プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「Go! プリンセスプリキュア」に登場する妖精は中々魅力的なキャラが多いですね・・・

既に何度か書いていますけど
はるかがアロマとの顔面直撃を寸止めしたシーンがとてつもなく印象的なのですけど、
妖精のパフも中々可愛くて魅力的・・・・

ま、前作ハピネスの妖精が・・・・
そのリボンとぐらさんでは・・・、うーーん正直あまり「可愛げ」は無かったからな・・・・(苦笑・・)
ファンファンは・・・・
うーーん、あのお方は・・・妖精でもファントムとしての姿でもなくて
終生「アンラブリー」の姿でいて欲しいな・・・・(苦笑・・)

Goプリの場合・・・・

このアロマとパフ以外に「ミス・シャムール」というプリキュアのレッスン担当と言う
現段階では謎の妖精も登場しますけど
あのシャム猫みたいな姿とか人間に変身した時の姿に何かとてつもなく惹かれるものがあります。
登場はまだ先のようですけど
これはとても楽しみです。
というか・・・・
妖精が人間になるというのは・・・・
ココ・ナッツ・シロップ・ミルクとプリキュア5ではよく見られた光景でしたけど
それ以外のシリーズでは実はあまり見られない設定・・・・
マイナーランド時代の黒猫としてのセイレーンがエレンやさくら等には化けた時とか
「ドキドキ」における妖精たちぐらいですね・・・
ドキドキのダビィは大変優秀で、妖精としてまこぴーをサポートするだけではなくて
まこぴーのマネージャーを務めり自動車を運転したりとその優秀さは・・・、多分歴代プリキュアの
No.1妖精なのかもしれませんね・・・・
ドキドキでは、シャルルやラケルも時折人間に変身していましたけど、
シャルルはマナの妹みたいでとても可愛かったけど
ラケルは・・・
そう・・あまりにも六花にベタベタしているので、時折・・・
「ラケル・・・!! 私の嫁キャラの一人の六花に触れるんじゃねー!! おめーは爆発炎上してしまえ・・・!!」みたいな
感じにもなりましたね・・・・(苦笑・・・)

さてさて・・・ミス・シャムールはどんな展開を見せてくれるのかな・・・・??





次回の「Go! プリンセスプリキュア」は・・・・

何と・・・・!!

きらら(キュアマーメイド)の登場回ではないのですね・・・・

ま、少しテンションが下がりましたけど、
代わりにはるかとみなみの交流が更に深められる回だと期待していますし
それはそれですごーく楽しみです。

次回は・・・・

ま、予想通りなのですけど、
見た目は「犬」にしか見えない妖精パフをどうやって学園内で飼うように出来るか・・・という事なのですけど
「妖精を学園内で飼育する・・・」という発想もある意味すごいですね・・・・

第一話ではるかがパフを見つけた際の第一声は
「タヌキが喋った・・・」というものでしたけど、
ま・・・・パフはどう見ても犬ですよね・・・・(苦笑・・・・)

そう言えば・・・・

「プリキュア5」ののぞみも第一話でココと図書館で出会った時の第一声は
「タヌキ」でしたね・・・・
人間からココの姿になったのを見ても特に驚かず、
「タヌキって本当に変身できるんだ・・・」というのは、いかにものぞみらしい話でしたね・・・(笑)

このパフですけど、
アニメ本編でも商品展開の際も、あのふわふわした髪が色々な髪型にチェンジ出来るというのが
一つの「売り」みたいな感じもありますね。

そうそう・・・・

スマイルのキャンディがあの羊みたいな髪を色々な髪形に変化させたように
パフもこれから色々と「可愛い変化」を見せてくれるみたいで
これはまた一つの楽しみですね。
自分の長い髪に足が引っかかり転ぶというのは、Goプリのこれからの「お約束」に
なっていくのかな・・・?

それと・・・・アロマの容赦ないツッコミも何かとても面白いものがありますね・・・・


suite_01_03s.jpg


次回は・・・・

ま、多分学園内をウロチョロしていたパフをあの学園の「ざあます先生」あたりが発見し
「追い出してしまえ・・・!!」みたいな感じになっていたのを
「この子を学園内で飼わせて下さい・・・」みたいな展開になるのでしょうけど、

考えてみると・・・・

ま、犬ではないけど、どうみても「ネコ」にしか見えない妖精ハミィは
結構堂々と何度も聖アリア学園内を普通に歩いていましたよね・・・

誰も追い出しそうな雰囲気も無かったし、誰も気にも留めていない・・・という感じでしたね・・・・

うーーん、聖アリア学園は、「お嬢様学校」みたいな雰囲気のノーブル学園と違って
多少の事は目をつぶるおおらかな学校だったのかな・・・・??


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1946-22287bd7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |