プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ドヴォルザークという作曲家は
何と言うのか・・・
日本人好みのメロディーを多く作曲した「屈指のメロディーメーカー」という感じがありますね。

例えば・・・

〇交響曲第9番「新世界より」第二楽章

〇ユーモレスク

〇弦楽四重奏曲「アメリカ」(弦楽四重奏曲第12番)

〇チェロ協奏曲

など色々あると思います。

私が高校一年生の時に所属していた吹奏楽部の定期演奏会では
ドヴォルザークの交響曲第8番第一楽章・第四楽章を演奏した事がありましたけど、
第四楽章のメロディーは・・・・
あれは・・・・
どう聴いても「黄金虫は金持ちだ―」の俗謡にそっくりでしたね・・・・(苦笑・・・)

そんな中、ドヴォルザークというと、「ユーモレスク」という小品も好きなのですけど
スラブ舞曲集、その中でも特に第10番が大好きですね。
あの10番の哀愁溢れるメロディーラインは、
多分・・・・日本人好みだと思いますし、
何か不思議な「郷愁」の感情を感じてしまいますね・・・
4分前後の大変短い曲なのですけど、
日本人好みの「哀愁」・「秋みたいな感覚」・「しっとり感」が全て詰まっていて
何か「田園地帯の静かな秋・・・」みたいな色彩が濃厚な感じの曲です。

だけど、ドヴォルザークは、新世界の第二楽章と言い、この曲と言い
何でこんなに素敵なメロディーラインを書けるのだろう・・・・
とにかく魅力的な曲ですね・・・・

「スラブ舞曲集」なのですけど、
ま・・・、この曲は・・・・
ジムロックと言う音楽出版社が、
ブラームスの「ハンガリー舞曲集」の出版でかなりのクリーンヒットをかっとばし相当大儲けした事に
味をしめ・・・(?)
「二匹目のドジョウ」を意図して
「似たような傾向の音楽を・・・」とドヴォルザークを強引に口説き落とし
「スラブ舞曲集」を出版したところ・・・、これまたクリーンヒット・・・・
そして8年後に「スラブ舞曲集第Ⅱ集」を作曲する訳なのです。
ちなみに・・・
第Ⅱ集の作曲報酬は最初の第Ⅰ集の10倍近くにも跳ね上がったそうです・・・

俗にドヴォルザークの「スラブ舞曲第10番」と呼ばれる作品は、
これは、Ⅰ番とⅡ番の「通し番号」として呼ばれるものであり、
厳密に言うと、スラヴ舞曲集第Ⅱ集 作品72第2番 と呼ばれるべきものなのかな・・・・??
この曲は10番と言う「通し番号」で呼ばれる事もあるし
第Ⅱ集の作品としての第2番として呼ばれる事もあるし、
その辺りは少し混乱しているのかな・・・??
ま、大抵の場合、10番という通し番号で呼ばれる事の方が圧倒的に多いのかも・・・・

この曲は・・・・本当に「哀愁」が漂いますね・・・

曲は、A-B-C-A-Bという二部形式と三部形式を混合した形式をとっています。
第1ヴァイオリンの憂愁この上ない旋律で始まり、
フルートが重なった第2ヴァイオリンでフォローされます。
やがてホ長調で活気が出ますが、すぐにホ短調に戻って中間終止をします。
中間部はハ長調で明るいゆったりとした旋律を奏でます。
やがてチェロで最初のテーマが戻ってきて曲は静かに閉じられます・・・・

この曲は、日本フィルを振っていた頃のコバケンさんがよーくアンコール曲として使っていましたね。

この曲、たまーにですけど
吹奏楽コンクールでも自由曲として演奏される事があり、
その場合は、(通し番号で言うと)9番~10番~15番という組合せで演奏される事が
多いですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

確かに

「スラブ舞曲」…素敵ですよね♡
ロマンチストさんにピッタリの作品でしょ。
何度聴いても飽きないから、このCDはず~っと私の手元にあります(笑)
久し振りに聴いてみよっかな(^^♪

ドヴォルザーク

mama.ikuko 様

スラブ舞曲は楽しさ・哀愁・郷愁・活力など全て網羅されているからホント、魅力的な曲だと
思います。
そういえば「新世界」もお好きでしたね。
ドヴォルザークというと、「チェロ協奏曲」なんかもお勧めですよ・・・
あの第三楽章は・・・
多分ほとんどの日本人は感涙するかもしれません・・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1943-bd6e6277
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |