プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


音楽というか、その「ライヴ演奏」においては、
ありえないミスとか想定外の事故というものはやっぱりありますよね・・・
ま、人間が行うものですので、「予想外の出来事」というのはあるのでしょうね。

私が、過去において遭遇したこうした「事故」というのは、ま、色々とありましたけど
一番笑ってしまったのが、
吹奏楽コンクール県大会の本番時に、トロンボーン奏者が、ついついうっかり「スライド」がポロっと
抜けてしまい、
あの鉄の棒が・・・・前方のサックス奏者の後頭部を直撃した事かな・・・・

あれは・・・・

会場内でも・・・結構、失笑が起きていましたね・・・・(苦笑・・)

あと思いつく限りでは・・・・

県大会の本番中に・・・・・ヴィヴラフォーンの電源コードに打楽器奏者の足が絡んでしまい
打楽器奏者が思いっきり壇上で転倒したりとか
指揮者のタクトが・・・・ついつい・・・すっぽ抜けてコントラバスを直撃したりとか
ま、色々ありますよね。

でもこういう事って全国大会でもたまーにあったりするものでして、
一つの面白い事例が・・・・
1980年の全国大会・中学の部で、山王中学校が、自由曲のバレエ音楽「四季」の演奏中に
打楽器奏者が間違えて、サスペンダーシンバルのスタンドを倒してしまい
本番中なのに、「ガッシャーン」と結構すごい音を立てていた事もありましたね・・・・
(この音は・・・・「日本の吹奏楽80」というレコードの中にもしっかりと収録されています・・・・・)

演奏が止まる・・・・という大変レアなケースに遭遇した事もあります。

確か・・・・1993年5月に練馬文化ホールで開催された「東京ミューズ吹奏楽団」の定期演奏会で
確か、ファリアのバレエ音楽「三角帽子」~粉屋の踊り・終幕の踊りを演奏するはずだったのですけど、
粉屋の踊りの冒頭のホルンソロを奏者が完璧にすべってしまい、
全く音が出ない・・・・
それに続くコールアングレも音がスカスカで全く音が出ない・・・・
聴こえるのは伴奏の後打ちのみ・・・・
結局指揮者が一旦演奏を止めてしまい、再度冒頭から演奏を始める・・・
なんていう「とんでもない事」に居合わせた事もあります・・・・・(苦笑・・・・)

だけど・・・・・

さすがにプロの管弦楽団は、そうしたしょーもないミスは・・・・
ほとんど無いですね・・・・
私もそうした事例はほとんど遭遇した事はありません・・・・
ま、強いてあげると、以前一度書いたことがありますけど、
1997年の冬だったかな・・・・東京交響楽団の「展覧会の絵」にて、
チューバ奏者がソロを完全外し・・・音がスカスカ・・・という事くらいですね・・・・
ま、プロはさすがにアマチュアみたいな「目立つミス」はあまりないですよね・・・・

だけどプロでも、ミスと言う人的側面ではなくて「ハプニング」みたいな事は
たまーにありますよね・・・・
例えば・・・・・
ヴァイオリン奏者が本番中に弦が切れて、慌てて一旦舞台裏に消えるとか・・・いうのは何度か
見た事があります。
あと・・・・
例えば・・・・指揮者が前半と後半の休憩中に怪我をしてしまい、
後半の指揮者は団員が振らざるを得なかった・・・・みたいな事がN響でも一度ありましたね・・・
確かあの時の指揮者は、アシュケナージだったかな・・・??
ちなみに・・・・・
アシュケナージと言うと、指揮者と言うよりはむしろ高名なピアニストという方が
私にとってはお馴染みなのですけど
指揮者としてのアシュケナージは・・・・・
実際に指揮している姿を拝見すると・・・・・
意外と背は低いし、指揮振りは・・・・かなりせせこましいというか
やたら細かい指示ばかり出していて大変「神経質・・・」みたいな印象を私は持ってしまいました・・・・

プロの管弦楽団の本番中のハプニングで一番印象的だったのは・・・・

確か2000年あたりだったかな・・・・・

N響の定期で、デュトワ指揮によるラヴェルのバレエ音楽「ダフニスとクロエ」の全曲版だったかな・・・

確か結構後半の方で、「夜明け」あたりの場面で
突然・・・・
震度4程度の縦揺れが起きてしまい、
あの時は・・結構会場内はざわついていました・・・・

だけど、さすがプロでしたね・・・・!!

デュトワも演奏者もバックの合唱団も全く動揺することなく、演奏には全く支障をきたしていなかったのは
「さすが、プロ!!」と思ったりもしたものです。

一度驚いたのは・・・・

確か1998年秋だったと記憶していますが、パスカル=ヴェロ指揮での新星日響の定期演奏会で
二曲目のシューマン/ピアノ協奏曲にて・・・・
指揮者とソリストの挨拶が終わり、ソリストが椅子を調性し終わり
あとは指揮者がタクトをおろすのを待つのみ・・・・
そして演奏開始直前に・・・・・
突如、ソリストが、「ノンノンノン・・・」みたいな事を発し、唐突に舞台裏に消えて行ってしまいました・・・・

そして・・・・・

3分くらい経過して、何事もなかったかのように再度ピアノに座り、
演奏が開始され、
曲も無難に終わらせていました・・・・

うーーーん、あれは一体何だったのだろう・・・・・
真相は・・・・いまだに謎です・・・・・(苦笑・・・)

最後に・・・・自分自身のハプニングを・・・・・

高校3年の最後の吹奏楽部の定期演奏会で・・・・・

本番開始3分前、PM13:00ジャストに会場の緞帳を開く・・・・という時に
突如・・・・
アルトサックス奏者が
「キーが動かない・・・・、どうしよう・・・」と叫びだし、
舞台上では動揺が起きていました・・・・
クラリネットの場合、楽器の穴は指で抑えるのですけど
サックスの場合は・・・・蓋でもって穴を抑え、その蓋を開閉させるキーのバネに変調が
きたのでしょうね・・・

1分前・・・・・

さすがに部長としては・・・・

演奏開始を遅らせるか、そのままアルトサックス奏者に空吹きさせて
予定時間通り開始させるか
判断に迫られ、
やむなく・・・
「それでは、演奏開始時間を5分遅らせ・・・・」と言いかけたところで・・・・

アルトサックス奏者が・・・・
「すいませーーん、直りました!!」の声・・・・

そこで予定通り緞帳が起き、演奏開始・・・・

だけどそのおかげで、多分全奏者、一曲目は・・・・何か上の空というか
集中力を欠いた演奏になってしまいました・・・・

ま、その後の演奏会の打ち上げでそのサックス奏者は・・・・
ほぼ全員から集中砲火を浴びていましたけどね・・・・・(苦笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ハプニング

分かります(笑)
自分が経験したことでいえば、
地域のイベントで本番当日にクラリネットのメンバー1人(1st)が急用で欠席する(本人に落ち度はない事例)こととなりました。
ちなみにそのときの予定編成が
1st1人
2nd2人
3rd1人
3rd&Bass&カウベル持ち替え(←もちろん自分です笑)

全く空白になった1stをどうするかで大モメとなり、本番まであと30分となりました。

曲が3曲ほどあったので
とりあえず、自分が1曲だけ1stメインで、残り2曲はBass&カウベルメインで1stのサポート(持ち替えの3rdは完全にあきらめる)。
2ndの1人が自分が1stを吹く曲が2ndメインで、残りは一部1stメイン&2ndのサポート。
2ndのもう1人が全曲2ndメインで一部1stと3rdのサポート。
3rdはそのまま(ちなみにこの奏者は仕事の都合で本番直前に会場入りしたため、本番のステージ上で顛末知ることとなる)という、とんでもない大移動(笑)。
1stの座席でバスクラ吹くことになるとは夢にも思わず。

本番直前まで3rd奏者以外は楽譜を見ながら全員無言で指練習。
今となってはいい思い出です。

痛いほど分かりますね・・・・

某大学の卒業生 様

あ・・・・、そのお話・・・
文面を拝見するだけでその時の「慌てふためいた状況」が手に取るように
伝わってきますね・・・
同じクラリネット奏者としては・・・・
うーーん、痛いほどその大変さは分かりますね。
というか・・・
1st奏者のドタキャンと言うのがまず痛いですよね・・・
せめて2nd奏者あたりなら何とかカバーできたと思うのですが・・・
ま、それにしても元々3rd奏者が打楽器兼任というのも大変ですよね・・・・

ホント、音楽に「事故・事件」はつきもの・・・

逆にそれがあるから「ライブ演奏」は面白いと思いますね。

打楽器兼任、もともと予定通りでした。
その演奏会自体、打楽器が2人しかいませんでしたので、
管楽器のあちこちで小物打楽器を持ち替えてました(トロンボーンとスライドホイッスル、トランペットとタンバリン、ホルンとシンバルとか・・・)。
自分がやったのはバスクラを吹きながらのカウベル演奏(左手でバスクラ、右手でカウベル)なので、持ち替えというより同時演奏ですね。
ちなみにその持ち替え(?)をした曲が、ディズニーメドレー(ミッキーマウスマーチの部分)です。
当日は何が大変だったかというと、とりあえず楽譜の確保でした(1st奏者が会場に来れなかったので、練習会場まで原譜を取りに帰らなければならない)。
楽譜を取り寄せ、メンバーでスコアとにらめっこ、それぞれで(実力的に)短時間で演奏できそうなフレーズを選び、その楽譜を必要な枚数ほどコピーしに近所のコンビニへ(笑)
結局、本番直前の30分前にパートが決定。

なかなか貴重なライブ演奏でした。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2018-a4902b2c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |