FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


13.嘉穂高校

 D/スキタイ組曲「アラとロリー」

 いやいや・・・、これは驚きでしたね・・・・
 だって嘉穂高校と言うと、比較的分かり易いクラシック音楽のアレンジ物とか 
 吹奏楽オリジナル作品を自由曲として選ぶ傾向にあったのに、この年は・・・・
 まさかまさかのこうした過激な作品を自由曲として選ぶとは・・・
 意外なチームが意外な自由曲を選ぶという事で当時はかなり驚いたものでした・・・

 ま、というか・・・・

 実はこのチームはその前年は、
 ハチャトゥーリアンの交響曲第2番「鐘」を自由曲として選曲し、
 九州大会で銀に留まり全国には進めなかったのですけど、花輪以来の「鐘」は是非聴きたかったですね・・!!
この頃の竹森先生は・・・・
 ロシアの過激路線に少しはまっていたのかな・・・・??

でも・・・・

 嘉穂高校と言うと、どちらかというと無理して音を壊してまで鳴らす・・・・というチームではなく
 比較的節度を保った常識的なチームという印象が強いせいか
 やはり「スキタイ組曲」みたいな粗野で荒っぽい曲は、今一つこのチームの「優しくふわっとした音色」に
 マッチしないような感じもありました・・・・
 スキタイの第一曲/ヴェレスとアラへの崇拝の出だしなんか
 もっともっと音色を鋭角にし、敵愾心むき出しみたいな表現をしないと、
 この曲を選んだ必然性があまりないようにも思えます・・・・
 第二曲「ヂェジボーグと邪悪の踊り」ももう少し音自体に「鋭敏さ」が欲しいところ・・・・でしたし、
 サウンドが一部未消化の部分があったようにも感じられるのが惜しいところ・・・・

 銀と銅のボーダーラインかな・・・と思っていたら・・・・(多分)スレスレの銀に留まりました・・・・

 うーーん、正直このチームを銀にするなら、この後の出演順で同様にプロコフィエフを取り上げた出雲高校の方が
 説得力はありましたし、むしろこちらの方が銀に相応しい感じもありました。

 嘉穂というと、やはりガイーヌ・三角帽子・コッペリア・ダッタン人の踊りみたいな
 分かり易いアレンジ物とか
 マクベス・ジェイガーみたいな正統派のオリジナル曲の方が合っていると改めて実感させられた
 この年の演奏でした・・・・
 (竹森先生としては最後の普門館になったローストの交響詩「スパルタカス」の演奏は素晴らしかったですね!!
あれこそ・・・・、まさに「This is オリジナル曲!!」という感じでしたね!!)


14.出雲高校

 A/バレエ音楽「ロメオとジュリエット」

 以前の記事で、
 「この年は銀と銅の間には結構差が生じてしまった・・・」みたいな事を書きましたけど
 出雲高校に関しては、
 この言葉は撤回させて頂きたいと思います。
 審査結果発表の際、出雲が銅賞と聞いて、
 「え・・・、うそでしょ・・・」と思ってしまったほどでしたね。

 課題曲A/ランドスケイブは、この課題曲としてはベストな演奏の一つだと思いました。
 前半の5/4拍子も、結構この部分を吹きにくそうにしているトロンボーンとホルンが全国でも散見
 されましたけど、
 この部分は出雲はカッチリキッチリと決めている印象がありました。
 中間部もしっとりとした歌い廻しも実に自然で聴いていて「妥当な解釈」に思わず「ふむふむ・・・なるほど」と
 感じたのを今でも覚えています。
 自由曲の「ロメオとジュリエット」も、無難な演奏でしたし、
 決して奇抜な表現方法を取る訳でもないし過剰な演出をしている訳ではなく
 絵に描いたような「スタンダードな解釈&演奏」をしているので、聴いていて安心感はありました。
 木管セクションの速いパッセージもほぼノーミスだつたと思いますし、
 ラストの金管、特にトランペットの高音も音が途切れることなく「緊迫感」をギリギリのところまで
 表現出来ていたと思います。

 でもな・・・・

 この演奏、これで銅賞なんですよね・・・
 
 この演奏が銅という評価で終る事に何か割り切れないものを感じましたし
 銅賞は少し気の毒・・・という感想ですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1980-9364ad78
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |