プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


22.常総学院

 A/楽劇「サロメ」~七つのヴェールの踊り

 この年の常総学院は・・・まさに神がかり的な圧倒的名演を残しています・・・
 多分・・・・もしも1970年以前のような「順位制表彰制度」だったとすると
 この年の1位と2位は・・・・
 常総・埼玉栄・高岡商業で争っていたかも・・・?

だけどな・・・・

 この素晴らしい「サロメ」なのですけど、
 当時は著作権の関係で、CD収録不可なのですよね・・・・(泣・・・)
 あの素晴らしい演奏を・・・・是非当日普門館で聴くことが出来なかった大勢の人達にも聴いて欲しい・・・
 という気持ちで一杯ですよね。

 「吹奏楽コンクール」という歴史を語る上で、
 私の意見としては・・・・
 1989年の常総学院の全国大会初出場でいきなの金賞のあの伝説的名演/スペイン狂詩曲で
 吹奏楽コンクールの「流れ」というか「方向性」が大きく変わっていったようにも
 感じられます。
 それだけ1989年の常総のあの独特の「洗練され尽されたサウンド」のインパクトは大きかったと
 思います。
 だって・・・・常総のあの洗練された音色は・・・・・
 正直、下手なプロの管弦楽団よりもはるかに魅力的な響きを聴かせてくれていましたからね・・・・

 その1989年の流れを引き継ぐ形で1990年のコンクールは、「七つのヴェールの踊り」で
 臨んだのですけど、
 これがまた素晴らしい演奏・・・・!!

常総って何が他校に比べて秀でていたのかな・・・・

 やっぱりあの「音色」ですよね・・・・

 あの透明感あふれる気品溢れた洗練された音、そして・・・・あの「艶っぽい音色」・・・・
 あれは・・・・
 既に「吹奏楽の限界」を超えていますね・・・・
 あれは・・・
 まさしく・・・・「美的限界」に近いサウンド・・・・
 管弦楽と比べてもほとんど遜色ないようにも感じられる・・・・
 たまたま使用していた楽器が「管楽器だけ」だった・・・・という感触なんですよね・・・・・

 ま、正直、現在ではそれは既に「当たり前」の事なのですけど
 それを今から25年前に既に実践できていたチームは・・・・やはり「先駆者」ですね・・・・
 ここに常総の「価値」があると思いますし、
 あれから25年経過しても常総は現在も同じ指揮者であのサウンドを継承しつつも
 更に上を目指している・・・・・
 これはもう・・・・脱帽するしかないですね・・・・

 でも・・・常総のサロメはとにかく色気が凄まじかったですね・・・・

 管楽器だけであの「色気」・「艶っぽさ」を表現できるなんて・・・・とにかく「すごい・・・」としか言いようが
 無いのですけど
 常総は・・・・サロメの時もすごかったけど、2年後の「アルプス交響曲」のあのサウンドの「色気」は
 壮絶以外言葉が出なかったですね・・・・
 あれは・・・・「こいつら、本当に人間なのか・・・」とすら感じたものです。

 課題曲A/ランドスケイブも多分・・・・課題曲Aとしては全部門を通して「最高の演奏」なのではないかと
 思います。
 やはり「音の艶」自体がいいんですよね・・・・
 中間部のたっぷりとした歌い廻しも実に自然でよかったです。

 そうそう・・・「七つのヴェールの踊り」ですけど、
 一応これはハインズレー編曲となっていますけど
 多分・・・・かなり手を入れているような感じもありました。
 具体的には・・・・
 ハインズレー版だと、ユーフォとかテナーサックス等の中音域が何か「厚化粧」ぽい感じがするのですけど
 常総の場合、
 前半のオーボエのソロのリズムをハインズレー編曲のようなテナーサックスではなくて
 ファゴットを使用したり、コントラバスをかなり強調したりと
 色々工夫はしていましたね。
 それが結果的に、サウンドがさらにスリムになり、余計な贅肉を取ったような感じもありました。

 ラストの追い込みもお見事!!

ラストも「煽るような感じ」ではなくて、むしろさらっと「引いたような感じ」も
 良かったと思います。

 うーーん、とにかく常総の「七つのヴェールの踊り」は最高!!としか言いようがないですね・・・・!!

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2016-caf9077a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |