プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


これって、実は昨年から大注目していたのですけど、
埼玉県さいたま市浦和区周辺を舞台としたご当地アニメ「浦和の調(うさぎ)ちゃん」が、いよいよ
2015年4月からテレビ埼玉で放送開始予定です。

アニメの「聖地」というと秋葉原とか中野かもしれないですし、
例えば、茨城県大洗が「ガールズ&パンツァー」の舞台となり、ファンにとっては「聖地巡礼」みたいな様相を
呈しているようですけど
ついに・・・・
地元の「さいたま市」を舞台にした「ご当地アニメ」が登場するのは
何か埼玉県民としては嬉しいものがありますね。
どうしても埼玉と言うと・・・・
ダサい・埼玉都民・東京都のベッドタウン・東京都の植民地・・・・みたいなイメージがあったような気も
しなくはないのですけど
こういう「埼玉県民のためのアニメ」が登場するのは
何か嬉しい気持ちはありますね。

タイトルの「浦和の調ちゃん」は「浦和のうさぎちゃん」と呼びます。

決して「浦和のしらべちゃん」とか「浦和のちょうちゃん」ではありませんので・・・・(苦笑・・・)

これって背景なのですけど、
ま、極めてローカルな話になってしまいそうですが、
浦和駅から歩いて10分くらいの所に「調神社」(読み方→つきのみや神社 または つき神社)という
由緒正しい神社があるのですけど、
ここの神社の最大の特徴は二つありまして、
一つはこの神社には、鳥居や門が存在しないのです。
これは全国的にも大変珍しい事なのかもしれません。
二つ目は、神社と言うと、狛犬とかきつねが定番ですけど、
この調神社には、「うさぎ」が祀られています。
だから人によっては、この神社はうさぎ神社と呼ばれることもあるそうです。

神社とうさぎとは少し意外な組み合わせかもしれませんが、
何ともユニークなものも感じます。
ま、もっとも「古事記」には「因幡の白兎」の伝説もありますので、
意外と神様とうさぎは何か近い関係があるのかもしれませんよね。

このローカルアニメ「浦和の調ちゃん」が「浦和のうさぎちゃん」という呼び方なのは
この「調神社」に由来があるものと思われます。





47623.jpg


このアニメですけど
ポイントは・・・・
登場キャラの8人の女の子の名前が全員、浦和周辺の「実在する地名」に由来している点かな・・・・

列挙すると・・・・

高砂調: 主人公で、「高砂」というのは浦和駅周辺の地名です。「調」は「調神社」に由来

上木崎常盤: 北浦和のラーメン屋の看板娘という設定、上木崎と常盤はさいたま市浦和区内の地名です。
          ちなみに・・・私の職場に最も近い・・・・(笑)

別所子鹿: 中浦和のうなぎ屋の看板娘という設定、別所はさいたま市南区の地名です。

沼影彩湖: 武蔵浦和の模型店の看板娘という設定、沼影はさいたま市南区の地名です。

田島桜: 西浦和のそば屋の看板娘という設定、田島というのはさいたま市桜区の地名です。

道祖土緑: 東浦和の花屋の看板娘という設定、道祖土(さいど)とはさいたま市緑区の地名です。

大谷場南: 親が南浦和でライブハウスを経営と言う設定、大谷場とはさいたまし南区の地名です。
        ちなみに・・・・大谷場は、私の自宅から結構近いです・・・・(笑)

三室美園: 地元商店街のアイドル的存在という設定、三室はさいたま市緑区の地名です。
        ちなみに・・・・美園にはサッカーで有名な「埼玉スタジアム」があります。

これって・・・・

埼玉県というか、さいたま市周辺にお住まいの方なら
すぐにピンとくる地名ばかりですし、
ま、確かにあまりにもローカルな話すぎて
埼玉県以外の方には「何がなんだかよく分からない・・」という話かもしれませんけど、
とにかく埼玉県民にとっては無性に(?)血が騒ぐアニメになる可能性もありそうですね・・・・

さいたま市周辺には「浦和」と名前が付く駅が実は8つも存在しています。
浦和・北浦和・南浦和・西浦和・東浦和・武蔵浦和・中浦和・浦和美園の各駅がそうなのですけど、
上記の8人の女の子たちも
これらの駅周辺に住んでいそうな感じですね・・・・

ホント、まさに「地域密着型」のアニメですし、
さいたま発のアニメプロジェクトが、2015年どのように羽ばたくかとても楽しみですね・・・・

これって・・・・
今後色々商品化されるのかな・・・・・

あ、そうそう・・・・ちなみにこのアニメで登場する8人の女の子たちの声優さんは
全員埼玉県出身の方達なそうです。


002_convert_20150107161515.jpg


ちなみに・・・・

上記の写真は、調神社の一コマです。

ここの神社には、狛犬やお稲荷さんは存在しません・・・・

神社のあちこちに、こうした「うさぎ」が登場します。

お清め場・池の噴水など色々な所にうさぎが登場しますし、隣接地は大きな公園ですし
とても県庁所在地の駅周辺にこんな「癒しの空間」がある事自体驚きですけど
何かとてもありがたいものがありますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

2000記事突破おめでとうございます!

こんばんは。お返事お待たせいたしました。いつも丁寧なご感想、そして
労いのお言葉もありがとうございます☆「優しいけど芯はしっかりしている」
と内面的な所も誉めて頂けた事もとても嬉しいです!そしてブログ2000記事
突破おめでとうございます!これからもご更新楽しみにしていますね。

まずシャトみなは…まさかぬくぬく先生様の子供の頃の記憶が蘇るとは…!
不思議の国のアリスの実写のものはいくつかあるようですが…そんなシーンが
あったとは素敵ですっ♪シャットはまさに「イカれた帽子屋」な感じです
よね(笑)「不思議の国のはるか」でもシャットはそんな感じでしょうね…。
楽しみにして頂けてまた描く気力が高まりました!

Goプリのみなみの寛容性、中立性、公平性、バランス感覚の良さ…本当に
素晴らしいですよね☆ぬくぬく先生様のおっしゃる通り、てんびん座が
ぴったりです…!ぬくぬく先生様は星座にもお詳しいのですね…!そして
きららに関しては…5話を見て大きく評価が変わったので、後日しっかり記事に
して語りたいと思います。たった1話でここまで成長したのには驚きました…。

ロクきらの感想もありがとうございます☆あの絵は…男女カップリングという
よりは、私も子泣きじじいが取り憑いてるイメージで描いたので、見抜いて
くださってさすがです…!ロックの引きこもり説、当たってそうですね…!
6話ではついに登場、楽しみで仕方ないです♪


そちらの再放送のスイートは…クライマックスに向けて盛り上がっている
ようですね。こちらでは…今週ついに!バリトン様の公式女装回です(笑)
おそらく次の日曜はバリトン様の女装絵でほぼ確定ですが(笑)、久しぶり
に…ぬくぬく先生様もお気に入りの「あのキャラ」も一緒に描く予定です!

またハトプリはゆりの父・サバーク博士は救済されなかったですが…次の作品の
スイートではアコの父・メフィストが救済されて本当に良かったと思います。
ハトプリのあの辺りは…ダークプリキュアとサバーク博士の関係も気に入って
いたので、仕方なかったのかも…という気持ちもあります。サバーク博士に
愛してもらえたダークプリキュアは幸せだったと思いますが、救済には
至らなかった事、そしてゆりにとっては衝撃的で切ない展開でした…。

私の中ではぬくぬく先生のコメント、記事から…先生様にとってはゆりは鬼畜、
ひめとやよいはポンコツ&他のキャラより愛薄めで毎回可哀想な目にあってる、
きららには甘い、イメージです(苦笑)極端な捉え方かもですが、その辺りは
キャラに対するそれぞれの印象の違い、そして愛の違いかなぁと感じますね。
それにしても…ゆりといおなは苦労人同士、気が合いそうですね。
もうpixivでご覧頂けたかもですが、ブログはこれから「あのキャラ」の
コスプレなシャムールで更新予定です。来週は彼女の活躍もとても楽しみ
ですね!ではでは読んで下さり、ありがとうございました!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2001-aef142fb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |