FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


でもね・・・・
今回やはり一番の衝撃は何かと言うと・・・・
きららは・・・・
何とプリキュアになる事を二度も断ってしまった事かな・・・・
変身アイテムを二度にわたって返却というのも前代未聞・・・・
ま、確かに歴代プリキュアの世界では、
「青系プリキュアは一度は断る」という法則があり、
アクア・マリン・ビューティ・ダイヤモンドは一度は固辞していますからね・・・・
ビートも最初は自分がプリキュアに覚醒した事は信じられなかった様子ですし、
プリンセスに至っては・・・・、ま、この方は論外ですね・・・・(苦笑・・・)
黄色系が断るというのは、ドキドキのありすお嬢様もそうでしたけど、
ありすはプリキュアとして一度覚醒したら、後はノリノリ・・・という感じでしたけどね・・・

だけど・・・・

きららは・・・・

二度にわたって辞退しましたからね・・・・
何かあの返し方は・・・・
カタログ通販で商品購入したはいいけど、実物が届いたら気に入らないので
「クーリングオフ」を利用して契約解除した・・・・みたいな雰囲気でしたね・・・(苦笑・・・)
しかも・・・・
一度はプリキュアとして覚醒し一度は戦って鮮やかに勝利を飾ったのに
「え・・・、頑張らないよ・・・、スケジュールがパンパンでプリキュアとして戦うヒマがないんだ・・・」
というお方は・・・
ま、当然初めてですよね・・・・

いやいや、あれはまさに驚きの展開・・・・

これまでの歴代プリキュアの流れとしては、
自分の夢の否定→そんなことない!!→プリキュアとして覚醒→これから一緒に頑張ろう・・!!という流れは
ほぼ「セオリー」だと思うのですけど
そうした伝統を打破し、
あくまで「自分の論理」を押し通し、プリキュアよりも「自分の叶えたい夢の実現」を
優先してしまう人は・・・・
多分初めて・・・・
(フレッシュの美希もきららと同じくモデル志望で、一度は自分の夢実現のため、プリキュア辞任を申し出たものの
結局思いとどまり、そのままプリキュア活動継続・・・という歴史は確かにありましたけどね・・・)

この辺りは大変面白いし斬新ですね・・・!!

みなみの言葉じゃないけど「世の中には色々な人がいる」という事なのだと思います。

それを言い換えると「プリキュアにも色々なプリキュアがいる」という事なのだと思います。

プリキュアになる子は全部が全部、「自分の夢の実現」と「プリキュア」という両天秤ならば
プリキュアを無条件で選択する訳ではない・・・という
「多様性」を提示したというだけでも大変斬新なものがありますし、
確実にこれまでのプリキュアとは「何かが違う・・!!」と感じさせてくれるものがありましたね。

ともすれば、これまでのプリキュアは・・・・

特に夢を持っていない普通の女の子が「プリキュアの一年間の任務」(?)の間に
自分を見つめ直し自分の「夢」を見つけて
それを実現するために頑張っていく物語・・・・
という側面の方が強かったのですけど、
それでは既に自分の夢を明確に描いていて、それに向かって既に絶え間ない努力を重ねている人間に対して
「それでもプリキュアになる意義とは何なのか・・・、その必然性はどこにあるのか・・・」という点を
提示してくる今度のプリキュアは
マジに「半端ねえ・・・」という印象ですね。

とにかく11年間続けてきた「プリキュアの良き伝統」を受け継ぎながらも
更に何か「+α」を提示しようという製作者側の意気込みも強く感じられ、大変好感が持てる
スタートになっているような気がします。

一体この物語は、最終決戦あたりまでには、どういう「更なる成長」を自分達に提示してくるのだろう・・・・

それを思うととてもドキドキ・・・しますね。

でも一体はるかは・・・・どう丸め込んできららを次回プリキュアとしてチーム結成するのだろう・・・・
プリキュアを出来ない納得のいく理由を明確に持っている子に対して
「きららの夢」すらも凌駕する「プリキュアとして戦う存在意義」をどのように提示していくのか・・・・

とにかく第5話が今からものすごーーく楽しみですね。

従来までは、「プリキュアに一度なったからには今後も皆で頑張っていこう!!」がほぼ定番なのに
一度戦ったのは、
たまたま利害関係が一致しただけで、ショーをぶち壊したクローズに一泡吹かせてやりたかっただけ・・・
忙しいしプリキュアには興味が無いと一刀両断するあたりは
実に新鮮でいいですね・・・!!
きらら・・・、すごい・・・・あまりにもその自由人な発想・・・・凄すぎるよ・・・・
きららは完璧に「プリキュアの伝統」を超越してしまいましたね・・・・






でも、きららはある意味怖いもの知らず・・・・

だって・・・、学園のプリンセス、生徒会長・みなみ様を軽ーくスルーですよ・・・・(苦笑・・・)
きらら、クラス内で無視とかのイジメに合わないといいけど・・・・(苦笑・・・)
下駄箱の靴がいつのまにか消えているとか
バレエシューズの中に画鋲が入っていたとか・・・・
そんな展開にならないといいのだけど・・・・

というか・・・

もしかしてきららは、寮内では・・・相部屋ではなくて一人部屋なのかな・・・・

そうですよね・・・・

あのウルトラマイペースのきららと寮で相部屋になった人は・・・・
多分「ウルトラはっぷっぷー」の状態になってしまいそうですね・・・・(苦笑・・・)

公園での撮影中にゼツボーグが乱入しても全く動じませんでしたし、
フローラとマーメイドが登場しても
「あ・・、また何か来た・・・」と醒めていましたよね・・・・
ま、きららにとっては、ゼツボーグもプリキュアも、「自分の撮影を邪魔するヘンな人」の感覚しか
ないのかもしれませんよね・・・・

あの公園での戦闘シーンは、短いけど、フローラとマーメイドの息の合った戦い方が大変印象的
でしたね。
マーメイドがすかさず指示を出し、フローラか素直に「はい」と言う辺りは中々見事なコンビですね。
この姉妹関係みたいな二人に今後トゥインクルが入る事によって
一体どういう「化学変化」がこのGoプリチームに起きてくるのだろう・・・・
それもまた一つの楽しみですね。
というか、みなみさまが・・・・(かれんのように)感情を露わにして怒り出す・・・という事にはならないのかな・・・??


756e8625-s_convert_20150224072440.jpg


88f92a64-s_convert_20150224072415.jpg

82ff8083-s_convert_20150224072346.jpg


今回のトゥインクルの「初変身」は・・・・

とにかく原画が「気合入りまくり」ですね!!

何だろう・・・・あのモチベーションの高さ・・・・

マーメイド初変身の時も、凄く気合が入っていたと思うのですけど
(フローラは・・・・第一話なのに第四話の原画温存のために、まさか手抜き・・・・???)
トゥインクルの変身シーンの原画は・・・・
とにかく気合が全然違いますね!!
何か製作者側の「熱いもの」が伝わってきますし、見ていて「惚れ惚れする・・・」としか言いようがない
とにかく完成度の高すぎる変身シーンでした!!

冷たい檻に閉ざされた夢。返していただきますわ、お覚悟はよろしくて?」の決め台詞の前後の
流し目&指パッチンは・・・・
「あざとさ」すらも軽く超越していますね・・・・
ピョンピョン跳ねた後で回転して一捻りとか、腰のくぴれとか、髪のモフモフが横に伸びていく感じとか
トレードマークの「吊り目」とか・・・・
とにかく最初の変身シーンでこんなに強烈なインパクトがあった人っていたかな・・・・
最近では・・・・
ハッピーのお化粧パフをパタパタ→頬が赤く染まるとか
ピースの例の「びかびかびかりんじゃんけんぽん」の掛け声とともに毎回展開されるじゃんけんとか
スイートのメロディ・ビートもかなりインパクトがあったけど、
このトゥインクルの足許にも及ぱない・・・・という感じですね・・・・今となっては・・・・

よく黄色は「あざとい」とか言われますし、
前作ハピネスのハニーの「万能さ」が極めて印象的でしたけど、
トゥインクルの場合・・・・
何だろう・・・この圧倒的な雰囲気は・・・・
「小悪魔」のようにも感じてしまいますし、
「お前ら、束になってかかってきやがれ!!」みたいな「強さ」も感じてしまいますね・・・・

忘れてしまいがちですが・・・・トゥインクルは今回が初変身なのですよね・・・

だけど、あれは既に初変身とは思えない「強さ」とか「巧みな戦い方」が十分伝わってきましたね!!

本当にトゥインクルは・・・・・中一なのでしょうか・・・・(笑)

敵前逃亡とブロッサム&ピース、そして全戦全敗のプリンセスは一応中二なのですけど、
何かオールスター映画では
この3人とかめぐみ先輩とかは、
きららからは・・・「ふん・・・」と鼻で笑われそうな雰囲気ですね・・・・(苦笑・・・)

というか・・・・

えりかがきららの一つ学年が上とはどうしても見えないよ・・・・・(苦笑・・・)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1985-25fe618f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |