プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回の第四話の印象では、
きららの「プロ意識の高さ」とか「小悪魔」振りに本当に感銘を受けたものですけど
反面、きららの協調性の低さとかクラスで浮いたような感じ・・・も気にはなっていました。
そうですね・・・・
プリキュア5の初期の頃のうららと何だか状況が似ているような感じもあり
うららの「自分の夢を叶えるためには、学校で親しい友人が出来なくても構わない・・・
私は女優になるという自分の夢を最優先する・・」という少し「自分の殻の中に閉じこもっていたような感じ」が
ありましたけど、
きららにもそうした香りというか危険性はありました。
ま、ううらの場合、「本当は親しい友達が欲しい・・・本当にこれで良いのか・・」みたいな迷いは多少は
ありましたけど、
きららの場合、既にある程度モデルとしての地位も確立し、
その気の強い性格もあって、
ノーブル学園での3年間で本当に親しい友達が一人も出来なくても、
例え3年間クラスで孤立していたとしても「それがなんなんだ・・・」みたいに受け止める事が出来る
意志の強さは有しているものと思われるものの、
やはり幾分「脆さ」みたいな雰囲気はありました。

だけど・・・・

わずか一回の話だけで、随分ときららも心を開いたものですね・・・

というか・・・・

今回の話はあくまできららがメインなのですけど
私が感じた限りでは、この回の主役は、はるかだと思います。

「Go! プリンセスプリキュア」が開始される前までは、はるかは、ピンク系プリキュアの伝統に従って
「ポンコツ主人公」だと思っていたのですが、
違いましたね・・・・
これは・・・
みなみ様の事をかつて「かれんよりも老けて見える・・・」と記事にし
みなみ様に「反省文」を提出しないといけない・・・と思ったのと同様に
はるかに対しても
「反省文」を提出しないといけないようですね・・・・(苦笑・・・)

何というのかな・・・

はるかはある意味、天然な「人たらしの子」なのかな・・とも思います。
恐らく本人はそうした自覚も意識も無いと思われるのですけど、
あの愛くるしさ・まっすぐさ・素直さ・妹みたいな感覚で人懐っこく甘えてくる可愛らしさ・・・
そうしたはるかの「純真さ」がいつの間にかはるかを取り巻く人達を自然に結びつけてしまう・・・・
何かそんな雰囲気がありますね・・・
あれは・・・
なろうとしてなれるものではない・・・・
「才能」でも無い・・・
自然と生まれつき備わっているはるかの一つの魅力ですね。

何かそうしたはるかの天然の魅力に、きららが「陥落」してしまった・・・・

何かそういう印象が濃厚ですね。



4378dee1_convert_20150303112615.jpg



2719b048_convert_20150303112544.jpg


今回のお話は・・・・

ある意味大変分かり易いし、製作者の「意図」がよく伝わってきます。

前半で、はるかの視点できららを描き、
後半で、きららの視線からはるかを描き、
現時点できららに足りないと思われるもの、「友達」という
これまで自分自身ですら気が付かなかった更なる可能性についても気が付かせてくれる存在に
きらら自身が魅了された・・・
そういうプリキュアとしては極めて王道で分かり易いまっすぐな描き方をしていたと思います。

前半で
きららが自分がプリキュアを出来ない「忙しさの実態」を証明しようとはるかを伴って
自分のスケジュールに同伴させる展開がありましたけど、
あのシーンの一つで、はるかの
「天ノ川さんがとってもモデルの仕事が好きだってよく分かった」
というセリフがありましたけど、あれはとても良かったですね・・・!!

普通の感性ならば・・・

「そっか・・・、こんなに毎日忙しければプリキュアは無理だよね・・・ごめんね、無理して誘って・・」
みたいな展開になると思いますし、
例えば、前作/ハピネスチャージの愛すべき鈍感主人公めぐみならば
「そこを何とか・・・・空いている時間のわずかな時間でいいから、助っ人だけでもいいから・・・」と
相手の事情を考慮しないでストレートな直談判に及びあえなく玉砕・・・
みたいな展開になりそうなのは目に見えていますけど、
はるかは違う・・・

きららが一番認めて欲しい部分を無自覚に分かっていて
それをきちんと認めた上で相手にボールを投げ返している・・・・

「相手が本当は何を一番望んているのか」・「相手が言われて嬉しい言葉は何か・・」という
大変難しい「問い」を
はるかは無意識で理解し、それをきちんと言葉で相手に伝えている・・・・

いやいや、はるか・・・すごいよ・・・この子は出来る子・・・・

「人たらし」という意味では、既にみなみという実績がありましたけど、
ま、あれだって・・・・
周囲の人たちがあまりにも「遠い存在過ぎて声すら掛けにくい」存在のみなみに対して
ストレートに自分の思いを伝えたからこそなんですけど、
あれを実行できる人は・・・・現実社会でもそうそういない・・・・

うーーん、何たる「人たらし」のはるか・・・・

もしも・・・・

はるかが男で戦国時代に生まれていたら・・・・意外と豊臣秀吉になっていたかも・・・・??

前半の最後のシーンで、寮で
(はるかに自分の多忙さを分かって貰って結果的にプリキュアを辞退する事が出来て)
「ま、よかったんだけど・・・」とつぶやくきららがこれまた素敵!!
このシーンは、後半を既に予感させるものでしたね・・・

あれは・・・・

何となくですけど、
「ドキドキ」でレジーナが呟いた「友達ってなんだろう・・・」というシーンを彷彿とさせるものがありましたね。

だけどな・・・・

はるかの「「天ノ川さんがとってもモデルの仕事が好きだってよく分かった」というセリフは
やっぱり的を得ていますね・・・
はるかは本質的に「人にとって大切な事」を無自覚に分かっているのかもしれません。

自分の感覚では、あのセリフで持って
きららははるかに「攻略」されたと思っています・・・・

学校の廊下でのきららとみなみの会話も素敵でした・・・

この時点で既にはるかに「攻略」されたきららですけど
みなみに対しての「あんな子ははじめて。こっちの調子がおかしくなる・・・」というセリフは
結構深読みが出来ると思います。
きららにとっては、学校内での自分は一つの「仮の宿」・・・
クラス内での「浮いた存在」は本人も百も承知済・・・
だけどそうしたきららに対して、
「現役モデルだから・・・」
「有名人だから・・・」みたいな感覚で見ないで、
ま、確かにプリキュア勧誘という面も否定はできないのですけど、
「初めて自分と言う存在を必要とし、自分と言う存在を真正面から受け止めてくれる人に出会えた・・・」
という「嬉しさ」のきららなりの反応なのかな・・・とも解釈できるような気もします。

前半のオーディションでも示唆されたように
既にきららの実力は折り紙つき・・・だけど何かが足りなかった・・・・
そうした時にそれを気づかせてくれたのがはるかだった・・・
これは結構きららにとっては「大きい出来事」だったのかもしれませんよね。
「自分一人だけの限界」と「はるかなど他人が自分と関わる事で自分が更なる飛躍を実践できる事」の
気づきをきららが感じた瞬間なのかもしれません。
きららの「「あんな子ははじめて。こっちの調子がおかしくなる・・・」というセリフは・・・
きららの一つの「照れ」とはるかに対する「認知」だったのかもしれませんよね。

きららのセリフは、
フレッシュのイース(東せつな)のラブに対する
「お前と一緒にいると・・・こっちまで気がおかしくなる」を彷彿とさせますけど
ま、確かにイースもラブの「人たらし」に魅了されてしまった感じですからね・・・・

96844d46_convert_20150303112658.jpg


a5d7f0cd_convert_20150303112737.jpg


a7b4ecf4_convert_20150303112820.jpg


でも改めて第5話を見てみると・・・・

きららの
「あたしの100%を200%にすればいいだけだよ」
のセリフは素晴らしいですよね!!

あれでもって・・・・

私のハートは、前回以上にハートキャッチされてしまいました・・・・(苦笑・・・)

きららにとって、はるかとは・・・

自分が今まで気が付かなかった事を気づかせてくれる子、自分の可能性を更に無限に高めてくれる子・・・
そんな子なのかもしれません・・・
そんなはるかが
「プリキュアになって欲しい・・・」と言うのならば
自分が今まで以上に更にスケジュールがパンパンになっても構わないし、
睡眠時間が無くなるほど忙しくなっても構わない・・・
はるかを放っとけない・・・
自分の夢も実現に向けて頑張るけど
はるかと一緒にプリキュア活動する時間も絶対に私が作ってみせる!!

そんなきららの気持ちが実にストレートに伝わってきたような感じもあります。

中国の故事で「二兎を追うものは一兎をも得ず」がありますけど、
何か・・・・
きららの場合・・・・
最終決戦あたりの頃は・・・・
プリキュアも自分の夢も両方難無くこなせているようなイメージというか雰囲気を既に持っていますね・・・

プリキュアも自分の夢もどちらも大切・・・・

だけど「どちらかを選べ」と言われても、私は選べない・・・・

それならば「両方とも実現させてみせる!!」

何かそうしたきららの「熱さ」が伝わってくるかのような感じでしたね。

何かあのあたりは、フレッシュのラブの
「ダンスもプリキュアも両方大切!!」を彷彿とさせますね。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます!!

今野あん 様

素敵なコメント、ありがとうございます!!

何かあのような過剰なお褒めのお言葉を頂き、本当に嬉しく感じますし
同時に「大きな励み」にもなります。
本当に読んでいて「嬉しい気持ち」で一杯になりました。

「プリキュア」は私にとっては吹奏楽と同じくらい「大好きなもの」でして、
あのような文面から私の「プリキュア愛」を感じて頂ければ
とても幸いです。

どうぞこんなブログですけど、今後とも宜しくお願いいたします!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2005-ee1a5d5c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |