プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日、家に戻ってみると
うちの奥様が何やら目に眼帯をしていました。
「あれれ、どうしたの・・?」と聞いてみると、何やらものもらいが出来たとの事で一時的に付けているとの
事でした・・・

そこで思わず・・
「何かキャプテン・ハーロックみたい・・・・」と口を滑らせたら・・・・

「古ーーーい!!
キャプテン・ハーロックだって・・・・(苦笑・・)
 今時の若い子がそんな古いアニメなんて知らないよ・・・・
 何か時代遅れのオヤジみたい・・・!!」


と散々毒舌を吐かれてしまいました・・・・(苦笑・・)

ま・・・、確かにその通りかもしれないですね・・・・

ま、彼女にしては、
「眼帯キャラ」というと、
IS 〈インフィニット・ストラトス〉に登場する「ラウラ・ボーデヴィッヒ」と言って欲しかったようですね・・・・




この人は・・・

簡単に特徴を書くと・・・

IS学園の1年1組に所属・ドイツの代表候補生・ドイツのIS配備特殊部隊「シュヴァルツェ・ハーゼ」隊長
階級は少佐
という感じなのかな・・・・

このキャラはうちの奥様の大のお気に入りみたいでして、
2013年あたりだったかな・・・・
ヤマザキディリーストアでの「ISキャンペーン」で、
確か指定の缶コーヒーを2缶購入すると先着順でこのISメインキャラのクリアファイルプレゼントというのがあり、
「とにかく朝一番で行ってきて!!」とギャーギャー煩いもので
しぶしぶ朝8時くらいかな・・・・
ヤマザキディリ―に行ってみると・・・・
既にこの「ラウラ・ボーデヴィッヒ」は品切れ・・・・
残っていたのは、「凰 鈴音(ファン リンイン)」だけでしたね・・・
仕方なくこの凰 鈴音のファイルを貰ってくると・・・・
「リンちゃんはあまり好きではない・・・」と半分ぶーたれていましたね・・・・(苦笑・・・)

そうそう、以前このISの「一番くじ」がローソンで展開されていた時も
ラウラ・ボーデヴィッヒとセシリア・オルコットのフィギュアゲット目指して5回くらい引いていたかな・・・
確かあの時は、最後にやっとセシリアを当てていましたけどね・・・・(苦笑・・・)


chara-box-02_convert_20150211225108.jpg


でもね・・・・

私にしてみると、アニメの眼帯を付けているヒロインは・・・というと、
中二病でも恋したいの小鳥遊六花もいいけど、
一番好きなのは・・・・・

そう・・・

「Another」の見崎鳴なんですよね・・・・・

この「Another」は2012年から深夜アニメで放映されていたのですけど
このアニメ、とてつもなくインパクトがありましたね・・・

ま、元々は「死者の呪い」によって次々と人が死んでいホラー仕立てのミステリー小説が原作なのですけど、
原作同様アニメでも
次から次へと人が死んでいきましたからね・・・・
他のアニメならなんてこともない日常のワンシーンですら、惨劇につながるという展開が頻繁に起こり、
何かあるたびに人が死んでいたといっても過言ではありませんでしたからね・・・・

この「Another」に登場するメインヒロインの見咲鳴は
左目に眼帯をしているミステリアスな少女(左目は義眼・・)なのですけど、
その左目を通して死者や死期の近い人間を見ると
死の色(どんな色とも言い表せない色・・・・)が浮かび上がるという感じらしいです・・・

このアニメ、原作とかストーリーとか全く知らない白紙の状態から見ていたのですけど
初期の頃は・・・
「あれれ、この鳴は・・・もしかして幽霊・・・?? 実在しない人物・・・??」とすら感じていたのですけど
勿論生身の人間でしたね・・・・

ま・・・でも・・、
あの不思議な存在感、空気みたいな感じ、幽霊みたいな言動は・・
ホント神秘的なヒロインでしたよね・・・・

だけど・・・

面白い事に、このアニメは学校を舞台にしているため、体育の授業もあるのですけど
その際にお披露目される水着姿とか体操服は・・・・
かなり可愛かったですね・・・・
それに・・・
時折垣間見えるお茶目な言動は、
やはり「普通の女の子」そのもの・・・みたいな感じもありましたよね。

そっか・・・

あの時、うちの奥様に「キャプテン・ハーロックみたい・・」と言わずに
「見崎鳴みたい・・・」と言えば良かったですね・・・
うちの奥様も、ま、その半分、存在が幽霊みたいなところがありますから・・・(苦笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちわ^^

独眼の英雄って「伊達政宗」とか「山本勘助」。外国では「ハンニバル」とか「ティムール」になりますか。
男性は凄みがあってカッコいいのですが、女性の場合は何と無く不気味に感じますね。可愛く無いです(笑)

こんばんわ!
俺的には、眼帯キャラといえば愚地独歩先生かなぁ。
女性キャラだと新しいトコロでも坂本美緒たんしか思いつきませんです。

独眼竜政宗

sado jo 様

コメントありがとうございます!!

そうそう・・・、「独眼→眼帯」というと戦国武将が思いつきますよね。
そういえばNHKの大河でも政宗と風林火山の山本勘助は取り上げていましたけど
あの「眼帯」は印象的でしたね。
最近のアニメでは、戦国武将と女の子をセットしたものもいくつかあり、そうしたものを見てみると
「不気味」というよりは「凛々しくて可愛い」というものもあったりもしますね。

ごめんなさい・・・・

ビリキナータ 様

コメントありがとうございます。

私、アニメはそれ程詳しくないもので、ご指摘の二人のキャラは全くわかりません・・
そのため、コメント不能という感じかな・・・??
すみません・・・・

断然ハーロックです。
松本御大は自分の人生の師です。
私の中では何時までもきらびやかに輝いています。
しかし、昔の人だったんですね。
ショックです。

ハーロック


ダンゴム 様

まあまあ・・、それはあくまでうちの奥様の「独り言」みたいなものですから・・・

ま、こうしたアニメに流行り廃りは付き物ですし
個人の心の中に生きて入れば問題ないですよ・・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1952-e9940f57
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |