プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


イギリスの作曲家、エルガーと言うと
大好きな曲としては、行進曲「威風堂々第一番」とかその第四番とか
小品ではありますけど「愛の挨拶」とか
交響曲第2番とか
かなり地味で渋すぎる作品で大変な難曲ではありますがチェロ協奏曲とかがあります。
その中でも、「エニグマ変奏曲」(「謎の変奏曲」)もかなり大好きな曲です。

管弦楽のために作曲された「変奏曲」としては、
私は、あくまで個人的主観ですけど
ブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」
ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」と並んでこのエルガーの「エニグマ変奏曲」の三つを
強烈に推したいと思います。
そして、私としては、この三曲を「世界三大管弦楽作品用変奏曲」と呼びたいと思います・・・・

この曲のタイトルでもある「エニグマ=謎」なのですけど・・・・

「エニグマ」とはギリシア語で、「なぞなぞ」「謎かけ」「謎解き」といった意味なそうです。
よく言われる事ですが、この曲には「二つの謎」の要素があり、
一つ目の謎は・・・・
「この変奏曲は、主題とは別の、作品中に現われないものの、全曲を通して
無言の伴奏をする別の主題が隠されている・・・」
というエルガーの発言に基づいています。
その後多くの研究者がその「別の主題とは何なのか」解明しようとしていますが、
現在になってもその「謎」はいまだに解明されていないとの事です。
英国国歌『国王陛下万歳』とする説、スコットランド民謡『オールド・ラング・サイン』(蛍の光)であるとする説、
「エニグマ変奏曲」の初演コンサートで一緒に演奏されたモーツァルトの「交響曲第38番「プラハ」」がそうだとする説
など色々あるそうですが、
結論は未だに出ていません・・・

うーーん、これってもしかしてエルガーの「いたずら」じゃないのかな・・・・

作曲時にたまたま何となく口にした言葉がさーーーっと世間に広まってしまい、
後になって
「いや、あれは特に何の意味もありません・・・」とは
言いづらかった・・・・なーんて事はないのかな・・・・??

二つ目の謎は・・・・
各変奏に付けられた意味ありげなイニシャルの事でして、
「そのイニシャルは一体誰なのか・・・」という事は既にほぼ解明されているようですね。
そのイニシャルとは、エルガーの友人とか奥様とかエルガー自身とか弟子の氏名のようですね・・・
だけど第13変奏の「(***)」の部分だけは、
その***とは一体誰なのかについてはいまだに解明はされていないとの事です。

ま、要は・・・この曲は・・・・

氏名を公表されない14名の人物のスケッチを、主題と14の変奏によって表現した
大規模な管弦楽曲なのです。
ちなみに第1変奏  C.A.E. とはエルガーの奥様、アリスの事ですし
最後の第14変奏「終曲」  E.D.U. とは、エルガー自身です。

個人的には・・・・

やたらティンパニーを小刻みに叩く第4変奏と
第9変奏「ニムロッド」が大変大好きです。

この第9変奏「ニムロッド」は、何となくマーラーの交響曲第5番第四楽章「アタージエット」みたいに
瞑想的で、波打つようにゆったりと感情が動いていき
大変気高い雰囲気があり、
私はとても大好きな部分です。
この「エニグマ変奏曲」は結構長くて30分くらいの曲なのですけど、
この「ニムロッド」を聴くだけでも価値があると思います。

この「ニムロッド」は単独作品としても大変人気が高く、
よくオケのアンコール曲としても演奏される機会は多いです。
(私もよくこの曲は、特に日本フィルの演奏会でのアンコールで耳にしました・・)
イギリスでは11月11日のリメンバランス・デーにおいて
戦没者追悼記念碑の前で戦没者を追悼するために王立軍楽隊によって必ずこの「ニムロッド」は
演奏されるようですね・・・・

ちなみに・・・・

国家財政危機により解散を余儀なくされたギリシア国立管弦楽団の最後の演奏曲目は
この「ニムロッド」でした・・・

それにしてもエルガーの作品は本当に「美しき気高さ」がありますね・・・・

何だろう、この高貴な感覚は・・・・

エルガー自身は普通の庶民でしたけど、
エルガーより八つ年上のアリスという奥様は、エルガーとは全く異なる上流階級出身の家柄・・・
二人の結婚は周囲の猛反対もあったそうですね・・・・

エルガーとしては、
「アリスを妻にめとったからには、自分も隙の無い紳士にならないといけない・・・
常に威風堂々の高貴な精神を持ち、
サーの称号を持つ陸軍将校のアリスの父親に負けないように
自分も気持ちだけは気高い魂を持ち続けたい・・・」

そういう気持ちもあったと思いますね・・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

私も大好きです!!

聴いていると何だか泣けてきます。

ニムロッド

大仏と鹿 様

そうですよね・・・
「ニムロッド」はエニグマ変奏曲のある意味最大の聴かせどころであり、
本当にうっとりとさせられる素晴らしい「変奏」ですよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1950-97837b3e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |