プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


d0739677_convert_20140902192058.jpg


「女装キャラ」というと、ま、その色々な人が演じてきましたけど
最近では・・・・
「ハピネスチャージプリキュア」のファントムによる「アンラブリー」が極めて強く鮮明に
印象付けられました・・・・
ホント、あの回は歴代プリキュアの神回と言われる中でも特に際立って素晴らしい回でしたね!!

反対に・・・・

「男装キャラ」というと、
プリキュアでは言うまでも無く明堂院いつき(キュアサンシャイン)なのですけど、
(サンシャイン初変身時において、川をサ―――ッと優雅に滑り降りたシーンは、
 最近では・・・・
 キュアマーメイドが海面をサーフィンのように舞い降りたシーンを彷彿とさせますね・・・)
それ以外の男装キャラというと、
ま、古くは「ベルサイユのばら」・「リボンの騎士」・「セーラームーン」など色々あるとは思いますが
私としては、何と言っても
「ニセコイ」の鶫誠士郎が断然大好きです!!
(ま、ニセコイの二期も間もなく開始されますので、これも大変期待しています・・・・)





私、「ニセコイ」は最初に漫画を読んでアニメを見たのですけど
漫画の際もアニメの際も・・・・
正直・・・・
「鶫誠士郎」が本当は(巨乳の・・・)女の子とは全く想像できなかったものです・・・・

だって・・・・

あれは誰がどうみても「女の子」には見えないですよね・・・・(苦笑・・)
「男の子」しかも、かなりの美男子にしか見えないですよね・・・・

だから・・・・

アニメ第一期の第七話で、誠士郎が楽と一緒に三階からプールに飛び込み
気を失った誠士郎の服を脱がせている所で・・・・

まさかの・・・・

「え・・・・、コイツ・・・実は女の子だったの・・・・!?」みたいな事が発覚する訳でしたけど
あのシーンは・・・・
うーーん、正直リアルタイムで見ていた時は・・・
勿論漫画で知っていたから既に分かってはいたのですけど・・・・
「驚き」以外の何者でも無かったですね・・・・・


繝・げ繝歙convert_20150213161953


男の格好をしている時の鶫誠士郎は、まさしく美形の男そのもの・・・・

かなり凛々しく格好いいですよね・・・・

だけどたまーにですけど、女の子の格好をした時の誠士郎は・・・・

とにかく「可愛い女の子!!」の一言に尽きますね・・・・!!

誠士郎初登場時での予想としては・・・・
千棘と楽が「ニセモノ恋人」関係を続けている状態の中で、
口では「お嬢を守る!!」と言いながら、「ミイラ取りがミイラになる」の言葉通り、千棘の事を意識するようになり、
千棘に恋する感情を抱くようになるかも・・・と思っていたら
展開は全く逆になってしまい、
誠士郎は、楽に段々と惹かれていくようになり、楽に対して「淡い恋」の感情を抱くようになってしまった・・・という
まさかの展開になってしまいましたよね・・・・

ニセコイの面白いところは、
楽を巡る女の子たちが揃いも揃って「鈍感」なところなのかな・・・・??
千棘・誠士郎・小野寺さん・・・、そして橘 万里花・・・・
うーーん、お前ら「少しは気づけよ・・・」と何かツッコミを入れたくもなりますね・・・・(苦笑・・・)

ま、「鈍感」と言えば・・・・
ある意味ウルトラ級に鈍感なのは・・・・クロードですね・・・・
ま、このお方は・・・・
捨て子の誠士郎を小さい頃から面倒見てきたのに、いまだに誠士郎が女の子である事に全く
気が付いていないというのも・・・・
ま・・、その・・・鈍感を通り越してすさまじくお茶目な話ですね・・・・(苦笑・・・)


隱螢ォ驛酸convert_20150213161923


それにしても・・・・

楽のモテ振りは半端ない・・・・(羨ましいものがありますね・・・・苦笑・・・)

千棘(うーーん、本当はどうなのかな・・・)、誠士郎、小野寺小咲・春の姉妹、橘 万里花・・・・

本当に羨ましい限りですし
あれは・・・まさにハーレム状態ですね・・・・(笑)

あのモテ振りは・・・・
「デート・ア・ライブ」の士道レベルのモテ方ですね・・・・
(士道は、時崎狂三に早いところ、食べられちゃえ・・・!!とたまーにツッコミを入れたくもなりますけどね・・・・)

「ニセコイ」は原作がまだまだ続きそうな勢いですけど
最終的にはどうなるのかな・・・・??
個人的には、楽と小野寺小咲が無事に結ばれる事を祈るだけですけど
なかなかそう簡単には運びそうもないですね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1957-37fef9a6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |