プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「スイートプリキュア」の最終決戦ってかなり大好きでしたね・・・・
歴代プリキュアにおける「最終決戦」はかなりの激戦の場合もあれば
意外とそうでもない場合もありましたけど、
特に、SS・フレッシュ・ハートキャッチ・スイートの激戦はかなり印象に残るものがあります・・・・
特にハートキャッチの場合は・・・・・
ゆりの父親でもある「サバーク博士」がデューンによって殺害されてしまい、
その悲劇性もあり、最終決戦としては、かなり密度が高かったのが印象的でありますし
特に特に・・・・
ブロッサムの
「月影ゆり!!」と初めて呼び捨てにしたりとか
「憎しみからは何も生まれない!!」の名言があったりして
とても濃い内容でしたね・・・・

スイートの場合は・・・・

最終決戦としては・・・・・かなりヤバい状況でしたね・・・・
だってあの状況下では・・・・
プリキュア以外の援護者が皆無・・・・
最終的には・・・・誰の手助けも借りずに「プリキュア」だけで何とかしろ・・・!!という感じに
なってしまいましたからね・・・・・

ま、それだからこそ・・・・

シリーズを通して屈指の感動的な最終回、「戦闘シーン」が全く無い最終回へとつながる訳
なのですけどね・・・・
ま、この事は既に何度も述べていますけど
最終的には・・・・ノイズが再度ぴーちゃんとして響達の前に現れても
全く動じずに
「幸せも不幸も二つで一つ・・・・不幸も全て受け入れてしまおう・・・」という大変スケールの大きい哲学的な
フィナーレに導けたことは大変印象的です。

振り返って見ると・・・・

「プリキュアは何のために戦うのか?」という存在意義について
「皆の幸せを守るため」というはっきりと明示する形で提示されたのは、スイートが初めてかも・・・・
その意味でもスイートの意義は大きかったですね。
ま、スイートで提示された「皆の幸せを守るため」というのは
ハピネスチャージにおいては・・・・
「皆の日常生活における幸せを守るため・・」という形で更に発展させた形で提示されていたのは
何か・・・・
歴代プリキュアの「継承性」を感じさせてくれるものです。





さてさて・・・・

ここで改めてよく見てみると・・・・キュアメロディ(響)って「吊り目」でしたね・・・・

ピンク系プリキュアでの吊り目は意外と珍しいかも・・・・

今作のGo!プリのピンク系のフローラは、タヌキ顔の典型的タレ目ですからね・・・

やはり「爪弾くは荒ぶる魂・・・」のお人は・・・・・怒れるお顔・・・、吊り目の方が似合っている感じは
ありますね。


05816582_convert_20150305073533.jpg


考えてみると・・・・

キュアビート(エレン)も吊り目でしたね・・・・

この回で一番激高していたのはミューズでしたけど、
ま、ミューズが激高するのは分かりますね・・・
アコにとっては・・・・父親のメフィストと母親のアフロディテが引き裂かれてしまい、家族が一時的に
離れて暮らす原因を作ったのは・・・・
ま・・・他ならぬこのノイズなのですけどね・・・・

ビートもかなり激高していたのは・・・・

やはりアコと同じような理由なのでしょうけど
ビートの場合、メフィスト同様に「ノイズによって洗脳されていた・・・・そんな自分が許せない・・・」という
気持ちだったのでしょうね・・・・

ノイズに色々攻撃を仕掛け
ノイズに色々と文句を垂れているビートに対してノイズが放った一言が・・・・・

「やっかましーわ!!」
というのは・・・・
何か皮肉な話なのかも・・・・・(苦笑・・・・)

ま、このセリフは最終回にて
トリオ・ザ・マイナーが三銃士として戻ってきた時に、再度エレンの口から発されますけどね・・・・

でも・・・・

この「トリオ・ザ・マイナーも何か期の毒・・・・

次回は・・・・ファルセット自身がノイズ本体に取り込まれて吸収させられてしまいますからね・・・・


5dacd5c0_convert_20150305073507.jpg


うーーん、やっぱり戦うメロディは・・・・

「怒りの女神の戦士」みたいで凛々しく素敵ですね!!

やっぱり「爪弾く怒りの戦士」みたいな印象的です。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2021-b38d40a3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |