プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3.武生東高校

 D/吹奏楽のための神話

 前述していたかもしれませんが、この年1990年から6年間山梨県在住だった関係で
 朝4時台の鈍行始発に乗って普門館に来ていたせいもありますし、
 (前日は夜遅くまで仕事だったかな・・・)
 このチームの一つ前の演奏の愛工大名電の研ぎ澄まされた矢代秋雄/交響曲に全神経を集中させていた
 せいもあり、
 このチームの演奏は爆睡状態でした・・・・

 すみません・・・・全く記憶に残っていません・・・・


4.市立川口高校

 A/吹奏楽のための詩曲「アトモスフェア」

 結果論となってしまいますが、このチームはこの演奏を最後に普門館の表舞台から
 姿を消してしまいました・・・
 翌年の1991年は関東大会でスカ金で全国に出場出来ず、
 翌年以降はしばらくは市立川口は吹奏楽コンクールの表舞台からも姿を消すことになります。
 これって・・・・
 別に市立川口の技術が落ちたとか下手になったとかそういう事ではないと思います。
 要は他のチームがそれだけ上手くなった事だと思います。
 それに輪をかけたのは、常総学院の出現が大変大きいと思います。
 当時の関東ブロックは、日本一激戦区と呼ばれた関西ブロックと同等、いやそれ以上の激戦ブロックに
 なっていて、
 1988年あたりまでは、習志野・柏・市立川口・埼玉栄・野庭の5チームで4つの代表の座を奪い合っていたのに
 これに1989年あたりから、新星の「常総学院」が入り込み
 大変な激戦に輪をかける事になってしまいました・・・・

 でも市立川口の消滅は何か当時とても寂しかったですね・・・・

 以前から書いている通り、

 私は1979年の市立川口の「二つの交響的断章」の圧倒的歴史的な怒涛の名演でネリベルに目覚め、
 1981年~82年の「無言の変革」シリーズに圧倒され、
 「とにかくこんな仙台みたいな田舎でくすぶっている場合ではない・・・
 出来れば市立川口の演奏を生で聴きたい・・・
 そして出来る事ならば埼玉県川口市に住んでみたい・・・」と思うようになり
 その市立川口の存在が「一つのきっかけ」となり、自分自身の上京→親からの自立を実践する事に
 なったのです。

 だから、「市立川口」の存在は自分にとってはある意味「神格化」されたものがあっただけに
 何か「栄枯盛衰」というか「歴史の流れ」とかそうしたものをしみじみと
 感じたものでした・・・

 ま・・・、だけど、結果的に
 本当に私自身は、その後紆余屈折があったものの、本当に川口市でうちの奥様と出会い
 この川口の地で家を建てて
 この川口の地に(多分)永住すると思いますので
 高校時代の市立川口の演奏は・・・・
 何か一人のバカを本当に動かしてしまい、本人の人生すら大きく動かしてしまいましたから
 やはり凄いものがありますね・・・・

 市立川口の演奏ですけど、
 実はこの年の千葉県市川市で開催された関東大会でも聴いていて、
 (その前日は・・・・市川・本八幡にて生まれて初めてカプセルホテルに泊まったものでした・・・)
 関東大会では・・・・
 「うーーーん、今年の市立川口は気合が全然違う・・・!! なにこの劇的な雰囲気・・・・
 大変な緊張感・・・、そして強奏と弱奏の落差の凄まじさ・・・
 今年の市立川口は多分普門館でもやってくれる・・・」と思ったものですけど・・・・

 やっぱり音楽は本当に生き物ですね・・・・

 よく「甲子園には魔物が住んでいる」とか言われますけど
 「普門館」にも魔物が住んでいますね・・・

 関東大会であれほど素晴らしい演奏を聴かせてくれていたのに、普門館では全く冴えない演奏・・・・

 あの時は調子が悪かったのかな・・・・
 
 課題曲の前半のトロンボーンとホルンの刻みの5/4の部分も何か「ズレ」が生じていて
 大変不安定さを感じましたし、中間部も今一つ歌い切れていない・・・
 課題曲の不調を、気分を替えれないまま自由曲に突入してしまい、
 やはり今一つノリが悪い演奏・・・・
 確かに音は鳴っているのだけど
 それは空虚に普門館の空間を彷徨っている・・・・
 何かそんな感じの演奏でした・・・・

 やっぱり「音楽」はライヴというか「生き物」ですよね・・・・

 調子がいい時もあれば悪い時もあるし、のらない時もある・・・・・

 でもそれがまた音楽の面白さの一つ・・・・

 何かそんな事をふと思ったりもしたものでした・・・・
 

 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1949-a93f7981
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |