲との無用な軋轢」を生んでしまう可能性もある訳なのですけど
はるか・みなみという「仲間」を持つことによって
きららは更にどのような「変化」を今後見せてくれるのか・・・・それはなんかすごーーく楽しみでもあります。

それと・・・・

きららって・・・・

現況、寮では・・・・相部屋ではなくて「個室」なのかな・・・・??

もしかして・・・・

今後「4人目のプリキュア」が誕生した場合、その人がきららとの相部屋になる人なのかな・・・・??


みなみは・・・・

現時点で既に「完成されているキャラ」みたいな感じもありますけど
そうならないのが「青系プリキュア」の宿命・・・・
果たしてみなみは・・・・
今後どのような試練が待ち受け、それによってどのような更なる「成長と進化」があるのか
ある意味、きらら以上に楽しみではありますね。

うーーーん、何かGoプリの三人は・・・・想像以上にレベルが高い・・・・!!
(一年前のハピネスの第6話は・・・・ひめがリボンが作ってくれたご飯が嫌だとぐずり、
 パンケーキ食べたーいと駄々をこねる回でしたから・・・・
 うーーん、何という出来の悪い先輩たち・・・・・という感じなのかな・・・・苦笑・・・)



縺ッ繧九・繧祇convert_20150306232105


はるかの声を演じている声優さんが大変よい仕事をしているせいもあると思うのですけど
あのはるかの少し舌足らずで甘いあまえたような感じの声が
実にいいですね・・・!!
何かいかにも「甘えん坊の妹」みたいな声質で
実にはるはるにマッチしていると思います。

前回の話で・・・・

はるはるの行動を見ていてきららは・・・・

「自分の力を120%にまで高めてくれるはるはるのために・・・・自分はプリキュアとして
精一杯やってみよう・・」と思ったでしょうし、
甘い妹みたいな声でバレエのレッスン時にみなみに教えを乞うはるかの声をバックに
スタスタと歩くきららは・・・・
何だか・・・・
「はるか争奪戦」のゴングがここでカーーンと鳴ったようにも感じらますね・・・

ああいうはるかの「甘え上手」・「本人無意識の人ったらし」は・・・・
これはある意味恐ろしい武器かもしれませんよね・・・・

もしかして・・・・

敵幹部の救済とか4人目の追加戦士登場の際には・・・・あの天然の武器が
遺憾なく発揮されるかも・・・??

ま、歴代プリキュアにもはるかのような「人たらし」は一杯いましたし、
特に、なぎさ・咲・のぞみ・ラブ・響・マナ・めぐみはその典型なのかもしれまんよね。
ま、マナの場合は・・・・マナちゃんハーレムなのかな・・・・??
みゆき達、「スマイル」は少し特殊例と言うか、プリキュア5人が全員同学年同クラスという特殊環境のため
どちらかというと・・・
身内と言うか、「自分達だけの小さな世界」という「小宇宙の中でのお話」という印象もありましたね。

だけど・・・・

面白いのは、はるかの場合・・・・

年下という観点からの「人たらし」という事ですね・・・・

考えようによってはこれはすごい事・・・・

はるか自身は無自覚でも、年下の立ち位置から周りにいる人達をどんどん巻き込んでいってしまうのは・・・
これはある意味「天性」のものなのかもしれませんよね・・・・
メンバー3人は自立性が高い・・・・
そうした中で、既に聡明さと上昇志向の強い二人のメンバーと二人の美点を素直に吸収できる一年生・・・・
この組合せは一体どんな「化学変化」を見せてくれるのか・・・・
とにかく何かと期待で一杯のプリキュア達ですね・・・・!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2022-2f0d3060
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |