FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ショスタコ先生の名曲中の名曲の交響曲です。

自分自身、この曲がクラシック音楽という深い「森の中」に誘い込まれるきっかけとなった
記念すべき交響曲です。

音楽評論家の解説、指揮者の解釈によって様々な見解が分かれる曲ですし、事実様々なアプローチが可能な
曲だと思います。
作曲当時ショスタコ自身当局からの多くの圧力に晒され、命の危機も感じていたと思います。それゆえに
自分自身の生命と名誉を守る為の起死回生の一曲という解釈もあり得ると思います。
同時に、「ショスタコーヴイッチの証言」という本(創作物という意見もあるようですが・・)の一節に
ある通り「終楽章は歓喜ではなくて、強制された歓喜という悲劇」という解釈も一理あるのかもしれません。

でも実際はどうなんでしょうね・・・・?

この曲は生演奏で聴く機会が比較的多かったもので、何回か聴いた事はありますが、悲劇的な感じとか強制された
という感じはありませんでした。

むしろ、何か「当時の権力者・社会・自分を快く思わない人達」とショスタコ自身が戦った結果としての
「讃歌」のようなものを感じてしまいます。
終楽章は、「当時の権力者に迎合して彼らが気に入るような曲を書くのも一つの自由、それに反抗して
結果的に自分の命を縮めてしまうのも自由、それを選択するのは権力者自身ではなくて、自分自身なのだ!」
というようにも聴こえてしまいます。

もっとも、作曲者自身が「あの終楽章は強制された歓喜」というメッセージをこめたいのならば、
100人中45人程度は「確かにあの曲にはそうした意図があったんだ」という事を分からせるような曲の構成を
取らないと伝わりませんけどね。
構成的にも、自問自答→過去の振り返り→瞑想→讃歌という四楽章構成で、実にクラシカルな
名曲中の名曲だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

続けて、こちらにも書き込みを……

この曲も、シンフォニーホールでティンパニーやりました。
曲は有名ですし、楽しく、面白く演奏できましたが、舞台上で実演してわかったことが有ります。
一楽章の冒頭から小太鼓が入ってくるまで、オーケストレーションが薄いんですよ!!(……というか、舞台上だからそう感じただけかもしれませんが……)
ゲネプロのとき、凄く怖かったですね。
高校生の時、唯一の県コンクールの舞台上で味わった怖さに似ているかもしれません。日頃演奏しなれていないようなホールの舞台上だと、周りの音が凄く遠くに感じたりしませんか?
あんな感じでしたね……

散文失礼しました。

ショスタコの5番

がみ 様

コメントありがとうございます!!

ショスタコの5番をシンフォニーホールというサントリーホールに匹敵する素晴らしい音響のホールで
演奏できたなんて羨ましい限りです!!
確かに5番の第一楽章前半は、サウンドが薄いというか繊細ですよね。
ピアノが低音で乱入して以降はかなり充実した響きになりますけど、
前半は「内省的な感じ」が強い印象がありますね。

あの5番の終楽章のラスト近くのティンバニー奏者の叩き付けは「爽快」でしょうね・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2-db1b5b2e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |