FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


1995年と言うと、日本では阪神淡路大地震・一連のオウム事件などに象徴されるように
世相が暗く、景気も悪く、バブルは崩壊したまま元には戻らず
雰囲気は決して良くはなかったと思います。

当時の自分も全く同じでした。

ある地方銀行の営業職として入行し、この頃は山梨県甲府にきて6年目だったと思います。
甲府に来て一年目から三年目あたりまでは、業績も順調で、仕事のノルマは大変だったけど
それなりに充実していたと思います。
だけど、金融機関の場合、同じ担当地区を3年以上廻っていると必ず業績が伸び悩む宿命は
あるみたいで自分もその例外ではなかったと思います。

この頃の金融機関の営業は、
バブル崩壊以降も依然として融資量増強が絶対的命題であり、
自分達も住宅ローンの借り換えとか、不動産担保付の事業性融資とか
金利は無茶苦茶高いけど300万円までは無担保無保証人の消費性ローンとか
保険ローン(保険料を一括して払い込むと、月額の払いの保険料よりも総額で支払金額が
低くなり、これ一括保険料を銀行融資で払い込むとんでもないローン)などを
毎月毎月無茶苦茶な設定のノルマを一方的に押し付けられたものです。
特に保険ローンなんて商品は、お客にほとんどメリットがないばかりか、保険ローンを
途中で解約すると、お客がローンの金利差額までも負担しなくてはいけない事になり、
アパートローンと並んでトラブル商品の典型みたいなものでした。
それでも毎月毎月各商品ごとにノルマを割り当てられ、それを達成できない月の罵詈雑言・叱責は
完全に今で言う「パワハラ」の概念を飛び越えるすさまじいものでした・・・

ホント、自分自身も夜遅くまでお客の家を廻っては「お願いセールス」したり、土日に普段会社で
書けない貸出の稟議書類や不動産査定書・貸借対照表を作成したり
休まる時間はほぼ皆無だった印象があります。

だけど、あの当時よく自分自身が持ちこたえていたなーと感心する時があります。
特別何か「信念」があった訳ではありませんでしたが
「他人は他人、自分は自分の道を行く」という感じだったのかもしれません。

だけど1993年以降金融機関の方針が一転され、ある日突然これまでの融資増強から
これまでの債権を回収という事に方針が180度変わり、
それまではお客に「借りて下さい、借りて下さい」とお願いしたのが一転して
「早く返して」に変わったのですから、ストレスがこの頃から急激に増えていったと
思います。
延滞顧客に対しては、容赦ない督促と回収の指示が出されていました・・・
代位弁済・任意売却・保証人との交渉・債務の一本化整理などありとあらゆる貸し剥がしが
襲ってきたのです。

昨日まで「借りてくれ」のお客に対して、少しの延滞が発生したから、決算が悪いから
返済の見込みが立たないから等の理由で債権を回収にかかるのですから、それを直接お客との
窓口になって矢面に立たされる自分達現場の担当は、皆大変だったと思います。

その頃より新たに預金量獲得のノルマがうるさく言われだし、
山梨県の郡部といった遠方先の債権回収に追われる日々の自分には、そうしたノルマを
こなせる力も既に残っておらず、連日連日上層部からの壮絶なパワハラ的責めを
受けていました。
正直あの頃は胃と背中が毎朝毎晩キリキリ痛み、片頭痛に悩まされ、精神的にも肉体的にも
ボロボロの日々でした。

自分は18の時に仙台から上京し(高校の時から一刻も早く親元を離れたいという気持ちの強い子供
でした・・・)
社会人になってからも弱音を親に吐いた事は一度もなく、そうした自分の性格は誰よりも
親が分っているはずだと信じていた面もありました。
さすがに山梨での地獄のような日々に耐え切れず、受忍限度を超えた時、
「もう、さすがにダメだ・・・これが自分の限界だったのだろう。
 一旦故郷に戻り、そこで一からやり直そう」と決意し、親に生まれて初めて
現在の状況をデータを下にさらけ出し、初めて弱音を吐き、
「どうしても自分には銀行の仕事は出来ない、これがもう限界」と初めて相談を
したのでした。

突然何の連絡もなく、山梨から来たのだから自分の親もびっくりしたかもしれません。

確かに話は聞いてくれたのでしょうけど、自分としては
「あー、この人達、本音では自分の事なんか何も心配していないな、単に世間体だけを
見ているだけだな」と直感してしまいました。

別カテゴリで一度書いた通り、キュアメロディ(響)と母親の関係ではありませんが
あの時、
「あー、あなたは今まで頑張ってきた。本当にお疲れ様。
 今はゆっくり休んでいきなさい。
 弱音を吐いても構わないし、頑張らなくていい時だって人生には一度か二度はある」と
言葉をかけていたのなら、
その後の自分の人生ももう少し変わっていった、というか別の方向性に向かっていった
のかもしれません。

そして、この7年後に自分の結婚時に色々とあり、結果的にその後の断絶を迎えてしまうのです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/200-5dd8d831
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |