プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


5.丸亀高校

 A/交響詩「我が祖国」より、Ⅱ.モルダウ

 何て言うのかな・・・・
 ものすごーーく泥臭いサウンド・・・・
 表現を変えると、「懐かしい香りがする吹奏楽」という感じですね。

 1990年代のコンクールに入ると、編成の中にハープ・チェレスタが入るのは最早普通になってきて、
 例えば常総学院の出現によって、
 吹奏楽の「サウンドの洗練さ」がスタンダートな感じになる中で
 こういう言葉は大変悪くて失礼かもしれませんけど「どんくさいサウンド」が登場すると
 何となく「ホッ・・」とするのもこれまた事実・・・という感じがするのですよね。

 聴いていて、正直「洗練さ」とは程遠い・・・・
 
 響きが大変もっさりして聴こえてくるし、ソロも今一つアピール度が足りない・・・
 音は幾分濁り気味・・・・

 だけど聴いていてどこか「懐かしい香り」が漂ってくるのですよね・・・
 
 これは・・・

 サウンドというよりは「選曲」によるものの方が大きいのかな・・・・

 翌年このチームは、自由曲に大変な難曲のオリジナル作品の「ディオニソスの祭り」で再度普門館に
 登場するのですけど
 この際は、特段「もっさりしている・・」とか「懐かしい香り」というものは感じなかったから
 やはりこれは「モルダウ」というスメタナの「大地の香り」というのか「泥臭い感じ」がプンプン漂う曲
 そのものに由来するものが大きかったのかな・・・

 演奏は、時折スケールの大きい感じとか音のうねりも伝わってきて
 全体的には、素朴・ナチュラルな感じは上手く表現されていましたけど
 やはり音の濁りが少しマイナスポイントだったのかな・・・

 それと原曲が15分くらいなのに、半分程度にカットして演奏しなくてはいけないコンクールという事情もあり
 カットされるたびに
 「あ・・何か痛い・・・、勿体無いな・・」と感じ事もあり
 少し気の毒な感じはありましたね。

 この「モルダウ」は、随分昔、1972年に花輪高校も自由曲として演奏していましたけど
 花輪のモルダウは・・・・正直あまりにも粗削り・・・
 その点丸亀の演奏は、確かにもっさりとはしているけど、演奏自体はマイルドであるため、
 花輪ほどの「違和感」は感じませんでしたね・・・・

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1953-33959981
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |