プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


16.高岡商業高校

 D/ペトルーシュカ

 この演奏、ほぼ完璧・・・・

 というか、埼玉栄・常総学院と並んで「グランプリ」の最有力候補でしたね。

 1990年当時は、ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」は、著作権の関係上、録音禁止のため
 ソニーから発売されている「日本の吹奏楽」のCDには収録されておらず、
 とても残念な気がします。
 だってあのウルトラ級の名演が、後世に伝わらず
 当日普門館の会場にいた人たちだけの「記憶」としてしかこの演奏が残らないのも
 何かとてつもなく勿体無い感じがします。

 1976年の秋田南もこの「ペトルーシュカ」を自由曲として演奏していましたけど
 こちらはレコードに普通に収録されていましたから、
 その収録可と不可の違いは何なのかな・・・
 ま、1976年当時は、今ほど「著作権」とかうるさくなかったから、特段問題は無かったのかな・・・・
 例えば・・・
 1985年の富山商業とか86年の御影とか87年の今津中は、やはりストラヴィンスキーの「火の鳥」を
 自由曲にしたものの、CDでは収録不可
 だけど、90年に入ると土気中などの「火の鳥」は普通に収録されています・・・・
 このボーダーはどこなのかな・・・・??

さてさて・・・・この年の高岡商業ですけど
 とにかく演奏が神がかっていました。
 「奇跡」のような名演だと思います。
 課題曲は2分半程度に短く収めましたけど、特にテンポが極端に速いとかそういう訳ではなくて
 むしろゆったりと「王者の貫録」みたいな優雅な雰囲気さえ伝わってきました。
 小太鼓のノリがとてもいいですね!!
自由曲の「ペトルーシュカ」ですけど、
 確か、私の記憶では、
 第一場・謝肉祭の市場と第四場・夕べの謝肉祭の市場から構成していたと思います。
 全体のメインは、「ロシアの踊り」と第四場の「仮装をした人達」だったと思います。
 この演奏、とにかく細かいところまでよく考えられて演奏されていて、
 実に完成度が高い演奏を展開しています。
 出だしの賑やかな感じも実に芸が細かかったし、よくあんな細部まで手が入っているな・・・と
 聴いていてとてつもなく感心しましたね。
 「ロシアの踊り」も実にシャープな仕上がりで、シロフォーンの細かい動きも実に鮮明でした。
 秋田南は、ラストはトランペットのソロで締めくくりましたけど、
 高岡商業は、確かトランペットのソロという静かな感じで終らせるのではなくて
 かなり賑やかな部分で終らせていたような記憶があります。
 原曲で言うと、仮装をした人たち~喧嘩の場面で曲を終わらせていたと思います。
 (記憶違いでしたら、申し訳ありません・・・・)

 とにかく全体的にドライな感じはあるのだけど、リズムが実にシャープ!!
演奏が全体的に大変躍動していて、
 とにかく「人形が踊る」というイメージを吹奏楽アレンジ版としても忠実に再現していたと思います。

 あと・・・・この年の高岡商業で特筆したいのは
 ステージ衣装の素晴らしさでしたね!!
前年の「ローマの祭り」あたりまでは、ブルーのブレザー+白のスカート・ズボンでしたけど、
 この年は黒を基調としたタキシードみたいな感じ又は、ロングドレスみたいな雰囲気で
 何か「プロの管弦楽団の冬期シーズン用衣装」みたいな雰囲気で
 見ていて「あ・・・何かとても大人っぽいな・・・」と感じたものでした・・・・

 演奏もグランプリクラスだったけど、ステージ衣装は当日のグランプリでしたね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1986-33e82fb8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |