プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


プリキュアが馬に乗っている・・・・

ある意味、これは凄い光景かも・・・・・





Go! プリンセスプリキュアですけど、まだ第三話ながらこの物語は「安心感」が全然違いますね!!
序盤から物語の骨組み・主人公のキャラ設定・主人公たちの「夢への取り組み」などが大変丁寧に
描かれていて、
安心して見る事が出来る物語ですね。
(やはり、メンタル面がやや不安定なハピネスチャージのピンク&青のポンコツコンビとは
 エライ違いなのかな・・・・苦笑・・・)

特に・・・・

みなみの風格は・・・・
既に「プリンセス」そのもの・・・・
一体この娘は、これから一年間更にどれだけの「成長」を見せてくれるのか・・・・・
何かとてつもない「大型新人プリキュア」の登場ですね・・・・
更にこれに加えて、GOプリには・・・・
「キュアトゥインクル」という本命エースが控えていますから・・・・
一体どんだけこの物語は大きく羽ばたくのでしょうか・・・・
とにかく先が楽しみなプリキュアシリーズです。

当初の予想では、みなみはもっと頭が固く融通が効かないお嬢様と思っていましたけど
実際は・・・・
協調性も高いし、優しいし、懸命だし、はるかの「保護者ポジション」も兼ねているし、
何よりも「孤高」ではない・・・・
自分の考えはきちんと持っているけど、それを決して上から目線で押し付けたりはしないし
相手の言い分もきちんと素直に耳を傾けられる「度量の広さ」も既にお持ち・・・・

うーーん、みなみ・・・すごいよ・・凄すぎるよ・・・・
前作のどっかのポンコツ青系とは、まさに月とすっぽんの扱い・・・・・!?

生徒会長ポジションで、才色兼備・頭脳明晰の青系プリキュアというと、かれんさん・れいかを彷彿とさせますが、
自分の当初の予想では、
みなみはかれんさんとかなりキャラが被るかと思っていたのですけど
実際は、初期の頃の孤高で頭が固く頑固なかれんさんとは少し様相が異なっていますね。

ま・・、かれんさんは・・・・
序盤の段階では、パルミエ王国の蝶にプリキュアになる事を拒絶されるくらいのお方でしたから・・・・(苦笑・・)

「プリキュア5」は2年間に渡る
5人の女の子が「自分の夢を見つけていく物語」だと解釈できるのですけど
その中でも・・・・
特に成長が著しかったのは、実はのぞみではなくて、もしかしたら・・・、かれんさんだったのかもしれませんね・・・
良く言えば孤高・・・、悪く言えば協調性なし・・・・のかれんさんが
あそこまで仲間思いになるとは・・・・
うーーん、やっぱり「プリキュア」として2年間戦った女の子は、成長も著しい・・・・

さてさて・・・・

みなみは、かれんさん同様「乗馬」も趣味の一つとの事ですけど
出来れば・・・・希望を言わせて頂くと・・・・
プリキュア5でかれんさんが愛馬チャーリーにまたがって、敵幹部・ハデーニャと一対一のガチバトルを
展開したように、一度くらいは乗馬しての「ガチバトル」も是非見てみたい気もしますね!!


9574794.jpg


だけど・・・・・

あの「ミルクを守れ! 白馬の騎士、かれん」の回は
まさに神回だったな・・・
あの回のかれんさんのガチバトルは、まさに鬼気迫るものがありましたね!!

今のところ、歴代プリキュアにおいては、馬にまたがってのチャンバラ活劇を演じたのは
かれんさんただ一人ですね・・・!!


9575560_convert_20150215010531.jpg


歴代プリキュアで「剣」を武器に戦ったプリキュアって意外と少なく、
アクア・ビューティ、そしてラブリーぐらいなのかな・・・

その中でも、馬にまたがり馬上で敵幹部と一対一の剣を武器に戦ったプリキュアは
アクアただ一人・・・・

ホント、あの回は声優さんの渾身の演技力というのも大きかったけど
迫力満点だったな・・・・

出来れば・・・・

キュアマーメイドも、一度くらいは剣を武器に馬にまたがって戦って欲しいですね・・・・


yes34.jpg


あの回って・・・・

のぞみとかりんちゃんは何をやっていたのだろう・・・・??

あれれ・・・、何か記憶が蘇ってこない・・・・ま、それだけかれんさんの印象が強かったのですね・・・・

ま、別にミルクが風邪をひいたって、熱を出してもしったこっちゃない・・・・(苦笑・・)という感じなのですけど、
(事あるごとにのぞみに対抗心を燃やして突っかかるミルクは爆発炎上してしまえ・・・・!!!)
不思議な事にミルクは、かれんさんに対してだけは心を開くのですよね・・・・

ま、だから翌年ミルキィローズに変身出来ても、かれんさんに対してだけは
最初から大甘になってしまうのですよね・・・・

あれれ・・・・

「プリキュア5」では、妖精とプリキュアの相関関係を見てみると・・・

のぞみ-ココ こまち-ナッツ うらら-シロップ かれん-ミルク・・・・

うーーん、りんちゃんだけ一人仲間外れ状態・・・・

ま、りんちゃんには「のぞみ」という相思相愛カップリングが成立しているから、ま、妖精は・・
どうでもいいか・・・・??

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1961-a90115f2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |