プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3/2(月)の南関東は、本当にすっきりとした晴天で
久しぶりに「暖かい!!」と感じられる日でしたね。
あーあ、早くこうした暖かくて気持ちの良い季節になってくれないかな・・・・
寒いとなんだか気持ちも滅入ってしまうし、厚着ばかりしているせいで首こり・肩こりが半端ないし・・・(泣・・・)

だけど・・・

3/1(日)は一日中冷たい雨で、とにかく「寒い」以外何物でもない憂鬱な一日ではありました・・・
ま、だけど・・・
こういう朝から冷たい雨が降る日曜日の午前中と言うのは
顧客がほとんど在宅で、普段のように「不在→空振り」というのが全くなく
面談率100%みたいな感じでしたので、素晴らしく効率は良く、仕事の面では思いっきりはかどった・・・という
意味では成果があったから、
ま、よしとしておきましょう・・・・

だけど・・・・

帰宅時にちょっとした事に遭遇してしまいました・・・・

最寄駅から自宅まで徒歩14分程度なのですけど、
帰り道の途中にそびえ立っている16~17階の超高層UR団地の公開空地の中を通過して帰ると
かなりの近道になり、
いつもはほとんどこのUR内を横切って家路につくことになります。

だけど・・・・

こうした超高層集合住宅が何十棟も建っている地上では・・・・

「ビル風」がシャレにならないくらい半端ないというか凄まじいものがあります・・・・

だから台風接近時とか強風の場合は、このUR付近はなるべく通らないように少し遠回りを
するのですけど、
3/1の場合は、とにかく冷たい雨で早く家に帰りたいという気持ちが強かったせいもあり
ついついこの「ビル風」が吹きぬくURの真下を歩いていたら・・・・

とてつもない「ビル風」に遭遇してしまい、
冗談抜きで傘をさしたままだと一歩も歩けない状態になってしまいました・・・
まさに・・・・
台風接近時における新人アナウンサーが
「外はこんな状況です!!」みたいなレポートをしている時のような状況になってしまいました・・・・
本当に・・・・
ああやって前進したくても一歩も前に進まない事もあるのですね・・・・
そのうち・・・・
傘が強風で骨がバキバキと折れてしまい、少し手を緩めた瞬間に傘は吹き飛んで行ってしまいました・・・

傘が無くなったので抵抗を受けるものが無いせいもあり
ずぶ濡れになりながらも
何とか家まで辿りつきましたけど、
自宅周辺は・・・・
正直、それ程風が吹いている・・・という感じはないのですよね・・・・

うーーーん、やっぱり超高層住宅周辺の「ビル風」は怖いですね・・・・

上空の「風」が建物に遮られて行き場をなくした状態で、空いているスペースに風が一気になだれ込んでいる
のかもしれませんよね・・・・

だけど、次回以降、風が強そうだったら、いくら近道とはいえあのURを通過するのはやめよう・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |