プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


18.天理高校

 D/交響曲第5番終楽章(D.ショスタコーヴィッチ)

 この演奏は・・・・

 生で聴いた時、実は結構驚きました・・・・

 というのも、「天理高校」と言うと日本の吹奏楽をリードし続けるかなりの名門校で
 特に1984年~85年の「フェスティヴァル・ヴァリエーション」とか「セント・アンソニー・ヴァリエーション」の
 歴史的名演もウルトラ級に素晴らしい演奏を聴かせてくれていましたし、
 1988年の「ディオニソスの祭り」も少々金管の音色がどぎつい傾向にはありましたが、
 やはり圧倒的な存在感を示していました。
 豊かな音量・高い技術・洗練された音色と三拍子揃っているチームというのが
 当時、天理に対する「イメージ」だったのですけど、
 この年以降、天理は、ガラッとイメージを変えてきたような印象があります。

 何かと言うと、サウンドが随分と細くなった・・・・という印象があります。

 幾分太めな「中肉中背」の人がウェイトトレーニングを積んで体を更に絞り込み
 体を一回り小さくした・・、だけど筋肉は引き締まっている・・・・

 この年の天理の演奏を聴いて、何かそのような「ダイエット効果」みたいなものを感じてしまいました。

 でもな・・・・

 印象としては、ショスタコを吹くにしては、少し線が細すぎる・・・・
 勿論仕上がりは大変丁寧だし、音は洗練されているし、技術的な「不安要素」は全く無い・・・
 だけど少し「ひ弱い印象」もある・・・・

 なんかそんな感じでした・・・

 この演奏の2年前の「ディオニソスの祭り」の金管の鋭角的な響きがかなり強い印象をもたらしてくれたのですけど、
 この年は・・・・
 その金管セクションが、どことなく
 翼をもぎ取られて、鳥かごの中でおとなしく飼われている「野鳥」みたいな雰囲気が
 あったような気もします。

 課題曲Dは大変「素直」な演奏、一言で言うと実にスタンダードな演奏でした。
 自由曲のショスタコの5番は・・・
 木管のテクニックは素晴らしいし、中間部の「しっとりとした音色」は目を見張るものがありました。
 だけど・・・
 前述の通り、金管セクションが抑制され過ぎているというか、全体の線が細いせいもあるのですけど
 (サウンド自体は決してやせている訳ではありません・・念のため・・)
 ショスタコにしては、少し「地味」な感じ・・・・
 「うまい」とは思うけど「高揚感」とか「メッセージ性」はあまり伝わってこなかったようにも
 感じられます。

 今にして思うと・・・・

 この年の演奏は「過渡期」だったのかな・・・・

 1988年までの豊かな音色のオリジナル路線から
 1992年~94年の三年間の「フランス物アレンジシリーズ→海・ダフクロ・スペイン狂詩曲」の繊細路線に
 転じる間の「産みの苦しさ・・・」みたいな時期が
 このショスタコの演奏にも反映されていたのかもしれませんよね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

仰るとおり

1990年代から
天理高校は、ガラッと路線を変えましたよね。

以前は新しいオリジナル作品を
素晴らしい演奏で聴かせてくれていたのに
他の有力高校と同じような選曲となり
また、音の纏まりをかなり意識した
あまり冒険しない方向になったのは
少し残念でした。

その後2000年前半は関西大会で銀賞に終わるなど低迷期に入り
一度復活したのですが
近年は全国大会に進めないようになってます。

淀工や大阪桐蔭は、オリジナリティを感じるサウンドなんですが
近年の天理高校は、独自のサウンドを感じられない
金太郎飴のようになっているのは
奈良県人としては、残念です。

天理の復活を期待したいですね・・・

大仏と鹿 様

コメントありがとうございます!

私のようなオールド吹奏楽ファンの人間ですと、天理高校と言うと
ハムレット・オセロ・セントアンソニーなどが懐かしいですし
少しマニアックですけど1975年の交響詩「おやさま」なんか大好きでした。
やはり「天理」というと、オリジナル曲ですね!!

確かに1994年や2002年の「スペイン狂詩曲」も魅力的なのですけど
あの輝かしい音色のオリジナル曲が断然好きでした!!

最近、天理も中々全国には進めないようですが、
「新しい天理らしさ」を再構築した上でもう一度全国でその雄姿を見られたら素晴らしいですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1994-65f52d84
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |