プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


8.中村学園女子高校

 D/喜歌劇「詩人と農夫」序曲

 1988年以降、中村学園から松澤先生が勇退されてしまうと
 何かすっかり中村女子の持ち味が無くなってしまったような感じがありました・・・・
 何かどういう方向性を目指しているのか、
 どういうサウンドづくりを目指しているのかといった基本路線で迷っている感じが感じられ、
 何か全体的に「中途半端」なものを感じてしまいます。
 前年の「カルメン組曲」もそんな感じだったかな・・・
 「分かり易く明るく楽しいクラシック音楽を聴き易い方向で伝える」というのは何となくは伝わってくるのですけど、
 前任者の松澤先生との違いはどこにあるのか・・・
 どういう点を受け継ぎ、どういう点で自分達の新しい方向を目指していくのかという点が
 今一つ、サウンドとして、音楽として伝わってこなくて
 結果的に大変聴いていて「もどかしさ」を感じたものでした・・・・

 課題曲も自由曲も両曲を通じて言えるのですけど
 サウンドが少し濁り気味・・・・
 楽しい雰囲気は伝わってくるけど、何かもっさりしている感じ・・・・
 悪く言うと、サウンドがすっきりせず幾分重たい印象・・・・
 自由曲も前半のソロを中心とした歌と後半の華やかさの「鮮やかさ」の対比」も
 演出としては今一つな面があり、
 やはりここでも「中途半端」なものを感じてしまいました・・・・

 「銅賞だろう・・・」と予想していたら、銀でしてので、少し意外・・とも思いました。


9.埼玉栄高校

 A/ディオニソスの祭り

 この年の高校の部の「グランプリ」と言っても差支えが無い素晴らしい演奏でした!!

何だろう・・・・

 課題曲も自由曲も演奏に一部の隙も無い・・・
 とにかく「全てが完璧!!」の一言に尽きると思います。

 この年は、正直前半がやや低調で、
 「あれれ・・・、今年の高校の部は少しレヴェルが低いのかな・・・」と思っていたのですけど
 埼玉栄の演奏で一気にそうした気持ちが晴れていきました。
 
 課題曲の、聴くのは気持ちはいいけど演奏する方は結構大変な前半の5/4のリズミカルな部分が
 まさに「完璧!!」の一言に尽きます!!
音が大変洗練されているけど、ふわっとしている訳ではなくて芯が通っている音のせいか
 「自分達はこうしたい!!」という気迫すらも感じられ、
 演奏に「魂」が入っているのがストレートに伝わってくる演奏だったと思います。

 でも圧巻は自由曲でしたね・・・・

 実は「ディオニソスの祭り」は埼玉栄は二回目の演奏です。

 一番最初は、埼玉栄の記念すべき全国大会初出場の年でしたけど
 この時は・・・・
 うーーーん、申し訳ないけど細部の詰めが全然甘く、
 演奏技術も仕上がりも決して高くないし、演奏に迫力もアクの強さも感じないただの凡演・・・という
 感想しかなかったのですけど
 (同じ年に兵庫の御影高校が埼玉栄と同じ自由曲、ディオニソスの祭りを取り上げていたのですけど
 御影のアクの強さと表現力の圧倒的な逞しさは壮絶なものがありましたね・・・・
 私自身、コンクール史上最強クラスのアクの強さを誇るディオニソスだったと今でも思っています・・・)
 5年後にその時の雪辱を晴らすという意味においても
 大変意義のある演奏だったと思いますし、
 とにかく演奏に気迫がこもっていました・・・・
 細部もとにかく細かいところまでよく訓練されている・・・という印象で
 吹奏楽オリジナル作品としては難曲中の難曲と呼ばれるこの作品を全くその「難しさ」を感じさせず
 むしろさらりと音にしていたのは
 まさに驚愕の一言に尽きると思います。
 ユーフォのソロも申し分なかったし、サックスセクションの歌い方も素晴らしい!!
ファゴット・コントラバスクラ等の木管低音セクションの「縁の下の力持ち」の働きぶりも大変お見事!!

 何かこの年と翌年のシュワントナーの「・・・・・そしてどこにも山の姿は無い・・・」の演奏は
 神がかっていましたね・・・・

 本当にあのメンバー、高校生なのかな・・・と感じさせるウルトラ級の名演でした!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1969-d3be63ff
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |