プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ラヴェルってよく「オーケストラの魔術師」とか「管弦楽法の天才」とか言われますけど、
実は意外かもしれませんけど、
構想段階から純粋に、最初から演奏会用管弦楽曲として作曲された作品は・・・
実はこの「スペイン狂詩曲」だけです。
ラヴェルの管弦楽曲は、ほとんどは実はバレエ音楽とピアノ曲を管弦楽にアレンジしたものばかりなのです・・・
これは考えてみると・・・
実に意外な感じもありますね・・・・

ちなみに・・・「ボレロ」は元々はバレエ音楽ですからね・・・・

この「スペイン狂詩曲」・・・、私、大好きなんですよね・・・・!!

この曲の魅力って何だろう・・・・

ま、色々とあるのですけど、何と言ってもあの「かったるいだるさ」が実にいいですね・・・!!

この曲は四つの曲から構成されているのですけど
ⅠとⅢがけだるくてだるい感じ・・・・、あれは・・・まさに「夏の午後のポケッ・・・としたかったるさ」ですね・・・
Ⅱは、ま、確かにだるくてゆるいのですけど、曲が終始細かく変化している感じもあります・・・
Ⅳは、唯一、エネルギッシュな感じもするのですけど、
Ⅳの中間部のあのコールアングレの長いソロは・・・・
あれこそ、まさに「だるさ」の象徴ですね・・・・
あのコールアングレのソロは、とにかくエキゾチックで同時にひたすら眠気を誘う音楽で
実に魅力的なメロディーだと思います。
Ⅳのシロフォーン・タンバリン・カスタネットのあの響き・・・あれはまさに「スペイン」という感じですね・・

この「スペイン狂詩曲」は下記の四曲から構成されています。

Ⅰ.夜への前奏曲

Ⅱ.マラゲーニャ

Ⅲ.ハパネラ

Ⅳ.祭り

Ⅰは大変神秘的ですよね・・・・Ⅱはゆったりとした中にもめまぐるしく変化している印象があります。
Ⅲはひたすらだるい・・・・
圧巻はⅣ・・・特にⅣの静と動の対比、けだるさと情熱の対比が実に鮮やかですし、
やっぱり圧巻は・・・・
前述の通り、中間部のかなり長いコールアングレのソロですね。

ところで・・・・

「祭り」というと、「吹奏楽コンクール」に毒された(?)私は、
どうしてもレスピーギの交響詩「ローマの祭り」~Ⅳ.主顕祭みたいな「ドッカーーン」みたいなものを
ついつい連想してしまいますけど
例えば、このラヴェルとかドビュッシーの「祭り」となると、
やはり表現方法は全然異なって聴こえますね。
レスピーギは・・・・、関西弁で言うと「まさにそのまんまやねん・・」みたいなストレートな描写
ラヴェルの場合は・・・・
うーーん、何て言えばいいのかな・・・・
ラヴェルが「心の中」で「祭り」に対して感じたイメージを音楽にしたもの・・・・
だから必然的に音楽自体もかなり漠然としたイメージになってしまう・・・・
一方、ドビュッシーの場合は・・・・
例えば・・・・
管弦楽のための「映像」第二曲「イベリア」~Ⅲ.祭りの日の朝とか
「三つの夜想曲」~Ⅱ.祭りのように
何となく「モデルとした場所」が分かるような気もする「具体的な感じ」も感じたりもします。
ラヴェルの「スペイン狂詩曲」の祭りは、全体がとてもモヤモヤして聴こえますけど
ドビュッシーの「祭り」は何となく・・・・
具体的なイメージが可能のようにも聴こえる・・・

それがラヴェルとドビュッシーの同じ「祭り」という素材を使用しながらも「違い」なのかな・・・・という
感じもあったりもします。
ドビュッシーの「夜想曲」~祭りは、
トランペットのミュートを付けた部分は、「遠くから祭りのお囃子が聴こえてくる・・・」
トランペットのミュートを外し小太鼓が加わると、「近くでお祭りの屋台のざわめきが聞こえる・・」みたいな
感覚も、私の中ではあったりもします。

「スペイン狂詩曲」を管弦楽版として生で聴いたのは・・・・・実はかなり遅かったです・・・・
多分21世紀に入ってからだと思います。
初めて耳にしたのは、デュトワ指揮/N響だったと思います。
だけどデュトワのあの「スペイン狂詩曲」は・・・・
とにかくだるさと躍動感の対比が鮮やかで、とにかく「煌き」みたいなものを感じましたね・・・・







この曲のCDとしては・・・・
断然、ブーレーズ指揮/クリーヴランド管弦楽団がいいな・・・と思います。

この曲のアレンジ版としては・・・・

吹奏楽コンクールで言うと、やはり1989年の常総学院のあの素晴らしい名演に尽きますね・・・

面白いアレンジとしては・・・・

ピアノ+打楽器版の演奏ですね・・・・

ザードロという打楽器奏者がアレンジし、ピアノがアルゲリッチの演奏なのですけど・・・
これ、すごく斬新で面白いと思います。
何だろう・・・
音がむき出し状態なのだけど、その分この曲の「狂気」とか「エネルギー」が垣間見えるような
気もしますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2015-d39f8bc3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |