FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


17.関東第一高校

 C/華~吹奏楽のために

関東一高は・・・・、これはあくまで私の意見・感想なのですけど
 この年、1990年を持っても完璧に一皮むけたと思っています。
 このチームは、正直・・・・
 1984年~86年は限りなく銅賞に近い銀賞だったと思いますし、
 87年~89年のロシアものアレンジシリーズは・・・・まさに「技術低迷・個性無し・感銘性無し」という
 言わば「無い無いづくし」だったと思いますし、
 「折角全国に出場しても銅賞ばかり取るこんなしょーもないチームが都大会代表になるくらいなら、
 よっぽど関西・関東の代表校の枠を一つ増やして、都大会の枠を一つ減らせばいいのに・・・」と
 思った事さえありました。

 だけど・・・・

 関東一高は、この年以降、完璧に生まれ変わったと思います。

 サウンドが別人チームのように生き生きと躍動し、
 技術も安定し、従来までのクラリネットの絶対的不足も解消され、
 男子校特有の「木管セクションの脆弱さ」が見事に解消されていたと思います。

 一体この一年間で何があったのでしょう・・・・

 勿論、私は部外者なので知る由もありませんけど、とにかくこの年の関東一高は
 内容が充実した素晴らしいお見事な演奏を聴かせてくれました。
 華の演奏終了後、客席からは「ブラボーコール」がこだましていましたけど、
 多分・・・・
 関東一高は、1983年の初出場以来、演奏終了後にブラボーコールを受けたのは、
 この年が初めてだと思います。

 課題曲C/カタロニアの栄光は、「少し飛ばしたい・・・」奏者の気持ちを巧くコントロールし
 むしろゆったりと余裕を持ってこの曲を指揮した塩谷先生に敬意を表したいですね。
 終始節度と余裕を保った「大人の演奏」が光っていましたし、
 クラリネットの「鋭さ」も十分アピールしていましたし、金管セクション全体のマイルドさも
 申し分なかったと思います。
 課題曲Cとしては、この日のトップクラスの演奏だと思います。

 でも真価は自由曲の「華」で遺憾なく発揮されていました。

 この曲は・・・・

 「華」というタイトルの割には、特に「華やか」という印象も無く、どちらかというと地味でおとなしい曲です。
 そんなに「鳴る」曲でも無いと思います。
 前半の「ひそやかさ」と後半の「躍動」といった静と動の対比が極めて面白い曲だと思うのですけど
 このチームの場合、その対比が実に鮮やか・・・・!!
前半の息を潜めるような緊張感をずっとキープ出来ていたと思いますし、
 後半以降も、音楽が大変生き生きとしていて、
 「まさに音楽が呼吸している・・・!!」みたいな生命の力強さみたいなものも漲っていて
 とにかく聴いていても
 サウンドは清潔だし、音は全く濁りが無いし、
 静と動の対比が気持ちよいくらい、カッチリ決まっているみたいな印象で、
 演奏が終わっても
 「もう少しこの余韻を楽しみたい・・・」みたいな「やすらぎ感」があったのは今でもよーく覚えています。

 台風接近の都大会での演奏も申し分なかったけど
 全国での演奏は、都大会よりも更に磨きがかかり、大変充実した演奏を聴かせてくれました。

 大変惜しまれる銀賞でしたし、正直金でも全然おかしくない演奏だったと思います。

 「華」は、前半、ドラを2台使用していましたけど、その二台のドラの「静粛な熱演」というのか
 「静かにうなりをあげるその音色」がとても印象的でしたし
  p~ppみたいな音量指定でも、「静かにズドンと叩きこむ」大太鼓の見事な打点打ちが
 とても素晴らしかったです!!
ffでも決して音が割れない金管の「清潔感」も絶品でしたね・・・・!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1991-6bfc1236
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |