プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレ玉(テレビ埼玉)の「スイートプリキュア」の再放送ですけど、先週はまたか・・・の一回お休み・・・
そんな訳で今週は二週間振りの放送となりましたが、
いよいよ「最終決戦」のゴングが鳴った・・・・という感じでしたね。
この回をリアルタイムで見ていた頃は、
「いよいよスイートも間もなく最終回・・・」とか
「いかにもプリキュアらしい恒例の最終決戦前夜の様子・・・」とか
「調べの館が地面ごと持ち上がって戦艦のように空を舞う・・・・、うーーん、何か宇宙戦艦ヤマトみたい・・」と
思っていたものですけど、
今現在の視点で眺めてみると、少し印象が変わって見えます。

何かと言うと・・・・

これは、「ハピネスチャージプリキュア」のメインテーマの一つでもあったのですけど
「プリキュアとして戦う使命・動機」とは何かと言う根本的な問いかけに対して
めぐみ達が見出した答えとは・・・・
「日常の中の小さな幸せを守る」という事だったと思います。

でもこれは実は既にスイートでも提示されていたのですね・・・

今回のスイートの話、特に前半パートのおいて、
調べの館でのコンサートの準備でてんてこ舞いの中、一人落ち込むアコに対して
「そんな顔しないで・・」と励まし
「確かに状況は大変だけど、今、自分達がこの時点で何が出来るのかよく考えよう・・・
自分達に出来る事をちゃんとやろう・・・
皆のこの幸せと笑顔を守ろう・・・」
と響が提示していたのがとても印象的ですね。






今回の話の中で特に強い印象があるのは、
音吉さんとクレッシェンドトーンの会話・・・・

「音楽は今あるものが全てでは無い」
「音楽と言うものは、新しく生み出すことも出来る」
「ハートのト音記号は音楽の始まり。新たなメロディを奏で始める・・・」
「音符がないなら創り出せばいい」

つまりこれを言い換えると・・・

楽しい事や幸せ・そして絆はみんながいてこそ強く大きくなるし、
希望を失わない限り人は新しい道を切り開いていけるという事なのだと思います。

人が生きる上で、幸福と不幸は付き物・・・いわば「二つで一つ」という「セット物」なのかもしれません・・・
だから、「不幸」だけを直視して、不幸を嘆いても何にも前進しない・・・
「不幸」があるという事は必ずその先に「幸せ」はあるはず・・・
「不幸」は確かに嫌なものだけど、
「幸せ」は自分達が本気になってそれを見出そうと真剣に生きていたら、かならずどこかで
発見できるもの・・・
「幸せ」が見つからないと嘆くなら、
どうやれば「幸せ」を見出すことが出来るのか・・・・もう一度自分をよく見つめ直そう・・・・

そんな事なのだと思います。

響と奏は・・・

正直、序盤は、プリキュア史上「最悪」とも言えるスタートを切ってしまいましたけど、
二人の離れていた気持ちが徐々にゆっくりと縮んでいき、二人の信頼関係が構築された時には、
エレンが加わり、三人の組曲が始まり、
そしてそれにアコが加わり、四人の組曲が奏でられていく・・・・

スイートの物語は・・・人々の連なり、絆、みんなで作られる調和から、物語がどんどん拡張していった物語
のような印象がありますね。


何か今回のスイートの話を見ていると
なぜか脳裏をかすめる交響曲が一つありました・・・

何かと言うとチャイコフスキーの交響曲第4番です。

この交響曲を最初に耳にしたきっかけは、やはり毎度のことですが
私の場合、吹奏楽コンクールでして、
吹奏楽コンクールにおいては、よくチャイコの4番は終楽章が自由曲として演奏される事が
多いです。
ま、この第四楽章だけを聴いてしまうと、ついつい・・・
「チャイコの4番は、どんちゃん騒ぎの喧騒なシンフォニーなのか・・・」と誤解をしてしまうのですが、
実際は・・・かなり陰鬱と言うか、躁鬱の落差がすさまじい曲だと思います。
特に第一楽章は重たい・・・・
チャイコフスキーの手紙では、この第一楽章については、
「運命と言うものは・・・幸福の実現を妨害させる冷酷な力であり、人々が幸せになれないように嫉妬深く
見つめている・・・私達は、運命と妥協し嘆き悲しむ事しか出来ない・・」
と記しています。
第二楽章も、もっと陰鬱で、やはり手紙では・・・
「仕事や生きる事に疲れ切り、家に戻って本を読もうとしても、いつの間にか眠りにおち、
いつの間にか本が滑り落ちているメランコリーな姿の悲哀・・」と
記しています・・・

だけど・・・・

この交響曲は第四楽章で唐突に爆発炎上します・・・・

まるで炎のような快進撃が展開され、そこには「生きる喜び」とか「希望」に満ち溢れています。

チャイコフスキーの手紙では、この楽章については・・・・

「あなた自身の中で、どんな喜びも見いだせないというのなら、進んで人の輪の中に入っていきなさい・・
人々の喜びの輪の中に入って、そして自分も喜びなさい・・・」
「言葉の終わるところから、音楽は始まっていく」
と記しています。


そうなんですよね・・・・

このチャイコフスキーの言葉は、「スイートプリキュア」が一年間掛けて提示したテーマだとも
思いますね。

つまり・・・・

音符がないなら創り出せばいい。
不幸のメロディの後に幸福のメロディを歌えばそれでいい・・・
不幸と幸せは二つで一つ・・・・
不幸だけを嘆いても意味が無いし、
幸せだけを求めてもいつの日か報いを受けてしまう・・・・

不幸に遭遇したら、いつの日にか再度「幸せ」が訪れるようにやりなおせばいい・・・・

そんな事なのだと思います。

うーーーん、やっぱり「スイート」の世界は想像以上に深いものがありますね・・・・

b981a476_convert_20150226073120.jpg


343463ff-s_convert_20150226072938.jpg


「スイート」の場合・・・

前半は、響と奏の「二人の組曲」・・・

そして、色々とすったもんだはありましたけど、エレンが加わって以降の「3人の組曲」は
更に物語が深くなり
(エレンのボケとポンコツ振りはいいアクセントになりましたね・・・笑・・・)
最終的にアコが入る事で
何か素晴らしい「喜怒哀楽」の四楽章の組曲が完成されたようにも思えます。

でも冒頭の、雪の広場の中で、ひとりたたずむ奏は・・・

どうみても(響という)「恋人」を待つ彼女みたいな雰囲気濃厚でしたね・・・・(苦笑・・)


0ff6dea4-s_convert_20150226072657.jpg


最後に余談ですが・・・・

上の画像では、ファゴット奏者は両手でファゴットを抱えて持っているようにも見えますが・・・

ま、その・・・・

ファゴットというものは、首にストラップを掛け、ストラップと楽器の金具を結合させますので
一応、手を放しても楽器は落ちないようになっています・・・

あ・・・、これは余計なツッコミですね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1997-6ed7d3b5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |