FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


ブリテンというと、初めてこの作曲家の名前を知ったのは、実は・・・・
あのあまりにも有名な「青少年のための管弦楽入門」ではありませんし、
20世紀の歌劇の中ではレパートリーとして完全に定着化した歌劇「ピーター・グライムズ」でも無く、
実は・・・・
「ソワレミュージカル」という可愛く楽しい組曲なのでした・・・・

確か1982年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会で、岩手県代表として演奏した
藤沢高校のこのブリテンの曲を聴いたのがそもそものきっかけだったと
思います。
Ⅰ.マーチ Ⅲチロル風舞曲 Ⅴ.タランティーラという部分を演奏したと思いますが、
何となく曲のタイトルが面白かったことが、少し気になったのだと思います。
上京後、この曲のレコードを聴いて、「へー、何か洒落た愛らしい曲だな」と思っていたら
ロッシーニの曲をブリテンが引用・再構築した曲と知った訳なのです。

この組曲は文句なく楽しめる曲ですよね。

ブリテンと言うと、
チェロ交響曲とかシンフォニア・ダ・レクイエムとか歌劇「ねじの回転」とかなりとっつくにくくて
渋すぎる作品も多いと思いますし、
「春の交響曲」というシンフォニーなのかカンタータなのかよく分からない重厚な作品もあったりして
正直・・・「青少年のための管弦楽入門」以外は、
日本では知名度は低いのかもしれませんよね・・・・・
(でも私は・・・・歌劇「ピーター・グライムズ」の偉大さ・先見の明はすごい・・・と思いますけどね・・・
 確かこの歌劇の事は2年ほど前に熱く語っていたような気が・・・・)

そんな中、

文句なく誰しもが楽しんで聴けるブリテンの管弦楽曲と言うと、
組曲「ソワレ・ミュージカル」を推したいですね。

この曲は・・・・舞踏家のチューダーと言う方からの委嘱作品として書かれたバレエのための音楽なのですけど、
後に・・・・
「ロッシーニを主題とした五楽章の管弦楽組曲」として再編成し
組曲「ソワレ・ミュージカル」という形で発表しています。
この「ソワレ・ミュージカル」は訳すると「音楽の夕べ」とか「音楽の夜会」という感じなのかな・・・・
素材としては、ロッシーニの歌曲集「ソワレ・ミュージカル」から大部分を使用しています。

とにかく・・・・

粋で底抜けに明るく楽しい曲が展開されていきます。

この曲を耳にするたびに、「あれれ・・・、本当にこの曲、あの難解な音楽を生み出している
ブリテンの作品なの・・・?」とも感じてしまいますけど
ま、素材は、ロッシーニの軽妙な音楽から取っていますので
ま、当然と言えば当然の話なのですけどね・・・・・

この曲は下記の5曲から構成されています。

Ⅰ.マーチ

Ⅱ.カンツォーネ

Ⅲ.チロル風舞曲

Ⅳ.ボレロ

Ⅴ.タランティーラ

ちなみに・・・・
Ⅱ~Ⅳは、ロッシーニの歌曲集「ソワレ・ミュージカル」を題材にし
Ⅰは歌劇「ウィリアム・テル」から、Ⅴは合唱曲「慈愛」から取られています。

Ⅰのマーチの「タン・タタ・タン!」のリズムで開始される勢いが実に爽快ですね・・・!!
シロフォーンが実にいい味を出しています。
Ⅲはいかにもアルプス・・・・という雰囲気が濃厚で、ヨーデル風のメロディーが極めて印象的です。
Ⅳのカスタネットが実に素晴らしい!!
Ⅴは急速な6/8拍子のナポリ舞踊でもそのノリノリ感が実に素晴らしいです!!

でもな・・・・

この曲あまり演奏会では演奏されないのですよね・・・・勿体無い・・・・

私自身もオケではこの曲、一度も聴いたことがありません・・・・・

吹奏楽コンクールでは何度か聴いたことがありますが、
(1982年の福岡工業大学の演奏は、何とⅣのボレロも演奏している・・・・!!)
出来ればオケ版の生演奏を聴いてみたいですね・・・・

ちなみにこの曲、作曲者自身による自作自演の演奏もあり、これは中々素晴らしい演奏を
聴かせてくれています。
このCDに収録されている歌劇「ピーター・グライムズ」~四つの海の間奏曲とパッサカリアの演奏も
実に素晴らしい!!

この曲は、組曲「マチネ・ミュージカル」と姉妹作とも言えるのかな・・・・
こちらも粋で素敵な作品です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1971-7a66c438
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |