プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


21.兵庫高校

 D/バレエ組曲「火の鳥」

 この演奏、すごーーく大好きです!!

 いかにも指揮者の松井先生の「松井節」が炸裂し、曲の隅々まで「アクの強さ」が漲っていて
 ま、確かに多少粗っぽいドライヴはあるのですけど、
 全然「粗野」みたいな印象は無く、
 むしろ「切れ味の鋭さ」とか「鋭角的な響き」・「ひたすら前進し、とにかく積極果敢に攻める演奏」という事で
 とにかくエキサィティングな演奏でしたね・・・!!

聴いていて・・・・

 「多分・・・、この演奏・・・・思いっきり評価は分かれるだろうな・・・、
 この演奏が好きな審査員と嫌いな審査員の票は多分分散するだろうから
 金賞は絶対にありえないな・・・」と思っていたのですけど
 案の定、評価としては銀賞に留まっていました・・・・
 
 だけど・・・・

 あの演奏は本当に良かったです!!

良い意味でも悪い意味でも「個性的」であり、
 「自分達はこのように演奏したいんだ・・・!!」みたいな主張がとにかく曲の隅々にまで
 伝わっていたと思います。

 課題曲D/マリーンシティーは実にオーソドックスな演奏・・・・
 だけどこういう普通のマーチをあそこまで生き生きと演奏できる事自体が素晴らしいと思います、
 コンクールの世界では、ああいう無難で平凡なマーチは、ついつい手を抜いて
 「無難で無味乾燥な演奏」になりがちなのですけど、
 兵庫は、そんな短いマーチでも手を抜かずに誠実に演奏していたことがとても嬉しかったです。

 自由曲の「火の鳥」ですけど・・・・

 もしも違っていたらごめんなさい・・・・

 私の記憶では・・・・

 結構面白い部分を演奏していましたね・・・・

 一般的には、魔王カスチェイの凶悪な踊り~終曲という組合せが多いと思いますけど
 このチームは・・・・
 冒頭は・・・・
 トロンボーンをはじめとする金管の雄叫びとティンパニーのロールという部分から開始し、
 続けていきなり「子守歌」に入ってしまいましたね・・・・
 「火の鳥」で「子守歌」を演奏するのは、多分・・・・コンクールでは初めての快挙なのかも・・・・
 あの部分は・・・・
 ファゴットがソロで大活躍をしていましたけど、
 あのファゴット奏者は抜群に良かったですね!!
ファゴット奏者としては・・・・この年の愛工大名電のファゴット奏者と共に「ベストソロプレイヤー大賞」を
 あげたい気持ちです。
 とにかくあの子守歌は・・・・とにかく歌が感じれてとても気持ちが良かったです。

 そして・・・・

 圧巻は何と言っても「魔王カスチェイの凶悪な踊り」ですね・・・!!

 あれは・・・・・

 聴いていて・・・・大変ゾクゾクさせられました・・・・!!

 響きはいかにもロシアっぽい「粗さ」に満ち溢れているのだけど
 あの「生きる生命力」みたいなとてつもない「エネルギーの大きさ」には脱帽以外何物でもありません・・・・
 とにかく・・・・
 あんな躍動感たっぷりの「火の鳥」は他に類を見ないものがありました・・・!!

私はとても大好きな演奏でしたけど、それが審査員の審査結果と一致するものではなくて
 やはり「人それぞれの多様さ」というか「価値観の相違」を
 実感させられるものとなってしまいました・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2011-87f623a0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |