プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


19.都立永山高校

 C/プラハのための音楽1968(K.フーサ)

 この年1990年は以前書いたように金賞受賞チームの演奏はとにかく素晴らしくレベルが高いですし
 どれも大変充実した内容の演奏ばかりです。
 特に、常総学院・埼玉栄・高岡商業は素晴らしい名演を残してくれたと思います。
 (常総と高岡商の演奏が著作権の関係からCD未収録・・・というのがいまだに悔やまれます・・・・)
 そんな中、銀賞チームの中にも、
 愛工大名電・浜松商業・関東一高・兵庫・東海大学第四など優れた演奏を聴かせてくれたチームも
 多数ありましたけど
 その中でも特に素晴らしい演奏を聴かせてくれたのは、都立永山だったと思います。

 ま、最初にお断りしておきますけど、
 都立永山は、演奏&印象としては、正直都大会の方が断然上だと思います。
 1990年の都大会は、朝から台風接近の影響をもろに受け、普門館周辺はどしゃぷりの状態・・・
 当日の都大会はプログラム一番の演奏時は・・・・
 多分3割も席が埋まっていない状態だったと思います。
 その中で・・・
 都立永山は、大変「メッセージ色」の強い「プラハのための音楽」を
 劇的な緊張感を保ち続け、
 指揮者と奏者の「熱すぎる気持ち」がとにかく痛いほど伝わってくるまさに「号泣」しそうな演奏でした。
 あの演奏は・・・・
 確実に「何か」を聴衆に残していたものは間違いなくあると思います。
 この曲自体、初めて聴いた方ですと、
 一体どこにメロディーラインがあって何が言いたいのかさっぱり分からない・・・みたいな誤解も与えかねない
 大変難解な曲であり、
 この曲の持つ「強国による不合理な侵攻とそれに対する民衆の怒りと苦悩」という強烈なメッセージ性を
 正しい感覚で聴かせることは
 大変難しい事なのかもしれません。

 だけど・・・・

 都大会の都立永山は、これを見事にやってくれました。

 勿論、確かに技術的には少しというかかなり拙いものはある・・・・

 だけど、その未熟な技術を上回って有り余るものがある「何かを伝えよう!!」
 「1968年のプラハ事件という悲しい歴史の事実を何かの形で後世に伝えよう・・・」
 「当時のチェコの人達の怒りをきちんと音にしよう・・・」

 そうした「思い」を見事に音楽にしていましたし、
 少なくとも私の胸にはそうした思いは十分すぎるほど伝わっていました。
 
 とにかく・・・・

 都大会の永山の演奏は「熱かった・・・!!」素晴らしい感銘があった・・・という感じでした。

 特に特に、ラスト近くの高らかに鳴り響く直前に瞬間的に静かになる部分があるのですけど
 あの部分のヴィヴラフォーンの
 何か「熱い鉄の塊り」みたいな燃え狂うような音の響きは大変印象的でした。
 ラストの全員による「祈り」みたいなコラールも大変心に沁みいるものがありましたし、
 ティンパニー奏者の打点の叩きつけが、これまた見事にツボにはいっていました・・・・

 全部門の演奏が終了し、成績発表の際
 「なんとか、都立永山は全国に行って欲しい・・・、あの素晴らしい演奏を是非再現して欲しい・・・」と
 八百万の神々に祈るような気持ちで成績発表を聞いていたら
 都立永山の全国大会初出場がアナウンスされ、
 この時は何だかとっても嬉しかったですね・・・・
 2012年に私の母校が創部以来初めて県大会を突破し東北大会出場を決めた時と同じくらい
 嬉しかったですね・・・・

 ちなみに都立永山の当時の指揮者は、現在都立片倉で全国大会でも数々の名演を残れさている
 馬場先生です。
 そっか・・・・
 馬場先生にとっては、あの時の演奏は・・・・
 先生にとっても初めての全国大会出場を決めた瞬間でもあったのですね。

 そういう訳で・・・・

 全国大会での都立永山の演奏は、正直聴く前から「期待感」で一杯でした・・・・
 だけど都立永山にとっては全国大会は初出場ですし
 「果たしてあの都大会の再現はなるか・・・」と思い、とにかく演奏開始前から
 私の胸は期待感で一杯でした・・・・

 結果は・・・・・

 前述の通り、初出場という事で少し緊張したのかな・・・・

 都大会に比べると何だか演奏が一回りスケールが小さくなってしまい、
 なんだか「よそ行きの演奏」みたくなってしまいました・・・
 メッセージ性も今一つ・・・・
 都大会に比べると「熱さ」は明らかに後退していました・・・・

 だけど・・・・

 良かった点は何かと言うと、都大会の時にはあまり感じられなかった「初々しさ」と「新鮮さ」かな・・・・

 とにかく奏者全員の「何とかしよう・・・」みたいな「素直な気持ち」はよーく伝わっていました。

 聴いていて奏者の「ひたむきさ」は演奏の隅々から伝わってきましたね。

 都大会に比べるとヴィヴラフォーンの熱さとかラストのコラールの高揚感は弱かったけど
 演奏に「まっすぐさ」があり、これはこれで良かったと思いますし、
 結果として銀賞に終わりましたが、
 十分及第点以上の素晴らしい銀賞だったと思います。

 私の記憶違いかもしれないのですけど、
 都大会の際は、ラスト近くの小太鼓は2人で叩いていましたけど
 全国では、3人がロール&叩きをしていましたね。
 あれは・・・・かなりインパクトがありました。

 後日・・・・

 BP(バンドピープル)の記事を読んでみると、
 都立永山の奏者の声として、
 「自分はトランペットだけど、Ⅳ.トッカータとコラールの冒頭のミュートを付けたソロに近い部分で、
  緊張のあまり2秒程度失神してしまった・・・・
  気が付いたら次の場面に展開されていた・・・」とか
 前の演奏団体の天理の演奏が終わって、打楽器を搬入しようとしたら小太鼓の下の部分の響線が
 壊れているのに気が付き慌てた・・・
 とか色々エピソードが紹介されていましたけど、
 やはり「普門館」のドラマは興味深いものがありますね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2003-d8f85b07
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |