プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


15.市立柏高校

 B/バレエ組曲「シバの女王ベルキス」

 このチームは、前年度は関東大会スカ金でしたので、この年はかなり気合が入っていたと
 思います。
 以前も書いたと思いますが、この年の市川市で開催された関東大会も聴く機会に恵まれ
 この市立柏の演奏も関東、そして全国の両方で聴くことが出来ました。
 印象としては・・・・
 関東大会では、とにかく「気合」が入っていた・・・というか、
 「今年は何とか全国に行きたい!」という気持ちが全奏者から痛いほど伝わってくるものがあり、
 少しばかり力みはあったけど、
 集中力の高い演奏という印象でした。
 審査結果発表の際、全国大会代表とアナウンスされると
 客席の市立柏の生徒全員が立ち上がり「ありがとうございました!」と全員が90度の角度でお辞儀を
 していたのは、少々やりすぎかも・・・・??

全国大会では・・・・

 関東大会のような「力み」は感じられず、
 良い意味でリラックスした状態でとても伸び伸びと吹いていたのがとても印象的でした。
 課題曲B/風の黙示録は、この年の高校の部では、市立柏を含めてわずか2チームしか演奏
 されませんでしたけど、
 感想としては・・・・
 「市立柏の演奏を聴いてしまうと、別に他チームの演奏は聴かなくてもいいかも・・・」と感じさせるくらい
 集中度が高く、劇的雰囲気満載のこの曲を冷静に聴かせてくれて
 過度に「静と動の極端な対比」を煽る事も無く、
 実に冷静沈着に計算高く演奏されていたと思います。
 少し抑制し過ぎかな・・・とも思ったほどでしたけど、
 課題曲でコントロールされた鬱憤を自由曲のベルキスで晴らしてくれた・・・という感じもありました。
 だけど市立柏のベルキスも
 それほど音量をバリバリに鳴らした・・という訳でもなく
 指揮者のコントロールが大変有効に効いているせいもあり、
 鳴っているけどどこか「冷静さ」を保っている・・という印象があり、
 全体しては、大変計算され尽された演奏・・・という感じもありました。
 「勢い」優先の関東大会とは、随分と替えてきたな・・・・というのが率直な印象です。

 あ、そうそう・・・・

 Ⅳ.狂宴の踊りのラストで、トランペット奏者3人がステージ横に移動し、そこからバンダみたいな感じで
 吹いて、正面と横からの二面からの音響を演出するというベルキスの演出は
 多分福岡工大付属が始めたと思いますが
 それを定着化させたのは、この市立柏の演奏なのかもしれませんよね。
 確か、私の記憶では、あの部分では、
 普通のトランペットではなくて
 「アイーダトランペット」を使用していたような気がします・・・・
 (その辺は少し記憶が曖昧・・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1982-f674dea1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |