プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「Go! プリンセスプリキュア」の第四話が完了し、既にアニメ放映が開始されて一か月が経過しようと
しています。
前作/ハピネスが大変不安定な立ち上がりを見せていたのに比べると、
「大胆さ・冒険・チャレンジ」といった側面は確かに幾分弱いのかもしれませんけど、
その分物語に「安定さ」が大変良く感じられて、
お年寄りから小さいお子さんまで何の不安感も無く安心して視聴する事が出来る「安心感」が
隅々まで感じられて大変好感が持てます。

ま、何はともあれ無難なスタートが切れて良かったですね。

あの「安定感」の要因って何なのかな・・・・

Goプリの「爆弾要素」とも言えるきららに関しては、後ほどたっぷりと語りたいと思いますので
ここではひとまず置いておいて、
やはりピンク系主人公・はるかの「安定感」が大きいのかな・・・
それと・・・・見過ごしてはいけないのは、
番組開始前の「みなみは孤高・・・・?? 扱いにくいキャラ・・・??」の予想を完璧に覆し、
みなみの「大人の風格」とか「誰に対しても寛容」とか「中立性と公平さ」みたいな聡明さが
結構大きいと思います。
みなみは全体的に既に「王者のゆとり」を全身から放出している風格すらありますね。
これは、「キャラが被っている」とよく言われているプリキュア5のかれんさんとは明らかに
異なっている点ですね・・・
うーーん、既にみなみは、歴代白&青系の「最高峰」の粋に達しているかも・・・
なんというのかな・・・最近まで先代のポンコツの青系先輩を一年間見ていたせいもあるのですけど
今年の青系の優秀さは、まさに「私、完璧!!」の世界ですね・・・・
ま、謙虚で聡明なみなみは間違ってもそんなセリフは口にしないでしようけど・・・・(苦笑・・)





はるかは、見ていてとても気持ちの良い子ですね。

キャラも・・・・典型的な歴代ピンク系キャラだと思いますし、なによりもあの「まっすぐな素直さ」が
とても好感が持てますね。
先代のピンク系主人公のめぐみ先輩が一年間も掛ってようやく探し当てた「自分の夢」も
既に第一話から持っているし、
ま、確かにきららみたいな「強い上昇志向」とかは今のところないのかもしれないけど、
「自分の夢」の実現のために何をすべきなのか・・・という所を既に理解している点は
さすが・・・としか言いようがないですね。

春野はるかという名前ですけど
これ、自分でも実は全然気が付かなかったのですけど、
確かにきららが言うとおり「はる」という単語が二つも入っているのですよね・・・・
きらら命名の「はるはる」という愛称は今後果たして定着していくのかな・・・??
そういえば・・・・
ハピネスでも、ゆうこの「ゆうゆう」という愛称は、
自分の中ではすっかり定着してしまいましたね。
ハピネスのメンバーで、ゆうこの事を「ゆうゆう」と呼ぶのは実はめぐみだけ・・・なのですけどね・・・

最初にはるかを見た時の第一印象は・・・・

SSの日向咲に何か雰囲気が似ている・・・・という感じでしたね。

咲もよく「タヌキ顔」とか「たぬたぬ」とか言われて親しまれる愛くるしいキャラでしたけど、
何かはるかも咲先輩とそうした意味では少しキャラが被りそうですね。
咲は・・・・
「ひまわり娘」というキャッチコピーが大変よく似合う「真夏」が大変良く似合うキャラでしたし、
一つ先輩のなぎさが幾分「嫌な出来事」をついつい引きずってしまう傾向にあったのに対して
咲は、嫌な事は次の瞬間には綺麗さっぱり忘れてすぐに立ち直ってしまい、
ひたすら前向きに前進していこう・・・!!というタイプでしたけど、
何かそういう意味でも、はるかと咲は少しキャラが似ていそうな気もしますね。

はるかも少しタヌキと似ている要素があるのかな・・・・

そういえば・・・・

第一話でパフと初めて出会った時の第一声が「タヌキ・・・??」というものでしたけど、
あれは・・・
多分・・・・
SSの頃から見ているプリキュアのオールドファンの人達の半分程度は・・・・

「おまえが言うな・・・!!」とツッコみたくなりますね・・・・(苦笑・・・)

ま、「お前が言うな・・・!!」の名言は、ハピネスで、ファントムがブルーに対して放ったセリフでは
ありましたけど、
確かにあの時のあの状況のセリフとしては、全視聴者の心の声を代弁していましたよね・・・・



p02_precure_01.gif


でもね・・・・

はるかのあの少し独特な髪型は・・・・

「あれれ・・・、どっかで見た事あるな・・・」とずっと感じていたのですけど
あれってスマイルの「キュアサニー」のお団子ヘアと少し似ているのかもしれませんよね・・・・

サニーも通常変身ではああしたお団子ヘアでしたけど、
「プリンセスフォーム」では、お団子ヘアではなくて、ロングヘアーになっていたのは印象的でしたね。
「プリンセスフォーム」で一番外見的に変化したのは、サニーだったような気もしますね。

歴代プリキュアでは、たまーにですけどお風呂上りシーンが描かれる事があって、
例えば普段はポニーテールにしているなおとかめぐみがストレートヘアとして描かれている場面があったり、
普段はチョココロネ型ヘアをしているみゆきがストレートヘアにしている場面がありましたけど、
はるかのお風呂上りではどんな髪型になるのかは
少し興味がありますね。というかストレートヘアの状態のはるかも見てみたい気もあります。

さてさて・・・・

Goプリは、一応は・・・・トゥインクルの変身シーンと戦闘シーンがありましたけど、
まさか、まさかの「お断りしますわ・・・、私、プリキュアにはなりません!!」のありすお嬢様と
同じ展開になるとは思わなかったです・・・・
果たしてどういう経緯できららがプリキュアとして戦う覚悟をするのか・・・
またまた、いつごろ、はるかがきらら・みなみを姓で無くて名前で呼ぶようになるのか・・・
それも含めてすごーく楽しみですね。

思ったのですけど、Goプリは、「はるか・みなみ・きらら」のプリキュア間格差は結構あるのかも・・・・??
だって・・・
生徒会長で全校生徒の憧れの的のみなみ、
トップモデルとして既に芸能活動まっしぐらのきらら・・・
そして特段何の取柄も無いはるか・・・・

ま、そういう特段何の取柄も無い子が頑張るのがプリキュアだから・・・・

頑張れ・・・!! はるか・・・!!

だって・・・・

振り返って見ると「プリキュア5」もプリキュア間格差と言えばすさまじいものがありましたからね・・・・

生徒会長で全校生徒の憧れの的のかれんさんと、その親友で図書委員で小説家志望のこまち、
既に女優デビューを果たしていたうらら、
各運動部から「助っ人依頼」が殺到しているスポーツ万能のりんちゃん・・・・

一方、のぞみは・・・・

気の毒なほど、難の「取柄」も無いダメダメ女の子・・・・

はるかは・・・・・だから大丈夫!!

だってのぞみ大先輩は、運動も勉強もぜーんぶダメダメで、忘れ物は多いし、何も無い所で
すっ転ぶのが唯一の特技・・・・
そんなダメダメ先輩ですら、
歴代プリキュアの中では・・・・
多分、「リーダーとして最も相応しいプリキュア」として立派に大きく羽ばたいていき
最終的には、多分・・・・立派な学校の先生になっていると予想されますからね・・・・!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1983-755c4d16
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |